黒子のバスケ(黒バス)キャラクター紹介~「全てに勝つ僕はすべて正しい」キセキの世代を率いる赤司征十郎編~

黒子のバスケ(黒バス)に登場する赤司征十郎を徹底解剖しご紹介していきます。活躍のシーン、声優さんまでまとめていきますよ!赤司といったらキセキの世代を束ねていた帝光中時代のキャプテンで絶対勝利至上主義で選手として優れ、厳しくストイックな彼ですが、ファンディスクや、OVAでみんなと会話をしているシーンには感激した方も多いはず! それでは!黒子のバスケ(黒バス)赤司征十郎をご紹介していきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)の赤司征十郎を徹底解剖!その魅力をまとめます!


(画像:thinkstock)

みなさん、こんにちは!アニマガジンライターのまいをです。今回は、黒子のバスケ(黒バス)に登場する赤司征十郎を徹底解剖しご紹介していきたいと思います。活躍のシーンや、声優さん等をまとめていきますよ!赤司といったらキセキの世代を束ねていた帝光中時代のキャプテンで絶対勝利至上主義、他のキセキの世代の選手とは違った独特な雰囲気が特徴です。選手として優れ、厳しくストイックな彼ですが、ファンディスクや、OVAでみんなと会話をしているシーンには感激した方も多いはず!バスケだけでなく、オフショットのご紹介ももちろんしていきますよ!
それでは!黒子のバスケ(黒バス)赤司征十郎をご紹介していきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)赤司征十郎プロフィール

洛山高校1年生バスケットボール部主将

  • 身長 173cm
  • 体重 64kg
  • 誕生日 12月20日
  • 星座 射手座
  • 血液型 AB型
  • 背番号 4番
  • ポジション PG(ポイントガード)
  • 好きな食べ物 湯豆腐
  • 嫌いな食べ物 海藻(わかめ)、紅ショウガ
  • 好きな女性のタイプ 品がある女性
  • 座右の銘 迅速果断(じんそくかだん)※思い切りよく、素早く物事を行う事。

「キセキの世代」のひとり。帝光中バスケ部のキャプテンで、黒子の才能を見出した。天才でありながらも勝利の為に全力を尽くすストイックさ、相手に反論することを許さない圧倒的な風格は、まさにカリスマ。

(引用:黒子のバスケ公式サイト)

高校に入学し、1年生でバスケ部の主将になるという先輩も認める実力の持ち主。赤い髪とオッドアイが特徴です。このオッドアイは、中学から高校に入たあたりからの変化で、もう一人の人格が誕生しその影響だと言われています。この人格については後で詳しくご紹介したいと思います。
カリスマと呼ばれる赤司のプレーは相手の呼吸、汗、心拍、筋肉などの動きを見て、動きを正確に先読みする「天帝の眼(エンペラーアイ)」をもち、ディフェンス、オフェンスともに有効です。先読みの技術で相手が転ぶシーンは作中で多く見られました。全体のゲームの流れを読む能力にも長けており、ゲームメイクも行います。

2人目の赤司について 2つの人格とは??

オッドアイや性格の変化などは黒子のバスケ帝光編でその理由が明らかになりました。中学時代の赤司は自分のことを「オレ」と呼び、チームメイトのことは苗字で呼んでいました。小学生の時に優しかった母を亡くし、名家に生まれたことで行っていた英才教育はさらに厳しくなりそのことがきっかけでもう1人の自分を感じるようになります。帝光中では思う存分好きなバスケができる環境、仲間と過ごす日々を楽しんでいましたが、監督が病気で倒れ、交代したことでチームは「絶対勝利主義」へ変わっていきます。
主将としての責任や圧力からバスケを楽しいと思えなくばっていた赤司はあるとき、紫原との1on1に負けそうになった時「もう1人の人格」を表し、同時に才能を開花させます。以来、自分のことを「僕」呼び、チームメイトは下の名前で呼ぶようになります。オッドアイはこの人格の変化によるものだと考えられます。

WCの決勝戦、誠凛との試合で「天帝の眼(エンペラーアイ)」を攻略されたことと、「お前はこんなもんじゃないだろ。誰だ、お前」と黛の言葉で、昔(中学時代)の赤司にもどり「天帝の眼(エンペラーアイ)」の真の能力を発揮、完璧なパスでメンバーをアシストし誠凛を苦しめました。

ここがすごいよ!!赤司の活躍、注目シーン!

第113Q「待たせたね」~114Q「今度はもう絶対に」(アニメ:38Q「今度はもう絶対に」)

衝撃の登場シーン!原作では「僕に逆らうものは親でも殺す」とありますが、アニメでは「親でも許さない」に変更されたのは有名な話です。スポーツマンシップにまったくのっとっていない、かなり狂気的な登場に驚いた方も多いはず!しかし、このシーンは印象深く誰もが覚えているシーンではないでしょうか!

第178Q 「すぐにわかるよ」(アニメ:第55Q「オレは知らない」)

「頭が高いぞ」の名言誕生のシーン!火神に対して言った言葉です。ハーフタイム中に赤司に宣戦布告した火神が赤司の肩に手を添え、視線と動きだけで自分よりも大きな火神をその場に崩れさせます。それを横目にみてはなったのがこの言葉です。この時点ではまだ赤司の能力の詳細は分かっていない段階ですが、赤司の能力を感じさせる一つとして印象が強いシーンです。

第221Q「テツヤ」(アニメ:第65Q「僕らはもう」)

帝光中時代、赤司が自分の能力に目覚めるシーンです。ここから一人称が変わったり、チームメイトの呼び方が変わったり、そしてオッドアイに変化するなど多くの変化がみられました。「あなたは誰ですか?」という黒子のセリフは赤司の変化を強調させ、別人の様を印象付けるシーンとなりました。

第262Q「諦めませんか」(アニメ:第73Q「諦めませんか」)

そしてこちらは、中学時代の赤司に戻るシーン!感動的なシーンでした・・・。火神と黒子にエンペラーアイを破られ、黛に自分の正体を突き詰められ、前の赤司に戻ります・。赤司単体ではなくチームとして戦かっていることがこの変化の後とてもわかります。中学時代に変化した赤司を見て黒子が言った「あなたは誰で羽すか?」と、今回黛がいった「誰だお前」のシーンが重なり、わー・・・・!ってなりました!ずっと見ていたファンは感慨深いシーンとなったのではないでしょうか。

第275Q「何度でも」(アニメ:第75Q「何度でも」)

最終回、洛山はWC決勝戦で誠凛に敗れます。最後黒子に握手を求めに行くシーン、「バスケをやっていてよかった、そしてお前に出会えてよかった。お前たちの勝ちだおめでとう。次に勝つのは俺たちだ」このセリフは洛山というチームとして言っている言葉で、赤司がチームを思っていることがわかります。

ここも注目!オフショットシーン!

第75.5Q「最高のプレゼントです」

WC終了後、黒子の誕生日をお祝いするために企画されたキセキの世代で集まってのストバス。75.5Qは感動でしたね!最初、いつかみんなでまたバスケしたいねと言っていた桃井の言葉が思い出されます。そのあと、火神の家で誕生会をやるシーンで、降旗の腰の低さには笑っちゃいましたが、みんな大集合で笑顔の赤司をこんなに拝める日が来るとは・・・・。

黒子のバスケ(黒バス)NG集

DVDの初回限定盤に収録されているNG集。本編では決してみられないキャラクターの一面がみられて、楽しいシーンが満載です!赤司のNGシーンこそ普段絶対見れません!赤司ファン必見ですよ!!

赤司征十郎CVは神谷浩史さん!

CVはご存知神谷浩史さん!誰もが知ってる人気声優さんですね。黒子のバスケ(黒バス)についてはイベントで赤司に似ているところを聞かれ「似てたらやばいでしょ!」と答えていまます。そして、好きなシーンとして覚醒するシーンをあげています。赤司を知るうえで本誌で黒バスを読んでいたようですが、読めば読むほどわからなくなったと語っています。

オフショットも必見!天才赤司征十郎はさらに進化する!!

ご紹介しきれなかったシーンが多いですが、みなさんのお気に入りのシーンはどこでしょうか?試合のかっこいいシーンはもちろんですがNG集はじめ、OVAやファンディスクなどのシーンも普段とは違う赤司がみれて違う視点で楽しめます!そして、3月の劇場版ではさらに進化した赤司が見れる・・・?これからも黒子のバスケ(黒バス)赤司征十郎の活躍に目が離せません!!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
赤司は高校生じゃない力をもっている。そして暗殺教室のカルマ君を感じる。

関連記事

推しキャラのポジションわかりますか?黒子のバスケ(黒バス)ポジション解説!

黒子のバスケ(黒バス)に存在する「グループ名」とその詳細をご紹介

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。