航空魔導大隊デグレチャフ少佐圧倒的「幼女戦記」5話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「幼女戦記」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回に発令された辞令で、大隊を任されることとなったターニャ大尉ですが、その人員選出に以外な手段を使います。圧倒的な速さで少佐となり大隊長となったターニャの初陣とは!? 5話の内容を掘り下げます!

大隊人員選出にまさかの地獄訓練実施!? しかし又してもターニャの思惑は外れる そして圧倒的な強さ「幼女戦記」5話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「幼女戦記」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回に発令された辞令で、大隊を任されることとなったターニャ大尉ですが、その人員選出に以外な手段を使います。圧倒的な速さで少佐となり大隊長となったターニャの初陣とは!? 5話の内容を掘り下げます!

「幼女戦記」5話の感想まとめと内容考察!

では早速、5話の個人的な感想まとめと内容の考察に入りたいと思います。今回もターニャは色々と策を講じるわけですが、それが逆効果になることに? 期待を裏切る訓練で、無事に大隊は完成し、初陣を切ることとなりますが、その内容とは一体どうなっていたのでしょうか!? 順を追って見てきましょう!

大隊の人員選出に以外な手法? 演習訓練は地獄

少しでも大隊の人員選出に遅れを出そうとしていた矢先のこと、かつての部下であったヴィーシャがターニャの副官として配属されることとなります。ヴィーシャも無事に昇進し少尉となっていました。これをみたターニャは少し困り果てた顔でしたが、知っている人員を副官に選別した参謀部に「やれやれ」といった感じでした。そして泣く泣く人員選出を始めますが、そのやり方というのは魔術的な幻影を施し、見破れなかったものは根こそぎ元の配属先へと帰還させるというものでした。39組中33組は不合格となる自体であり、それを納得する准将。どうするべきか問われると人員の再教育を施すべきだと提案するターニャです。具体的に述べよという言葉にターニャは「一ヶ月」という地獄のような期間を述べました。実際新兵訓練でも2年を要するということらしいのでその数値はあまりにも短すぎるというものなのでしょう。他の佐官達も驚きを隠せない様子でした。それを納得する准将ですが、ここで一番嫌な予感をしていたのは他でもないヴィーシャでした。ターニャの性格を誰よりも知るヴィーシャはこの後に起こることを予想し「まさか・・・」と思ったのでしょうね。

案の定ヴィーシャの予感は的中します。帝国軍領地内のツークシュピッチェ演習場にて開始された訓練は地獄のようなものでした。36時間砲弾から身を守るということ、さらに48時間以内に所定の場所までたどり着くというもの。ターニャの思惑ではこれで脱落者を出そうという考えだったのでしょう。それで大隊の設立は不可能というものにしようと考えていたと私は考えます。しかしながら、この上官に逆らって下手に脱落しようものならどうなるのかわかったものではない、というのが大隊志願者たちの考えになってしまい、ターニャの思惑とは逆にやる気を見せる形で訓練は無事に終わり、やり遂げたというわけでした。ターニャからすれば「なぜ?」というわけですが、これも全て神、存在Xが導いた結果ということなのでしょうか? 結局ターニャが望んでいた後方勤務というのは一切真逆の方向へと向かっているところを見ると神、存在Xがこれに関与しているというのも否めませんが、運命自体が存在Xによって誘導されているのかどうか、ここではまだ言い切れないというものあるでしょう。運命的にターニャは前線、つまり過酷な道を辿らせ、そして神への感謝、信仰心というものを芽生えさせるというのが存在Xの思惑であり、それを存在Xが左右させているというのは今の段階では断定できないというのが個人的な見解です。そういう描写が無きにしも非ずですが、微妙なところですね。

そして無事に大隊は結成されます。タイトルの通り「はじまりの大隊」ということで、初陣を切ることになります。早速すぎますね。その配属先というのは南方であり、参謀本部のレルゲン中佐がこれの指示を出したのでした。正確には参謀本部全体の意向というのでしょうが、ここでレルゲン中佐が絡んでいるとなると何か意図的なものを感じますね。レルゲン中佐といえばターニャを危険視している人物でもありますので、今後の二人の絡みというのも面白みがありそうです。今日初めてレルゲン中佐とターニャは対面するわけですが、おそらくお互いにお互いのことをわかったと言う風な感じはありました。特にターニャはレルゲン中佐を敵視するような感じの発言も窺えましたので、お互いソリが合わないと言うのもここで分かりましたね。正確的には真逆とは言えずとも全く異なったものであり、神非道的なターニャと個人的に人格者であると予想するレルゲンですのでソリが合わないと言うの納得がいきます。

司令は「直ちに南東の駐屯地へ展開せよ」と言うものでした。優先度は最優先であると。ターニャは不思議に思います。ライン戦線など拮抗している部分が多いにもかかわらず、未だそこまで重要視されていない南東の駐屯地であるのかと言う部分です。これに対してレルゲン中佐は自ら視察し、参謀本部が下した決定であると、深い事情は語られてはいませんでした。なぜここで最も戦況が均衡している場所への部隊投入を行わないのか、と言うのがターニャの一番の引っかかりだったのでしょう。

しかし、最後にレルゲン中佐から「この期にダキア語でも勉強したらどうだ?」と言われ、ピンときたターニャでした。協商連合など色々と戦況が厳しい中、ここでダキア皇国を落とすと言うのがおそらく参謀本部の考えであると個人的に感じられました。

ダキア軍はほぼ時代遅れの軍隊 ターニャ率いる大隊圧倒的

南東の駐屯地へ展開することとなったターニャの大隊ですが、ここで初めてダキア軍の圧倒的なお粗末さと言うものに気づくターニャでした。一世紀ほどの差ががあるといっても過言ではないほどの装備の差と言うものがあると気づいたターニャはすぐさま国境を侵しているダキア軍の三個師団の壊滅にあたります。その戦況はほとんど圧倒的と言うものでした。魔導師というものがいかに凄まじい存在かというものが窺えるシーンでもありましたが、まさに地を這うアリを踏みつぶしているような感覚だったのでしょう。散り散りとなるダキア軍ですが、ひとかたまりになって対空戦闘の配置へと着いたのを確認すると、中隊を任されていたとある中尉が後退をする様を見て「あのような時代遅れの弾で撃墜させらるのであれば、私が直々に殺してやる」とこれまた恐ろしい剣幕で怒ります。ターニャの中隊も動き、圧倒的な戦力差で敵を殲滅、そして的の作戦本部へと乗り込み、将官以外は全員皆殺しにし、重要書類を参謀本部へのて見上げへ。そしてその後、ターニャは首都へと向かいます。ここでまさかの宣戦布告ですが、子供のような幼児の声で戦線服をします。敵軍は笑いこけていましたが、これにて国際条例というものが果たされ、晴れて心置き無く攻撃できるというものでした。攻撃はもちろん成功し、帰還する大隊。おそらく大活躍と言ったところでしょう。苦戦のくの字もありませんでした。

「幼女戦記」の動画視聴方法について!

では幼女戦記の動画視聴方法についての記載をします!

ニコニコチャンネル:幼女戦記

ニコニコチャンネルでは1話が無料で視聴が可能となっていますので、まだ視聴していない方は是非視聴してみてください!

次回6話ではどのような活躍を見せてくれるのか!?

今回5話では大活躍という感じの大隊でした。初陣で敵の三個師団、それに作戦本部と首都の爆破。これは勲章ものと言ってもいいでしょう。おそらくターニャの大隊には次なる目標が与えられるという風に考えられますが、次に待っているのは地獄か、はたまた天国か、どうなるかがとても気になります。是非次回の「幼女戦記」6話もお見逃しなく!

(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。