【決定版】ドラゴンボールシリーズを見る順番とあらすじをまとめてみた!

「ドラゴンボール」シリーズとは、鳥山明先生原作の少年漫画作品のこと。長く続いている作品なので、現在放送されている「ドラゴンボール超」を見ていても前作や原作をあまりよく知らない・・・という方は少なくないはずです。今回はそんな方に向けて、ドラゴンボールシリーズについてあらすじ解説と、見る順番をまとめていきま

「ドラゴンボール」とは?

「ドラゴンボール」シリーズとは、鳥山明先生原作の少年漫画作品のこと。週刊少年ジャンプにて1984年から刊行されて以来、漫画やアニメ、ゲームなど様々なジャンルで今なお愛されている少年漫画の金字塔です。2017年現在は「ドラゴンボール超」が放送されていますね。

長く続いている作品なので、現在放送されている「ドラゴンボール超」を見ていても前作や原作をあまりよく知らない・・・という方は少なくないはずです。今回はそんな方に向けて、ドラゴンボールシリーズについてあらすじ解説と、見る順番をまとめていきます。

「ドラゴンボール」

まず最初は「ドラゴンボール」。アニメ最初の作品で、他のZや超と対比させて「ドラゴンボール無印」なんて呼ばれています。原作第1巻からのストーリーをアニメ化したもので、ドラゴンボールを最初から見たい方は、まずここから入るべきでしょう。

内容としては主人公・孫悟空の少年時代を描いたもので、ブルマやクリリン、悟空の妻のチチとの出会いなども描かれます。七つ集めると願いがかなう、ドラゴンボールを求めて旅に出るところから、次第に地球を悪の手から救う、少年漫画の王道を行くようになりますね。

ちなみに余談ですが、主人公・孫悟空の他に、豚のキャラクター・ウーロンなども登場します。実はブルマも最初は三蔵法師をパロディしたもので、ドラゴンボールは始まりこそ、あの西遊記をパロディしたものになっているのです。こんなことも頭に入れてみるとちょっと面白いかもしれません。

 

「ドラゴンボールZ」

続いて言わずと知れた名作「ドラゴンボールZ」です。影山ヒロノブさんが歌う主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は、アニメを見たことがない方でも知っているのではないでしょうか。

内容としては、「ドラゴンボール」の後の話、孫悟空の息子の孫悟飯が生まれた後のストーリーです。サイヤ人編として悟空がサイヤ人という宇宙人であることが明かされ、悟空のライバルとなるベジータが残虐な敵として現れます。

その後フリーザ編、セル編、魔人ブウ編とストーリーが展開されていきますが、これらはすべて「ドラゴンボールZ」の中でアニメ化されているお話です。悟空の活躍が一番よくわかる作品なのではないでしょうか。超サイヤ人が初めて登場するのもこの「ドラゴンボールZ」です。

ちなみに、原作漫画をアニメ化したのは先ほどの「ドラゴンボール」と、この「ドラゴンボールZ」。ドラゴンボールシリーズの原作を見たいという方はこの二つを見るといいでしょう。

 

「ドラゴンボール改」

続いてこちら「ドラゴンボール改」。これに関してはちょっと特殊です。というのも、内容が「ドラゴンボールZ」とほぼ変わらないのです。

「ドラゴンボールZ」は1989年から1996年までの7年間、全291話を放送しました。一方「ドラゴンボール改」はその内容をほとんど変えないものの、2009年から2011年と、2014年から2015年の二回にわけて全158話を放送しました。

全体の内容はほとんど変わっていませんが、Zのリマスター版として画質の向上や作品構成のブラッシュアップがなされています。話数も圧縮されているので、今から「ドラゴンボールZ」を見たい方は代わりにこの「ドラゴンボール改」を見るのも良いかもしれません。忙しい方などはなおさらおすすめです。

 

「ドラゴンボールGT」

続いて、「ドラゴンボールZ」の続編として、Zの放送後間髪入れずに放送が始まったアニメ「ドラゴンボールGT」です。こちらは漫画を原作にしたアニメではなく、全編アニメオリジナルの作品となっています。

「ドラゴンボールZ」の最終話から5年後を舞台にしてえがかれるこの「ドラゴンボールGT」ですが、悟空がドラゴンボールの影響で少年時代のように小さくなってしまったところから始まります。ちなみに画像の左の女の子は悟空の孫、御飯の娘のパンちゃんです。「ドラゴンボール超」では赤子ながら空を飛んでいますね。

余談ですが、「ドラゴンボールZ」のZは、鳥山先生がアルファベットの最後であることに託けてシリーズを最後にしたいという願いが込められていたんだとか。それでもZの後に続けてしまった「ドラゴンボールGT」。なので「GT=ごめんなさい鳥山先生」という意味があるのでは?とファンから噂されていますね。実際には「GT=Grand Touring」という意味のようです。

 

ドラゴンボール超

それでは最後に2017年現在も放送中の「ドラゴンボール超」です。こちらは鳥山先生のストーリーを原案にした内容となっています。フリーザの復活、ビルスさまとの対決、スーパーサイヤ人ゴッドの登場など、すべてオリジナルストーリーとなっています。

時間軸としては「ドラゴンボールZ」と「ドラゴンボールGT」の間ということになりますが、ストーリーが連続するかは今のところ分かりませんし、難しいと言えるでしょう。(GTではスーパーサイヤ人ゴッドやビルスさまは登場しませんからね。)

ドラゴンボールシリーズを視聴する時にはあくまで「ドラゴンボール」と「ドラゴンボールZ(または改)」をあらすじの主軸としたうえで、「ドラゴンボールGT」や「ドラゴンボール超」はその派生として視聴するとよいでしょう。

時間がない方に!ドラゴンボールシリーズのあらすじを知るならゲームがおすすめ!

ドラゴンボールシリーズのあらすじを知りたいなら、手段はなにもアニメを見るだけではありません。たとえばゲーム。ストーリーを自分の手で進めながら、簡略的にドラゴンボールのあらすじを理解することができます。

おすすめは「DRAGONBALLZ Sparking METEOR」です。初代「ドラゴンボール」から「ドラゴンボールZ」、さらに加えて「ドラゴンボールGT」のストーリーを自分の手で進めながらあらすじを理解することができます。wiiやPS2のハードで販売されているので、お持ちの方は是非!

 

結局ドラゴンボールシリーズを見る順番は?

【画像:ThinkStock

以上、【決定版】ドラゴンボールシリーズを見る順番とあらすじをまとめてみた!でした。

まとめると、「ドラゴンボール」→「ドラゴンボールZ(または改)」→あとは自由!(GTでも超でも良し!)です。

放送順に見たければGTを先に見ればよいですが、GTを見なかったからと言って超の内容が分からなくなるということもありませんので安心してください。「ドラゴンボール」→「ドラゴンボールZ(または改)」の順番だけは死守しましょう!

ドラゴンボールの関連記事です!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。