正宗くんまさかのピンチ!?「正宗くんのリベンジ」2話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「正宗くんのリベンジ」2話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回1話でかなりの好調具合の出だしであった正宗くんでしたが、まさかの豚足の過去を知る人物が!? 誰かと疑う正宗くんですが、ここで新たな刺客現る!そんな2話の内容を順番に見ていきましょう!

豚足の過去を知っている人物とは? まさかの人物がここで登場!?「正宗くんのリベンジ」2話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「正宗くんのリベンジ」2話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回1話でかなりの好調具合の出だしであった正宗くんでしたが、まさかの豚足の過去を知る人物が!? 誰かと疑う正宗くんですが、ここで新たな刺客現る!そんな2話の内容を順番に見ていきましょう!

豚足を知る人物とは? 正宗くんの新たな刺客? 師匠?

登校する否や下駄箱に豚足と書かれた紙が入っていた正宗くん。それを見た瞬間に誰がこれを入れたのか、そして誰が自分の過去を知っているのか、ということに対して頭を悩ませる正宗くんでした。それもそのはずですね、まさかあのいじめられていた過去を知られるということはここまで頑張って来た努力が水の泡となる可能性があるということ。学校中からの過去を知られて笑い者にされてしまうイメージを抱いて勝手に知恵熱を出してしまう正宗くんでした。随分と悩んでいる正宗くんでしたがその日の昼休み、購買の前で座っているとパンを買う群衆の中から一人の女の子が跳ね出されてしまうのを目にします。その人物はあの愛姫にくっついている吉乃でした。一見大人しそうであり、いかにも気弱でビクビクしているような感じを醸し出している吉乃です。そんな正宗くんは吉乃の買い物を手伝ってあげることに。大量のパンを購入し、それを手渡す正宗くん。ある意味紳士的行動ですね。こういう部分は結構いいところであると思います。普通はやらないですよね。リアルではあり得ないイベントです。

もちろんその大量のパンは愛姫のお昼ご飯であり、いわゆるパシリに使われているということでした。正宗くんもそれに同行し、いつもの体育倉庫へと足を運ぶ正宗くん。アンチ愛姫である正宗くんでもこの光景はとても意外なものであると自ら語っていました。そしてパンを無理やり頬張ったせいか咳き込む愛姫、それをみて吉乃はすぐさま飲み物を買いに行きます。その瞬間に体育倉庫へと入り、さりげなく声をかける正宗くん。昨日のあの出来事で愛姫に対してプライドをズタズタにキズ付けてやろうという算段だったのでしょうね。あの愛姫は赤面しつつ「巻き込むつもりはなかったと」言います。それに対して爽やかに「大丈夫大丈夫」と答えますが、心ではめっちゃ痛いけど! と自ら突っ込む正宗くん。そりゃあ痛いでしょう。素手で刃物を掴んだんですから痛いどころの話ではないはずです。あれで病院に行かずに済んでいるというのがおかしいくらいでしょうね。そしてそんな中戻ってくる吉乃ですが、相変わらずのドジっ子ぶり。つまづいてパンツを丸出し。ここまではただのドジっ子パシリという感じでした、が。

それは仮の姿と言っても過言ではありませんでした。その日の帰り道に公園で正宗くんはおかしなトラップに引っかかります。今時そんなトラップあるか? と突っ込みたくなるようなものであり、あっさりと引っかかる正宗くん。宙吊りになり、誰がこんなことをしたのか、とよく見てみると、その人物は吉乃でした。あのドジっ子で弱々しくビビりな吉乃がフードを被り出て来たのです。なんでも吉乃の家系は愛姫の家系に仕えるメイドのようなものであり、幼少の頃から愛姫のお世話役としてひっついていたのでした。そう、あの豚足という手紙を出したのも他でもないこの吉乃だったのでした。正宗くんの過去を知る数すくない人物と言ってもいいでしょう。「終わってしまった」と愕然とする正宗くん。「笑いたければ笑えよ、それでも俺はあの女に一発食らわせてやろうと思ったことに後悔はない!」と断言します。すると意外な言葉が返って来ました。

「いいんじゃない? やれば?」と。

そしてナイフを振り下ろし、「私も協力してあげる」という吉乃。もはや以前の吉乃とは別人と言ってもいいでしょうね。ただの狩人という感じです。というか殺し屋と言ってもいい。凄腕の執事的な感じを出していました。

そして翌日、「まずはメル友からだ!」と再び闘志を燃やす正宗くんです。そんな時、声をかけられたのは同じクラスの双葉さんでした。短髪のスポーティーな女の子であり、可愛さで言えば抜群と言ってもいいでしょうね。まず普通なら告白されたら断ることなんてあり得ないという可愛い女の子です。そんな双葉さんは正宗くんに対して親身になってくれるクラス委員長。どちらかというと好意的な感情を抱いているようにも見えました。そんな双葉さんから放課後、二人でデートをしないか?という誘いを受けますが、正宗くんは苦渋の決断をし、それを断ります。これはいわゆる告白と言ってもいい感じのものであり「惜しいことをした」と思う正宗くんですが、全てはあの愛姫に復讐することだけを考えているためにことわざるを得ないという感じでした。この根性はすごいと思います。普通なら復讐なんてそっちのけでまずOKしてしまう場面でしょう。しかし正宗くんのこうキャラ設定が物語として確立されていると言ってもいいと思います。そんな時、後ろから声をかけられます。それは・・・まさかのあの愛姫でした。

「随分とオモテになるようで」と嫌味のようにいう愛姫。しかし正宗くんはここぞとばかり演技をします。「好きでもない子に誘われても嬉しくない」と。「じゃあ誰ならいいの?」という愛姫の問いに対して君と答える正宗くんでした。キザすぎるにもほどがありますね。気持ち悪いと言ってもいいくらいでしょう。普通ならドン引きの言葉ですが、「ありがとう」と笑顔で返す愛姫・・・これにはどういう意図があったのかはこの時点ではわかりませんでしたが、答える前に少し間があったのでいわゆる今までの残虐姫的な行為を考えていたのかもしれませんね。

「ありがとう・・・?」と固まる正宗くん。これはOKととってもいいのかどうか迷う場面と言ってもいいでしょうね。しかしその後も攻める正宗くん「じゃあアドレス教えてくれる? 連絡するからさ」というと「いいわよ」と普通に返す愛姫。随分とすんなりことが進むのでおかしいなと思っていたのですが、愛姫は「ああ、でもごめんなさい、今ケータイは修理に出してるの。次の当番の時でもいい?」と笑顔で言います。その前に何か考える仕草があったのでこれは何かあるなと思いました。結果・・・次の当番の時に教室に行くと案の定愛姫の姿はなく、張り紙が指定あり、指定の場所をぐるぐると巡らされた挙句に、最後の指示の窓から外をみろという行為で全てがわかりました。

「お断りよ」

という紙を大きく掲げて、結局騙されていた正宗くんでした。悔しいという言葉以外にないでしょうね。正宗くんの努力というのはただのキザ男ということで終わってしまったようでした、が。

そこで現れたのはまさかの吉乃でした。「お気の毒様」と一言。正宗くんは「笑いに来たのか」とイラついた言葉を投げ返しますが、「あなた甘すぎなの。私に任せてくれればアドレス交換も、デートも、思いのままだよ?」と予想外の言葉を言う吉乃でした。吉乃の考えていることは私自身よくわかりませんでした。何が目的でこうやっているのか。吉乃自身も愛姫に憎しみ的な何かを持っているからこそ正宗くんに協力しているのか、今の段階ではどうも言えませんが、ここで正宗くんと吉乃のタッグの取り組みが始まったと言うわけでした。ここで2話は終了となります。

「正宗くんのリベンジ」の動画視聴方法について!

では動画の視聴方法について記載をしようと思います!

ニコニコチャンネル:正宗くんのリベンジ

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、もし見逃してしまったと言う方は是非こちらをチェックしてみてください!

次回の正宗くんのリベンジ、アドレスゲットなるか?デートは?

まさかの吉乃が協力者となることになりましたが、次回の正宗くんはどうなるのでしょうか? デートをすることが可能となるのか、あの愛姫のデレが見れる日が来るのか!? 次回がとても楽しみですね! 次回の正宗くんのリベンジもお見逃しなく!

(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。