黒子のバスケ(黒バス)キャラクター紹介!プロフィールからおすすめ活躍シーン、声優までまとめ!~青峰大輝編~

黒子のバスケ(黒バス)の青峰大輝の魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをまとめてご紹介して行きたいと思います。バスケができすぎてしまうあまりそのバスケを楽しめなくなってしまった青峰。しかし、誠凜との試合を通してバスケを楽しんでいる姿を見られたのは本当にうれしいです!それでは!黒子のバスケ(黒バス)の青峰大輝、プロフィールや活躍シーン、声優さんをまとめてご紹介していきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)青峰大輝の魅力を徹底解剖!その魅力をまとめます!


(画像:thinkstock)

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのまいをです。今回は、黒子のバスケ(黒バス)の青峰大輝の魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介して行きたいと思います。キセキの世代の絶対的エースで天才と呼ばれるプレーヤーです。強くなりすぎるあまりバスケを楽しめなくなってしまったというすごい選手ですが、誠凛との試合での火神との戦いはそれを覆す試合となりました。天才にも天才が故の悩みがあるんですね・・・・。
バスケを楽しんでいる姿を見られたのは本当にうれしいです!それでは!黒子のバスケ(黒バス)の青峰大輝をご紹介していきましょう!

青峰大輝プロフィール

桐皇学園1年生

  • 身長 192cm
  • 体重 85kg
  • 誕生日 8月31日
  • 星座 乙女座
  • 血液型 B型
  • 背番号 5番
  • ポジション PF(パワーフォワード)
  • 好きな食べ物 テリヤキバーガー
  • 嫌いな食べ物 ゴーヤ
  • 好きな女性のタイプ 巨乳
  • 座右の銘 オレはオレ

「キセキの世代」のひとり。黒子のかつての「光」。圧倒的な身体能力を生かした変幻自在のプレイスタイルで「DF不可能の点取り屋(アンストッパブルスコアラー)」とよばれる。

(引用:黒子のバスケ公式サイト)

かつては純粋にバスケが好きな少年でしたが、中学2年のとき誰も青峰のプレーについて行きことができなくなりバスケを楽しいと思わなくなってしまいます。自分より強い相手を求めていますがそれはなかなか出会えないでいるのでした。「オレに勝てるのはオレだけ」、自分より強い相手はいないと思っていましたが、誠凛との戦いでそれは覆ることとなります。キセキの世代の中でもずば抜けたスピードと型にはまらないシュートはディフェンス不可能と呼ばれ、それはアメリカのストリートを彷彿とさせるプレーだと火神が作中で言っています。ゾーンに入ることができたり、予想よりさらに早い反射スピードの野性をもつなど究極の天才プレーヤーです。

ここがすごいよ!青峰の活躍、注目シーン!

第14Q「そっくりだね」

青峰の顔出し初登場の回です。黒子のかつての光であった青峰、火神を試すと言ってやってきます。黒子は影で光が強いほど濃くなり強い選手と組むほど強くなるお前の光じゃ淡すぎると火神と試して言います。

第15Q「笑わせんなよ」

「オレに勝てるのはオレだけだ」青峰の有名なセリフと言ったらこれ!第15Qだけでなく、何回か登場します。自分より強いものは現れないと思ってた時の言葉です。帝光時代の試合でまだ試合中なのにもかかわらず相手チームの戦意喪失を何度も感じバスケを楽しいと思えなくなってしまった結果の言葉といえます。

第23Q「大人じゃねーよ」

桐皇VS海常の試合。青峰に憧れバスケを始めた黄瀬は全力で青峰に向かいます。強くなった黄瀬に、「強くなったな黄瀬…ヤベェわ」と青峰もこの一言!チームとして戦う黄瀬と、個人で戦って勝った青峰。最後、青峰は黄瀬に「チームを頼ったことがお前の弱さだ」と告げます。

第42Q「信じてますから」

誠凛VS桐皇の試合。自分の全力を出して戦える相手が現れるのをずっと待っていた青峰の前についに火神が現れます。「前言撤回だ、火神 最高だなお前!」ゾーンにはいった青峰、そして火神もゾーンに入り激しいエース対決は迫力とスピード感が感じられる熱い戦いです!

第43Q「負けるかよ」

誠凛に負け、途方に暮れた表情の青峰。しかし、ここから彼は変わります。ある意味スタートの場所ともいえる試合でしたね!黒子とあの時できなかった拳を重ね、次のステップへ進むそんな思いが感じられました。そして、かつての光だった青峰より強い光になった火神を認め、前より練習にも顔を出すようになります。

第45話「軽いものなはずないだろう」

陽泉との試合の前、黒子が青峰からシュートを教えてもらっているシーンです。人に教えることなんてできるのか?と思いましたがさすが以前の黒子の光!黒子のことを良く理解しています。そして最後に黒子に書けた言葉、「負けんなよ、テツ」は以前の青峰では考えられない発言です。黒子を、そして誠凜を応援している気持ちが伝わってくるシーンです。

第74Q「お前だったんじゃねーか」

黒子のバスケ(黒バス)最終回。火神がゾーンのさらに先のゾーンに入りそれが仲間のちからと知ったとき、扉の前にいたのは門番ではなく黒子だったことに気付きます。「お前だったんじゃねえか。テツ」はタイトルにもなっている注目のシーンです。青峰が涙を流す貴重なシーンですよ!!

ここも注目!オフショットシーン!

第34Q「必ず倒す!!」

青峰は巨乳好きで「堀北まい」の雑誌を大事に持っています。練習に来ない青峰に対し桐皇新キャプテンの若松がこの雑誌を人質にするシーンもありよほど大切にしている様子です!

第54Q「もらっとくわ」

ウィンターカップ準決勝当日、黒子と火神が二人そろってバッシュを壊す事態が発生。そこで新しいバッシュを買いに行くのですが火神のサイズに合うものが見当たりません。そこに桃井と青峰がやってきて青峰が火神にバッシュをあげるシーンです。青峰はしかたなくといった感じで、「合わないバッシュでナメた試合したらぶっ殺すぞ!」とツンツンなセリフを吐きますが、エールにも取れる行動でした。

第75.5Q「最高のプレゼントです」

こちらはOVAの第75.5Q、WCが終わった後のお話です。このお話はどのキャラクターに焦点を当ててもとても「良い話!」で、青峰は昔のように楽しくバスケをしている姿に戻ります。あの笑顔はどこから?!火神の家で黒子の誕生日会をする際に火神と張り合ったり、エロ本を探したりと、楽しんでいる青峰の様子が見れますよ!

青峰大輝CVは諏訪部順一さん!

ザ・イケメンボイスでおなじみの諏訪部順一さん、黒子のバスケ(黒バス)についてはイベントやラジオ等で語っています。

バスケの天才!青峰大輝のプレーは必見!!

黒子のバスケ(黒バス)の天才の中でも類まれなる天才!そのプレーは圧倒的なパワーを感じます。WCでの敗北で自分より強いものと出会うことができた青峰は本当に嬉しそうに、楽しそうにバスケをするようになりOVAの第75.5Qは桃井同様、よかったねー!という気持ちで一杯になりました!きっと同じ思いをした方も多いはず!これからも強くなる、彼のプレーに注目していきたいです!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
75.5話のあの笑顔がやばかった・・・・。あの笑顔・・・・・。    やばかった・・・・・。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。