関西人同士の熱い戦い!「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第6話あらすじ、動画、感想、考察

アニメ第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第6話あらすじ、動画、感想、考察まとめ!大阪で行われる、鳴子と御堂筋のスプリント対決!果たして勝者は…!?アニメ弱ペダ第6話「弱虫ペダルNEW GENERATION」のあらすじや動画配信サイト、感想、考察などをまとめて紹介します!

ついにあの男が動き出す!「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話

みなさんこんにちは、アニマガジンライターのさいです。

アニメ「弱虫ペダルNEW GENERATION」も、本日の放送で6話目を迎えました。先週は前半は珍客襲来…ということで、杉元照文の弟・定時が登場し、久々に和やかな雰囲気の総北高校自転車競技部が見れました。

しかしそこに、鳴子の姿はありません。今泉からオールラウンダーになるよう勧められた彼は、自身の原点である地元大阪に戻ってきていたのです。自転車の腕を鍛え上げたコースで野良レースを行う鳴子…しかしそこに、まさかの男が登場したところで先週は終了しました。

京都伏見のエース・御堂筋翔。大阪と京都はお隣…ということで、確かにいてもおかしくはないんですが、まさかこのタイミングでこの男が…!という感じでしたね。果たして鳴子の運命は…!?「弱虫ペダル NEW GENERATION」第6話「鳴子vs御堂筋」のあらすじや感想、ネタバレ、考察などを紹介します。

激闘!「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話のあらすじ

鳴子VS御堂筋

お互い何か大切なものを賭けて勝負をしようと御堂筋から持ち掛けられ、6キロ勝負をすることになった鳴子。そこで彼は自分が負けたら、スプリンターをやめると宣言します。

その目に本気の色をみた御堂筋はそれを快諾、そして自分も勝負に負けたら来年のインターハイは京都伏見として走らないと宣言します。お互い本気の勝負、本気の削り合い…それは御堂筋が求めていたものでした。

激闘!

お互いぶつかり合い、罵り合いながら激闘を繰り広げる御堂筋と鳴子。周を増すごとに、そのスピードは落ちるどころか増していきます。そんな様子を、京都伏見の三年生である石垣は静かに見つめていました。鳴子とのこの勝負で御堂筋がもう一つ殻を破るか…石垣はそれを期待していたのです。

しかし限界かと思われた鳴子がさらに加速したことで、御堂筋は彼がやはりただものではないと感じます。しかしそれは、御堂筋のスイッチを入れてしまった瞬間でもありました。

全力本気スプリント

全力本気スプリントで、ついに前に出た鳴子。少しずつ御堂筋が離されていきますが、その緊張感の中で彼は石垣の予想通り、さらにもう一段階進化していました。背筋をまっすぐに伸ばした奇妙なフォーム…その状態でぐんぐん御堂筋は距離を詰めていきます。

意地でも追い付かせまいと鳴子も吠えますが、背後から圧倒的なプレッシャーを感じます。そしてついに、御堂筋から抜かれたまま最後の一周を迎えます。

最後の勝負

最後の一周、鳴子はシートもボトルも全てすてて、ジャージのジッパーも締め最後のスプリントに挑みます。しかし鳴子がそうして全てを使って走ったにもかかわらず、結局最後まで御堂筋に追いつくことはできませんでした。

走り慣れたホームコースで、地元で、全てを使ったスプリントで負けた…男に二言はないと、鳴子はスプリンターをやめると宣言します。総北は羽を一つ失ったと御堂筋は笑いますが、石垣は鳴子はまたきっとレースに戻ってくると呟きます。

悔しさは人を何倍も強くする…そのことを石垣はよく知っていました。

そしてCパートは…?

弱ペダ6話のCパートは、まさかのショタ石垣が登場。結局夢オチだったものの、一緒に下校をしているらしき御堂筋と石垣。なんだかんだこの二人は、いい先輩と後輩なのかもしれません。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話の感想と考察

Twitterに投稿されていた、弱ペダ5話の感想と筆者の軽い考察を紹介します。

鳴子は迷っていた?

今週の弱ペダ感想をTwitterなどでみていると、鳴子はスプリンターかオールラウンダーか、迷っていたから負けてしまったのではないか、という意見がちらほら見受けられました。個人的にはそれは違うかなぁと考察しています。あくまで個人の考察なのであしからず。

あの時、あの瞬間、鳴子章吉は何の迷いもなく生粋のスプリンターでした。それこそ鼻血まで出して全力で勝負しにいっていました。それにも関わらず、あっさりと御堂筋には負けてしまったので、あれっと思った人が多かったのでしょう。

これは鳴子が迷っていたのではなく、彼のスプリンターとしての才能に感化された御堂筋が進化した結果、鳴子の実力を上回ってしまったんだと思っています。それも圧倒的に。しかし御堂筋はあくまでオールラウンダーにもかかわらずこの実力…本当に恐ろしい男としか言いようがありませんね。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話の動画を見るには?

【画像:Thinkstock

アニメの放送地域ではないという方や、うっかり放送を見逃してしまったという人も、ご安心ください。弱ペダ第3期は、前シリーズと同様に多くのサイトで動画配信がされています。

DMMやニコニコチャンネル、Amzon、dアニメストアなどなど…有名な動画配信サイトが多数ラインナップしていますので、見逃してしまった!もしくは自分が住んでいる場所では見ることができない!という方は、こちらをご利用してみてはいかがでしょうか。

ニコニコ動画などは最新話が1週間無料で視聴できるので、繰り返し見たい方や他の視聴者のコメント見ながらもう一度楽しむというのも良いかもしれません。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話まとめ

「弱虫ペダル」アニメの第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」第6話のらすじ、動画、感想、考察などをまとめてきました。今回は丸々一話、鳴子VS御堂筋のスプリントバトルが繰り広げられる展開となりましたね。

そして来週はついに!楽しみにしていた人も多かったのではないでしょうか、箱根学園の追い出しレースの回となります。箱学もついに世代交代ですね。「弱虫ペダル NEW GENERATION」になってから登場していなかった真波も、来週はいよいよお目見えすることでしょう。

来週の「弱虫ペダル NEW GENERATION」の内容も、非常に楽しみですね。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。

「弱虫ペダル(弱ペダ)」の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。