名作で流れる名曲たち!『魔法少女リリカルなのは』使用楽曲をまとめて紹介♪

魔法少女ものアニメとしての礎を築き、現在も関連グッズは記録的な売上を打ち立ている『魔法少女リリカルなのは』。その人気は衰え知らずで、多くのファンから支持されています。今回は『魔法少女リリカルなのは』のOP/EDを彩った名曲の数々をご紹介♪どんな曲が使われていたのか、曲と共に『なのは』の歴史を振り返りましょう!

魔法少女アニメの先駆者!オープニング・エンディング曲も名曲が揃う!

名作には名曲がつきもの!

魔法少女アニメの原点ともいえるべき『魔法少女リリカルなのは』ですが、アニメ放送が開始されてからしばらく、TVアニメシリーズが5作と劇場版が2作、さらに2017年夏には新作アニメが全国の映画館で公開予定など、まだまだ現役と言えます。

そんな『魔法少女リリカルなのは』の世界を彩った数々の楽曲を今回は紹介していきます!OP/ED曲として採用された楽曲にはどんなものがあるのか。また『なのは』の歴史を振り返る意味でも充分に読みごたえがあるかと思います。

TVアニメシリーズで使用されたテーマソングを、さっそく振り返っていきましょう♪

魔法少女リリカルなのは

2004年10月から12月まで放送された、記念すべき『魔法少女リリカルなのは』の1作目。

キャッチコピーは「魔法少女、はじめました。」というもので、田村ゆかり・水樹奈々ら有名声優を起用。前半こそ魔法少女アニメ色が出ていたものの、次第に「バトルアクション」へと展開していき、感動へと誘うように構成されています。

そんな第1作目で使用された曲は、一体どんなものでしょうか?

オープニング曲:innocent starter【歌:水樹奈々】

エンディング曲:Little Wish~lyrical step~【歌:田村ゆかり】

魔法少女リリカルなのはA’s

第1期放送から一年後、2005年10月から12月まで放送された第2期作。

なのはとフェイトが親友となってからの物語となっており、新たな主要キャラクター・八神はやてと闇の書を巡る一連の事件を描いた内容。本作からは『とらいあんぐるハート3』のスピンオフ作品という色が薄れて、『なのは』特有の雰囲気が強調されるように。

シリーズの中でも屈指の人気を誇る部分で、オープニング曲を飾った「ETERNAL BLAZE」はファンの間でも絶大に支持されている人気曲!「ETERNAL BLAZE」のヒットにより、水樹奈々は地上波音楽番組にも出演を果たすなど、『魔法少女リリカルなのは』の名前が広く知れ渡ったきっかけにもなっています。

オープニング曲:ETERNAL BLAZE【歌:水樹奈々】

エンディング曲:Spiritual Garden【歌:田村ゆかり】

第11話挿入歌:Snow Rain【歌:植田佳奈】

第12話挿入歌:BRAVE PHOENIX【歌:水樹奈々】

魔法少女リリカルなのはStrikerS

2007年4月から9月まで放送されたTVアニメシリーズ第3期作品。

物語は前作から10年後の内容となっており、大きく成長したなのは・フェイト・はやての三人が時空管理局の一員として活動します。同時に舞台も魔法文明が発達したミッドチルダとなっており、そこで起きた「レリック事件」解決に向けて動くのでした。

また、ほぼ大人となったなのはたちですが、タイトルにはこれまで通り「魔法少女」という冠がついていることについて、出演陣は「なのはたちは少女ではない」と回答したことが、イベント「リリカル☆パーティーⅢ」で起こりました。

オープニング曲1:SECRET AMBITION【歌:水樹奈々】

エンディング曲:星空のSpica【歌:田村ゆかり】

オープニング曲2:MASSIVE WONDERS【歌:水樹奈々】

エンディング曲2:Beautiful Amulet【歌:田村ゆかり】

第8話挿入歌:空色の約束【歌:齋藤千和】

第24話挿入歌:Pray【歌:水樹奈々】

魔法少女リリカルなのはViVid

『魔法少女リリカルなのは』の第4作目の作品は、これまで通りなのはやフェイトといった人物が登場するものの、主人公は高町ヴィヴィオ・アインハルト・ストラトスの二人に移ることに。

これまでのシリーズではシリアスな展開が多く描かれていたのに対し、『ViVid』ではスポーツ格闘魔法少女作品として、重い展開を少なくしつつもう少し魔法少女っぽくをコンセプトにしています。ほのぼのとした日常シーンが多く描かれているため、これまでになかった『なのは』の世界が垣間見えるでしょう。

オープニング曲:Angel Blossom【歌:水樹奈々】

エンディング曲:Pleasure treasure【歌:田村ゆかり】

ViVid Strike!

シリーズ5作目である『ViVid Strike!』は、前作から1年後の物語を描いています。

本作の主人公は、新たなキャラクターであるフーカ・レヴェントンとなっており、これまでタイトル名に関していた高町なのはも登場していないことから、『魔法少女リリカルなのは』は消えることとなりました。

またそのこともあって、歴代シリーズでオープニング曲を担当していた水樹奈々、エンディング曲を担当した田村ゆかりの組み合わせも解消。新たに小倉唯と水瀬いのりがそれぞれを担当していますが、主人公キャラを演じる声優がテーマソングを担当するというスタイルは維持されています。

オープニング曲:Future Strike【歌:小倉唯】

エンディング曲:Starry Wish【歌:水瀬いのり】

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

『魔法少女リリカルなのは』初の劇場版は、テレビアニメ『魔法少女リリカルなのは』をベースにした完全新作アニメとなっています。

なのはとユーノとの出会い、そしてフェイト・テスタロッサとの出会いから、PT事件の一部始終が描かれており、TVアニメシリーズにはないオリジナルシーンがあったりと、単なる総集編ではない作品となっています。

主題歌:PHANTOM MINDS【歌:水樹奈々】

エンディングテーマ:My wish My love【歌:田村ゆかり】

挿入歌:Don’t be long【歌:水樹奈々】

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s

『魔法少女リリカルなのはA’s』をベースにした、シリーズ二作目となる劇場版であり、前作からの続編となる作品。

本作のTVアニメ版の大きな違いは、はやてがトラック事故の危機の際に闇の書が起動したことによって助かったこと。そこから闇の書事件が始まり、物語が大きく動いていきます。

主題歌:BRIGHT STORM【歌:水樹奈々】

エンディングテーマ:微笑みのプルマージュ【歌:田村ゆかり】

挿入歌:Sacred Force【歌:水樹奈々】

挿入歌:Snow Rain~Ver.Holy Night~【歌:植田佳奈】

まとめ

【画像:ThinkStock

『魔法少女リリカルなのは』で使用されたテーマソングなどをまとめましたが、いかがでしたか?

オープニング曲を水樹奈々が、エンディング曲を田村ゆかりが主に担当しており、それぞれ歌手としての世界観を表現しつつも、作風に合った内容で多くのファンの耳に残っていたことでしょう。

それぞれを一ファンとして応援する非アニメファンでも、『魔法少女リリカルなのは』で使用されたこれら楽曲は名曲として崇めているはず。特に水樹奈々の「ETERNAL BLAZE」は、現在のアーティスト声優としての礎を築いたこともあって、世間にも広く認知されています。

そんな『魔法少女リリカルなのは』には名曲が揃っているおり、どれも何度聞いても飽きません!本記事で初めて曲を知ったという方は、ぜひ今からでも繰り返し聞くことをおすすめします!夢中になることは間違いないですよ♪

「魔法少女リリカルなのは」のその他の記事はこちら


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。