【もう一度3人で酒を飲みたかった…】文豪ストレイドッグス「坂口安吾(さかぐちあんご)」を徹底解析!

2016年4~6月、10~12月にアニメ放送していた文豪ストレイドックス、通称「文スト」の三重スパイとして暗躍している「坂口安吾」を徹底解析していきます。文豪ストレイドッグスの坂口安吾のプロフィールから演じている声優さん、キャラクターソングなどをまとめたので、彼の詳細について知っていただけると幸いです。

文豪ストレイドッグス「坂口安吾(さかぐちあんご)」をご紹介

漫画での連載やアニメ放送などで高い評価を得た文豪ストレイドッグスですが、2016年12月にアニメの第2クールが最終回を迎え、熱いラストの展開と新たな敵の登場によるアニメ続編を匂わせるような演出に全視聴者が興奮させられたと思います。

今回は、そんな文豪ストレイドッグスの「坂口安吾」の詳細を徹底解析していきます。簡単なプロフィールや過去の出来事や作中でのおすすめの活躍などをまとめて紹介していくので、アニメを視聴した方はシーンを思い出しつつ、詳しく知らない方はより坂口安吾に興味をもってご覧になってください。坂口安吾の異能力や性格は必見です。

「坂口安吾」のプロフィール

さっそく坂口安吾の簡単なプロフィールや性格をまとめて紹介していきましょう。

異能力:堕落論(だらくろん)

坂口安吾の異能力である「堕落論」は未だ原作でもその詳細は明かされておらず、戦闘に用いる異能力なのかサポート系の異能力なのか全く分かっていません。安吾のキャラクター的に、諜報活動などに使えそうな異能力の内容ではありそうですね。

所属:内務省異能特務課

黒の時代の際に中心人物となっていた織田作之助、太宰治、坂口安吾の三人は文豪ストレイドッグスの作中でも互いにバーに集って語らい合ったりしていましたが、実在していた文豪である織田作之助さん、太宰治さん、坂口安吾さんの三人も同様に、第二次世界大戦後に行われた文学批判において元々同傾向の文豪たちが集っていた無頼派と呼ばれる集団の中心人物として硬い団結力で結ばれていました。こういった文豪たちの関係性も文豪ストレイドッグスでは見えてくるので勉強になります。

三重スパイとしての安吾

坂口安吾は、ポートマフィア秘密諜報員でも、ミミックのスパイでもなく、国の秘密機関である内務省異能特務課のエージェントとして三重スパイの仮面をかぶっていました。黒の時代ではポートマフィアの秘密諜報員として死者の人生録を綴り「人の死は数字ではない。ひとりひとりの生には必ず意味がある」と考えていたのです。そんな安吾も、ポートマフィアのボスである森鴎外と内務省異能特務課の最高指揮官である種田山頭火の非公式会合のセッティングをしたりしている場面や、森鴎外と種田山頭火とのやり取りを観ていると、三重スパイという重要な立場を担っていながらも、結局は針のむしろのような下っ端の存在なのだと感じさせられます。

現在の太宰との関係

織田作之助の死後、坂口安吾は完全に内務省異能特務課に戻り、太宰も武装探偵社に入社したわけですが、ことあるごとにこの2人はあっているようです。しかし、それは坂口安吾と太宰治という友人同士としてではなく、あくまで内務省異能特務課と武装探偵社としての側面であって、太宰は相変わらず軽薄ながらも底をはかり知ることのできないような態度で接していつつもどこかギスギスしています。それでも安吾はかつての友人としての好なのか、太宰に対してはある程度柔軟に事件や取引に対応してくれているので、完全に敵対しているというわけではないようです。

グッズ

文豪ストレイドッグスのなかでも坂口安吾は、あまり作中での登場話数が少ないことやまだグッズ製作中の場合が多いためグッズ自体が多くはありませんが、いくつかキャラクターグッズなどもあるので、その中から一部紹介していきます。デフォルメされた渋いデザインやアニメのままのデザインなど数多く販売されているので、坂口安吾のキャラクターグッズには注目です。

坂口安吾のグッズはまだまだ種類が少ないと記載しましたが、それでも黒の時代放送後はある程度種類も増えてきています。文豪ストレイドッグスでの作中の謎が多くもかっこいい雰囲気や、三重スパイで正体は内務省異能特務課というミステリアスな内容から、多くのファンから人気が出て、坂口安吾のグッズ争奪戦状態に一時期なっていたようです。アクリルキーホルダーですと部屋に飾るだけではなく、カバンやリュックなどに着けて歩くこともできるため、非常に人気が高くなっていますので、今後更に商品展開がされていくことを期待しましょう。

坂口安吾を演じているのは「福山潤(ふくやまじゅん)」さんです

文豪ストレイドッグスの坂口安吾を演じているのは、多くの役柄を多彩に演じ分け、舞台やイベント、ラジオなどで幅広く活躍している大人気声優の福山潤さんです。福山さんは、高校在学中に青二プロダクションの声優養成所、青二塾大阪校へ通い始め、その後、21歳まで青二プロダクションのジュニアに所属し退所しました。その後は一定期間フリーの経歴を経て、ぷろだくしょんバオバブに移籍し、現在は、同じく大人気声優である森川智之さんと共に設立したアクセルワンという事務所に所属して声優としての活動を行っています。2007年には初代声優アワード主演男優賞を受賞し、同年に日本アニカン大賞・男性声優賞2年連続で受賞するなど数々の賞を受賞する声優ファン以外にも確実に一度は声を聴いたことがある大物声優さんの1人です。

作中での活躍

筆者が独断で、作中での坂口安吾が活躍しているシーンを紹介します。

第15話 「戻れない場所」より ミミックからの脱出

安吾自身の活躍シーンというのはアニメ中ではほとんどなく、基本的にスパイとして工作活動をしているか、バーで織田作と太宰の三人で酒を飲んでいるかという印象が強いのでなかなか活躍シーンを選ぶというのは難しいですが、強いてあげるのであれば、インテリな安吾が割と体を動かしていたミミックにとらわれた際に織田作と共に脱出する場面です。建物の爆発寸前に窓から飛び降りるシーンなどは、普段の安吾からは予想できないようなちょっと情けない姿で、思わず微笑んでしまいました。

安吾の異能力や活躍に期待

文豪ストレイドッグス坂口安吾の情報はいかがだったでしょうか。異能力者として以前に人としての能力が非常に優れている坂口安吾は、それだけ優秀だったからこそポートマフィアと内務省異能特務課の橋渡しを行い、三重スパイや二重スパイの仮面をかぶり続けていられたのだと思います。未だ原作ですら明らかになっていない坂口安吾の異能力である「堕落論」ですが、果たして今後安吾はどのようにして活躍していくのか、戦闘に参加することはあるのかなどに注目してみていきましょう。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。