μ’sを作った二年生!『ラブライブ!』でのエピソードやミューズでの関係をまとめてみた!

魅力的なキャラクターが勢揃いの『ラブライブ!』。スクールアイドル・μ’sの二年生である穂乃果・ことり・海未の3人は幼馴染で何よりミューズを立ち上げた人物♪そんな二年生たちの関係性やミューズ立ち上げたきっかけなど数々のμ'sの軌跡をエピソードを交えて紹介♪また、『ラブライブ!』ファンには嬉しいグッズ情報もお届けします♪

μ’sの二年生・穂乃果、ことり、海未!3人のプロフィールをおさらい♪

【画像:筆者撮影】

言わずと知れたアニメ『ラブライブ!』の主人公である高坂穂乃果。そして幼馴染であり彼女の行動をサポートしながらも、同じくスクールアイドルとして活動する南ことり・園田海未は、通っている音ノ木坂学院を廃校の危機から救うべくスクールアイドル・μ’sを立ち上げます。

始めこそ穂乃果の突拍子もない思いつきでことりと海未は翻弄されますが、その後は一年生と三年生メンバーの加わっていき、数々の奇跡を起こしていきます。

そんな物語の中心に立っている二年生の関係やエピソードをまとめる前に、まずは彼女たちのプロフィールをおさらいしていきましょう。『ラブライブ!』を熟知している人も、これから知っていこうとしている人も最後までご覧ください♪

高坂穂乃果

【画像:筆者撮影】

  • 誕生日:8月3日
  • 血液型:O型
  • 身長:157cm
  • 3サイズ:B78・W58・H82
  • 好きな食べ物:いちご
  • 嫌いな食べ物:ピーマン
  • 趣味:水泳、シール集め

『ラブライブ!』の主人公である穂乃果は、通っている音ノ木坂学院が廃校になることを知り、その危機を回避すべくスクールアイドル活動を行うことを思いつきます。目の前に立ちはだかってきた数々の困難を乗り越えていき、ミューズを持ち前の明るい笑顔と元気でリードしていきます。

思いついたら即行動という性格をしていますが、そんな穂乃果がいなければ『ラブライブ!』は成り立たなかったでしょう。それがミューズの原動力ともなっており、穂乃果のポジティブな思考で他のメンバーたちも救われてきたはずです。

ミューズではリーダーを担っており、これまでに行われてきた総選挙ではセンターポジション獲得歴は最多に。またことりと花陽の3人で組んでいるミニユニット・Printempsでもリーダーを担当するなど、その存在感と安定感は折り紙つきとなっています。

南ことり

【画像:筆者撮影】

  • 誕生日:9月12日
  • 血液型:O型
  • 身長:159cm
  • 3サイズ:B80・W58・H80
  • 好きな食べ物:チーズケーキ
  • 嫌いな食べ物:にんにく
  • 趣味:お菓子作り

ミューズの初期メンバーの一人であることりは、見た目からも想像できる通り、いつもおっとりしている天然系癒しキャラ。実はあまり人前に出ることは得意ではない様子ですが、穂乃果と一緒ならばということで、スクールアイドルを始めます。

小さい頃からオシャレやコスプレが大好きだったことりは、ミューズで衣装作成を担当。これは以前からやりたいことの一つだったそうで、兼ねてからアイドル雑誌を読んでいたという事実があります。そのため、アイドル活動に否定的だった海未よりも乗り気ではいました。

またミューズの活動がスタートしたと同時に、ことりは秋葉原のメイド喫茶でアルバイトを始めます。次第に伝説のメイド「ミナリンスキー」と呼ばれるにまでなりますが、これは穂乃果と海未と比べて自分には長所はないというコンプレックスから来ているものでした。そんなことりにとって、秋葉原は力を分け与えてくれる場所となっているのです。

園田海未

【画像:筆者撮影】

  • 誕生日:3月15日
  • 血液型:A型
  • 身長:159cm
  • 3サイズ:B76・W58・H80
  • 好きな食べ物:穂乃果の家のまんじゅう
  • 嫌いな食べ物:炭酸飲料
  • 趣味:読書、書道

実家は日舞の家元という、まさに大和撫子と呼ぶに相応しいビジュアルの海未は、親の代から縁のある音ノ木坂学院の廃校の知らせに胸を痛めます。自身も何とかできないものかと模索しますが、幼馴染である穂乃果のスクールアイドルという発想には頑なに反対していました。

しかし以降、弓道部の練習中に「スクールアイドルになった自分」を想像するようになり、集中を欠いてしまった様子は他の部員から心配されるほど。普段は集中力もあって頭脳明晰、さらに意思の強さなども窺えますが、意外にもメンタルが弱いことが分かります。

黒髪で清楚な大人びた女性を感じさせる海未ですが、アニメOP映像や楽曲PVを見ると頻繁に投げキッスをしている姿が。最初は短いスカートを履くことすら抵抗していたのが、スクールアイドルとしてしっかりと役割を果たしているように、責任感も人一倍強いミューズの心臓を担っています

3人の関係性やエピソードとは?

穂乃果の行動に巻き込まれる形が多いのが二年生メンバー。それでもことりと海未はなに一つの文句も漏らすことなく、穂乃果の進む道をサポートしながら、学校廃校の危機を乗り越えるべく行動していきます。

そんな二年生メンバーですが、μ’s結成までに至るまでのエピソードをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

なぜ廃校の危機を救う方法がスクールアイドルだったのか、また目標達成後に起こった出来事はどんなものだったのでしょうか?3人が絡んだエピソードを中心にじっくりと見ていきましょう。

小さいころからずっと一緒♡

穂乃果とことり、海未の3人は小さい頃からずっと一緒に過ごしてきており、物語の展開と同様に穂乃果が二人をいつも振り回してきました。そんな穂乃果を嫌わない理由は、「穂乃果が連れていってくれる先に、いつも何かがあるから」というもの。

ことりと海未は、穂乃果が連れていってくれる先の光景に期待をしているのです。また、もはや一蓮托生の関係だと腹を括っているのでしょう。一人で突っ走る穂乃果をサポートできるのは2人以外にはいませんから、3人でスクールアイドルを始めて音ノ木坂学院を救うことを決意します。

μ’s結成も穂乃果の思いつきで実行された!

突拍子もなくアイデアを閃いては即行動を起こすのが穂乃果の取り柄!

学校が廃校の危機するという情報を聞いて何とかできないかと模索している中、妹の雪穂が憧れているUTX学園を偵察することになります。そこで後のライバルとなるA-RISEのライブ映像を偶然目撃することになりますが、これに穂乃果は大きな衝撃を受けることに。

顔を輝かせながら導き出した答えが「自分たちもスクールアイドルを始める」こと。

全力のプレゼンも海未に却下されますが、頑固な性格でもある穂乃果は一人でダンスの特訓に取り組み始めます。一度走り出したら止まらないことを幼馴染の二人は分かっていたため、そんな穂乃果をサポートするべく、二人もスクールアイドル活動をスタート。

そうしてミューズが結成、これから起こる様々な困難に立ち向かっていくのでした。

廃校の危機を回避!しかし更なる問題が…

初めて行ったライブ散々でアイドルランキングも低調でしたが、物語が進んでμ’sが9人揃います。しかしランキングが19位に上昇して、学校でも人気者の地位を確立した時に新たな試練がやってきたのでした。

μ’sの存在感も日に日に増して「ラブライブ!」への出場も見えてきたましたが、学園祭のライブ前に穂乃果がオーバーワークによって熱を出してしまいます。それでも無理を推して学院屋上のステージに立ってパフォーマンスを披露しますが、終了後に穂乃果は力尽きて倒れてしまいます。

ライブ中に倒れてしまった穂乃果ですが、ステージに立つことは不可能で絵里は生徒会としてライブの中止を決断。さらにそのことをきっかけに、「ラブライブ!」への出場も辞退することになってしまい、努力が裏面にでたことから、穂乃果は悔し涙を流します。

奇しくも直前にはことりが海外の学校に留学するかどうかを悩んでいた時期でもあり、穂乃果にはそのことを相談できずにいました。

穂乃果が垂れてしまったことで、結局何一つ相談できずに留学を決意したことり。そのことが追い打ちに、さらに学校存続が正式に決定されたことも相まって、穂乃果はスクールアイドルを辞めることをメンバーに告白するのでした。

μ’sのリーダーである穂乃果が無気力になってしまったことで、グループの崩壊が一気に加速。果たしてこの危機をどう乗り越えていったのか、続きはその目でご覧になって欲しいと思います。

ただ仲が良いだけでなくバランスも取れた3人

小さい頃からずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の3人。そんな3人の間には、役割的なものが存在していました。

それは一体どのような内容なのか。ここまで読んで下さった方は察しがついているでしょうが、改めて紹介していきたいと思います♪

直感的な行動でことりと海未をリード!

穂乃果は猪突猛進な性格をしており、思い立ったら即行動という言葉がそのまま当てはまる女の子です。そんな突拍子もない発想や行動にいつも振り回されてきたのがことりと海未ですが、それでも3人ずっと一緒なのには理由がありました。

その性格はμ’sにおいても発揮されますが、そんなリーダーシップとも言い換えられる穂乃果の性格だからこそ、μ’sは数々の奇跡を起こしてきたのでしょう。

穂乃果がスクールアイドルを始めたからこそ、μ’sが光り輝いてことりや海未、他のメンバーだけでなく、応援してきたラブライバーも光り輝いた奇跡を目撃することができました。μ’sが活動してきた6年間は、まさに穂乃果の行動の賜物と言えるのかもしれません。

少し穂乃果より?3人の関係を取り持つバランサー!

幼馴染の二年生組では、いつも中間的なポジションに立って穂乃果と海未を見守ってきたことり。あまり前に出る性格ではないですが、最終的に穂乃果の行動に巻き込まれる格好となるからか、どちらかといえば穂乃果よりの立ち位置に近くなっています。

スクールアイドル活動を始める際にも、頑なに却下し続ける海未に対して決め手を見せつけるなど、意見がまとまらない時にはいつもことりの姿が。そしてスクールアイドル引退を一度は決意した穂乃果を復活させたのも、他ならぬことりでした。

そんなことりは二年生メンバーにおけるバランス役にほかなりません。穂乃果と海未の関係を取り持つだけでなく、心の支えともなっているため、欠かせない存在の一人と言えるでしょう。

猪突猛進な穂乃果を抑制!たまに暴走する時も?

とてもまじめな性格をしている海未ですが、スクールアイドル活動を提案してきた穂乃果を「思いつきで行動するのは危険だ」と一刀両断。しかし一度リズムを崩してしまったためか、アイドルになった自分を想像してしまうようになって、最終的にはいつも通り、穂乃果の押しに屈服してしまうことになります。

しかし一度決めたからには最後まで全身全霊をもって取り組むのが海未です。μ’s結成当初は基礎トレーニングからダンスレッスンまで、厳しいまでの練習メニューをみっちりと組んで初ライブまで二人をしごきあげます。また2期ではユニット別トレーニングで登山を敢行するなど、一度暴走し始めたらだれにも止められないという欠点(?)も。

顔芸も度々話題になる海未ですが、そんな海未がいたからこそ、穂乃果がスクールアイドルを最後まで奇跡を起こす原動力となったのかもしれません。特にことりが留学してしまう場面では、海未のアシストがなければμ’sが本当に解散していたことでしょう。

「ほのことうみ」のグッズ情報!手に入れたいアイテムをご紹介♪

μ’sを作って中心メンバーとして活躍し続けた穂乃果とことりと海未の3人。彼女たちがいなければ『ラブライブ!』は成り立たず、熱狂的なアニメファンを獲得するに至らなかったことでしょう。

そんな彼女たちには根強いラブライバーが大勢応援しています。その中で男女問わずの人気筆頭はことりですが、もちろん穂乃果と海未にもファンは多くいます。

そこで二年生メンバー3人のグッズについて、いくつかピックアップしてみました♪ラブライバーなら押さえておきたいアイテムや、それぞれのグッズなど、必携ともいえるものをまとめてみましたのでご覧ください♪

バースデーフィギュアプロジェクト 南ことり

ことりのフィギュアはいずれも人気が高く、プレミアがついているものばかり!

その中で特に人気なのが電撃屋限定販売となった「バースデーフィギュアプロジェクト」シリーズです。全メンバー分が販売されましたが、ことりに関しては希少価値が高く、高ければ2万円近くすることも!

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 南ことり

ことりフィギュアでもう一つ大人気となっているのが、スクフェス内でも人気を博した「ことり式ゆきだるま」版のフィギュア。

こちらは高い人気のあまり、2017年夏に再販が決定されるほどで、入手し損ねたラブライバーにとっては大きなチャンスとなっています♪

寝そべりぬいぐるみ

寝そべりぬいぐるみはUFOキャッチャーの景品として登場しており、これまでに全メンバー分で様々なパターンが登場してきました。

その中で穂乃果に関しては複数種類のパターンが用意されており、中でも限定品とも言えるのが「スクフェス感謝祭2016ver.」。表情も他の寝そべりぬいぐるみとは違い、うたた寝している表情となっているため、愛くるしさが倍以上となっていますね♪

長い年月を過ごしてきた3人の固く結ばれた友情も必見!

μ’sの二年生・穂乃果とことり、海未の3人についてまとめてみました。

小さい頃からずっと一緒に過ごしてきた3人だからこそ、お互いのことをよく理解しており、時には助け合って𠮟責しあえるほどの関係となっています。そのことがよく分かるエピソードも作中に盛り込まれており、3人の友情に感動する人ともいたのでは?

『ラブライブ!』は彼女たちの活動がなければ成り立たず、また物語も進みませんでした。そしてμ’sの奇跡についても穂乃果の行動がなければ起こり得ませんでしたので、ラブライバーにとっても輝かしい存在であるはず!

この記事を読んだことをきっかけに、改めて3人の魅力などに気づけていただければ幸いです♪

「ラブライブ!」の関連記事はこちら


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。