新感覚VR空間アイドルの「アイドルメモリーズ」1話の感想まとめ♪繰り返し見るなら動画はこちら

近未来設定の「アイドルメモリーズ」、VR空間でのアイドル活動が一般化する世界でトップアイドルを目指す6人の女の子達の努力と友情を描いた、新感覚とも言えるアイドルアニメの1話が2016年10月2日にTOKYO MXにて放送されました。その内容やTwitterでの感想、見逃した人は動画の視聴方法も確認しましょう。

VRを舞台とした新感覚アイドルアニメ「アイドルメモリーズ」!2016年10月2日放送のアニメ1話の感想とファンの評価は?

近未来設定の「アイドルメモリーズ」、VR空間でのアイドル活動が一般化する世界でトップアイドルを目指す6人の女の子達の努力と友情を描いた、新感覚とも言えるアイドルアニメが2016年10月2日にTOKYO MXにて1話が放送されました。セブン・アークス・ピクチャーズ制作ということもあり、アニメのクオリティはかなりのものであり、CGシーンも盛り込まれていて、その完成度はかなり高く個人的には高評価でした!

 

今までにアイドルを舞台とした作品は数々ありましたが、VRという現在最もリアルで実用化が近いと言われているものを題材としたアイドルアニメは過去になく、新しい要素を含んだ新感覚のアイドルアニメであることが全面に押し出されていた気がしました。

「アイドルメモリーズ」はアニメ構成が今までにない斬新さ!? 前半と後半の注目!

通常アニメといえば、前半と後半、間にCMを挟むというのが一般的でありますが、このアイドルメモリーズは前半と後半はもちろんあるものの、その内容に驚かされた方は少なくはないでしょう。一体どんな風に前半と後半で別れているのか、ご紹介いたします。

「アイドルメモリーズ」の前半は通常通りのアニメ放送!

 

前半部分の15分間は通常通りのアニメ放送でした。作画も細かく、何より可愛いキャラクターがたくさん出ており、視聴前からドキドキワクワクが止まらなかったのは言うまでもありませんが、キャラの個性も十分に引き出されていて文句なしの出来栄えでした!

そして後半に続く、と思っていたのですが。

「アイドルメモリーズ」の後半はなんと主役6名の声優さんが登場するバラエティ番組だった!

 

そのまま後半に続くと思いきや、なんと後半分は主役である6人のメインキャラの声優を務める人たちのバラエティ形式の番組が展開され、正直驚きました。あれ、違う番組が始まった…?と思った方もなかにはいるのではないでしょうか。

ニコ生でよくあるクイズ番組やトーク番組のようなバラエティ形式の展開に、「あれ?」と最初は驚きましたが、観ているうちに「これはこういう番組なのか!」と、これまた新感覚で新しい番組構成であるアニメであることが判明しました!

バックスクリーンでアニメが流れている中でトークを行うちょっと今までにない面白さと、目新しさに画面に目が吸い寄せられたのは内緒ですが、それにしてもここまで何もかもが新しい感じのアニメは他にないかもしれません。ある意味「勝負に出ているアニメ」とも言えるでしょう。

アイドルメモリーズ1話の内容やあらすじを少しだけお伝えします

※ここから少しネタバレ含みますのでまだ1話を視聴していない人は注意して下さい。

序盤は「あれ? これってアイドルアニメ?」という描写だった

 

初っ端の描写といえばどうみてもロボットSF系のアニメで「あれ?」となった人も少なくはないでしょう。かくいう私もそう思いましたが、これこそがこのアニメの舞台となっているVRというものだったと後々になって気づきました。

そしてアイドル育成の学校で300を超えるアイドルチームがいる中でティアラを手にするためにナンバー1のアイドルになるべく切磋琢磨する6名の主人公たち、正確には「スターリング」という3人と「シャドウ」という3人の2チームがメインとなって物語が進行するアニメです。

「夢と希望を信じる力、信じる力は未来を変える」

そしてこのアニメでのメインの決め台詞でもある「夢と希望を信じる力、信じる力は未来を変える」というものに、なんだか少し感動してしまいました! アイドル系はいつもそうですが、青春と夢を追いかけるというのを主軸として物語が進んでいくのでとても観ている側としては実際のアイドルを応援しているような気分にさせられます。

 

 

そして1番の見所であるVRライブ!

VRライブというものがこのアニメの主となる特筆すべき項目でありますが、ライブシーンではCGも使われていて、そのCGもかなりのクオリティであり、違和感なく観られるものでした。崩壊部分も一切なく、挙動のおかしい部分もなくポリゴンも十分に作り込まれていてこれが個人的には素晴らしいと思いました!

そして臨場感も味わえるのはもちろん、VRということもありなんだか不思議な先入観で観ていたのですが、「VRとはこういうものなのか!」と逆に好感度が上がり次回のお話がすごく気になりました。

「アイドルメモリーズ」アニメ1話!ファンの感想と評価はどうなってる?

前半と後半でアニメパートと実写パートがあるという今までにはない異色のアニメですが、どのような評価がされているのでしょうか。Twitterなどのコメントでファンの感想と評価を見てみましょう。

 

辛口コメントもありますが、普通のアイドルアニメだけど次回が気になる!との声も多数上がっています。皆さんそれぞれに好き嫌いというのがあるのはもちろんですが率直に次回に期待できそうという声が多いように思えますね。

どうやら賛否両論があるみたいですね。しかし総合的に見て良作であるという声が多いことから、人気度は今後上がっていきそうな予感はします。1話が15分であったということも恐らく評価のポイントなっているのではないでしょうか?

通常のアイドルアニメではまずこういう展開はなかったですし、後半のバラエティ企画で、中国語講座を始めるという異例の展開も見られ、ファンは苦笑や爆笑している様子がちらほらと窺えました!

 

ネット上のファンの声は賛否両論ありました。普通というのもありつつ、「微妙?」や「よかった!」など様々な声が上がっている中、とても新鮮味があり、新しいことにチャレンジしてくれた番組だと言えるでしょう。

1話を見逃してしまった人は動画をチェック!

地上波の放送がTOKYO MXとAT-Xのみということでそこまで視聴方法が多くないことが難点に挙げられるのですが、それで見逃してしまったという人も少なくないのではないでしょうか?そんな場合でもニコニコ動画の公式チャンネルで1話は無料配信中なので、見逃した方はぜひチェックしてみてください。2話の上映会も、なんとテレビ放送と同じタイミングで放送が予定されているので、1話が気に入ったという方は2話も同じようにチェックしてみると良いでしょう。

ニコニコ動画公式チャンネル「アイドルメモリーズ」

次回第2話が気になる!「アイドルメモリーズ」

1話の感想と評価はファンも次回が気になる展開で、何が起こるのかわからない、というものが多かったので次回の第2話がかなりの視聴率になることは間違いないでしょう。

キャラの可愛さもさることながら、物語の展開は通常のアイドルアニメのようなものであります。しかしVRというものと、なぜか2チーム6名が主役という謎の設定に次回や今後の展開がものすごく気になるのは間違いでしょう!

是非「アイドルメモリーズ」1話を動画視聴して、2話もリアルタイムで観てみましょう!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。