「Rewrite2ndシーズン」17話放送!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

「Rewrite」2ndシーズン第17話が放送されました。 Terra編がスタートとなる「Rewrite」2ndシーズン第17話、瑚太朗は地球を救うために何をするのか?「Rewrite」2ndシーズン第17話の内容、感想、動画の視聴方法を紹介しますのでチェックしてください。

「Rewrite」2ndシーズン17話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介

2017年冬アニメ「Rewrite」2ndシーズン17話が放送されました。

16話でMoon編が終了、いよいよTerra編がスタートします。

篝を救うためにすべてを敵に回す覚悟で奮闘する瑚太朗、一体どんなストーリーが展開するのでしょうか。

「Rewrite」2ndシーズン第17話の内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第17話の動画視聴方法もあるのでチェックしてください。

「Rewrite」2ndシーズン17話の内容は?

戦場

戦場に身を置く瑚太朗、敵からの攻撃を受けます。

反撃をするのをためらう瑚太朗ですが、なんとか引き金を引きます。

「この日初めて、人を殺した。」

瑚太朗の日常

アバンとは変わって日常シーン、瑚太朗は高校生として生活しています。

しかし日常生活に馴染めず、1人浮いている存在。

マーテル会

環境保護のため活動をしているマーテル会、活動内容は環境保護団体というより宗教。

両親が信仰しているために連れてこられてますが、瑚太朗は乗り気ではない様子。

お世話になっている保母さんから子供の面倒をみるように頼まれます、その子供とは……、幼い日の千里朱音です。

これが瑚太朗の正しい時間軸なんですね、千里朱音は瑚太朗を「おとん」と呼ぶます、まだそれしか言葉を話せない様子。

会場にて

マーテル会の発表会会場で、親の命で質問をすることになる瑚太朗。

拒否をしますが熱心な信者の両親は許しません。

「要するに、自然を守るためなら人間なんて邪魔だってことだろ!」

過激な発言で両親に怒られたか頬ほ腫らしている瑚太朗、保母は瑚太朗の行動に苦笑いをしつつもその発言は真理だと言います。

それは正しい、その後の生のために、その生が人間ではないかもしれないけれども。

地球救済ハンター

夜の瑚太朗、マモノと戦う地球救済ハンターを自称します、誰に頼まれたわけではないのですが。

Rewrite能力も自覚していますね、そしてあの森へと入っていきます。

森にて

森では恐竜型のマモノが、それほどの大物とはじめて出会う瑚太朗、あっさり噛みつかれ死を覚悟します。

そして自分の人生に悲観している瑚太朗、いっそこのまま死ねばいいと思います。

そこに助けに入る影が、見覚えがあるメンバーですね。

江坂さん

若かりし頃の江坂とチームメンバーに助けられる瑚太朗。

後日江坂に呼び出されて話をします、江坂が言うにはUMAの観測を大学に頼まれていただけ。

あそこにマモノのようなものはいない、あれはただの鳥だと。

まるで瑚太朗が夢でも見ていたかのように扱う江坂、そして瑚太朗も特に抵抗すること無く受け入れます。

あの場所については他の人に話さないように頼まれる瑚太朗、話す友達もいないというと江坂が言います。

「私とメル友になろう」

小鳥

引っ越してきた小鳥一家が挨拶に来ていました、双方の親は2人を置いて出かけます。

子供の頃の小鳥は高校時代からは想像もつかないほど人を拒絶するような性格。

お互い歩み寄るつもりがない2人、ギクシャクした関係ですね。

マーテル教会で

瑚太朗の両親に誘われてか神戸家もマーテル教会へ。

マーテル教会の話の感想を聞く瑚太朗、「ここはおかしいです!」。

天才児と言われる小鳥の発言、そして自分と同意見だと瑚太朗は言う。

もうここには来たくないという小鳥、そしてマーテル教会に神戸家が現れることはなくなりました。

小鳥の犬

犬を拾ってきた小鳥、瑚太朗は邪険に扱いますがそれを必死に守ります。

虐待されていた犬を拾ってきた小鳥、面倒をみますが犬も心を開きません。

そんな犬が首輪を外して逃亡、小鳥は自作のポスターを貼って探します、普段は冷たく当たる瑚太朗にも必死にお願いを。

本能

Rewrite能力で嗅覚を上げて犬を探す瑚太朗、森でみつけてきて小鳥に渡します。

小鳥は瑚太朗に顔を向けませんが、「ありがとうございます」とお礼を言う。

そんな小鳥を見て瑚太朗は決心します、自分もマーテル教会を抜けようと。

「本能が前進しろと叫んでいた」

「Rewrite」2ndシーズン17話のファンの感想は?

17話目にして完全に仕切り直しですね。

今回も戸惑った方は多かったのではないでしょうか。

小鳥や朱音の幼少期はかわいかったですね。

セミの幼虫がエビチリに似ている!

Keyは食べ物ネタをよく使いますね、エビチリネタの感想がとても多かったです。

この瑚太朗を知っていれば、皆のために必死に動く瑚太朗に違和感を覚えますね。

もちろんあの時の小鳥と幼少期の小鳥も全然違いますが。

「terra編」からがスタート、ゲームプレイ済みの方の感想でも多く聞かれました。

これからが本番、今までの伏線をどう回収、そしてどんな結末が待っているのでしょうか。

考察:Keyのスタート「KANON」を紹介します

Keyとして最初に発表された作品が「Kanon」です。

1999年にR18作品として発売された「Kanon」、その後R18版、通常版ともに数多くのリメイクが販売されました。

アニメは2002年の東映版と2006年の京アニ版の2つが制作されました。

「Kanon」のテーマは奇跡、「奇跡って起こらないから奇跡って言うんですよ」というヒロインの1人美坂栞のセリフが筆者にはとても印象的です。

2000年代前半の泣きゲーブームをLeafと共に作った伝説的な作品ですね。

キャラクターデザインなどはどうしても古く感じますが、まだ「Kanon」を見ていない方は是非見てほしい、そんな作品です。

第17話を見逃した人は動画配信サイトをチェックしよう!

「Rewrite」2ndシーズン最新話はニコニコ動画GYAO!で視聴可能です。

 ニコニコ動画

第17話配信:2月5日22:00~(チャンネル登録は2月5日22:30~)

GAYO!

第17話配信:2月6日12:00~

第17話をチェックして第18話を待ちましょう!

「Rewrite」2ndシーズン17話の内容、感想まとめを紹介しました。

幼少期の小鳥や朱音が登場、そしてこれからどんなストーリーが待っているのか楽しみですね。

謎がまだまだたくさんある「Rewrite」、17話をしっかりチェックして18話の放送を楽しみに待ちましょう。


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。鍵作品はKanon、そしてKeyメンバーがタクティクス時代に制作したONE-輝く季節へ-からプレイしていた鍵っ子。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」、「CHAOS;CHILD」、「Rewrite」などの感想記事を書いていますので、そちらの記事もよろしくお願いします。

Rewriteの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。