「うたの☆プリンスさまっ♪(うたプリ)」の過去のエイプリールフールネタまとめ

毎年お馴染み!「うたの☆プリンスさまっ♪(うたプリ)」のエイプリールフールネタを、過去のものまで全部まとめました!毎年様々なジャンルが、話題作りに精を出しているエイプリールフール。もちろんうたプリも例外ではありません。今回は「うたの☆プリンスさまっ♪」で過去に行われたエイプリールフールの悪ふざけを、まとめて紹介します。

「うたの☆プリンスさまっ♪(うたプリ)」はエイプリールも個性的!

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのさいです。

秋アニメとして放送されていた「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター」が大きな反響を呼んでいたうたプリこと「うたの☆プリンスさまっ♪」なんだかんだでもうずいぶんと続いているシリーズですが、秋アニメの中では根強い人気を見せつける結果となりましたね。やはりうたプリは強い。

さて、そんなうたプリですが、2010年からエイプリールフールに毎年企画が行われていることをご存知でしょうか。今回はそんなうたプリが行ってきた過去のエイプリールフールのイベントをまとめてみました。中には実際にグッズ化しているものなのども多くあるので、その内容も踏まえてまとめて紹介します。

2010年:聖川少年の事件簿

エイプリールフールの題材の中では、あまり話題に上がることがないのがこの「聖川少年の事件簿」です。古いからですかね…?題名からもわかる通り聖川真斗が主役のノベルゲームになっています。これが意外と作り込みがエグくて、ルートも分岐もめちゃくちゃ多いです。バッドエンドもあるよ。

元々はうたプリ公式サイトでプレイできるゲームでしたが、「うたの☆プリンスさまっ♪-Amazing Aria-」の店舗特典として、ドラマCDがついてきました。もう手に入れることはなかなかできない代物でしょうね。

ちなみにこの聖川少年の事件簿は、未だに公式サイトでプレイすることも可能だったりします。短いですがルートは多彩で内容もなかなか面白いので、機会があればぜひ。

2011年:うたの☆プリンセスさまっ♪

2011年のエイプリルフール企画として公開されたのは「うたの☆プリンセスさまっ♪」と題した魔法少女パロディです。元々ゲーム内でも罰ゲームとしてプリンスたちが女装をするシーンはありますよね。あとうたプリmusicでは衣装の中に女装姿があったり…公式お気に入りかよ…。

というように、元々本編でも女装姿は披露していたプリンスたちですが、エイプリールフールの魔法少女というパロディ設定を使ったドラマCDも存在します。「うたの☆プリンスさまっ♪Repeat」の店舗特典としてついてくるドラマCDとなっていたので、これまた今は手に入れるのは非常に難しい代物となっています。

ちなみに特典ドラマCDのタイトルは「まじかるイチコ」トキヤはアニメでも女装を披露させられています(翔もですが)し、色々と不遇ですね。

2012年:ShiningWeb

ちょっとわかりにくいんですが、うたプリの公式サイトがシャイニング事務所の公式HPになっちゃった!という企画でした。公式サイトのTOPは、聖川真斗と神宮寺レンが出演するドラマスペシャル「蝉時雨」 のイメージ画像となっていました。

2010年に引き続き、真斗は優遇されていますね。セピア調で描かれた真斗。あまりにも美しすぎやしませんかね…。

2013年:PRIQLO JAPAN

この辺りからは記憶にある人も多いのではないでしょうか?シャイニング事務所もといブロッコリーが本気を出し始めたのも、この頃からです。公式ページがUNIQLOの公式サイトのような雰囲気になり、そしてキャラクターそれぞれがプロデュースするTシャツが発売されるよ!と発表されました。

ファンの間ではプリクロの名称で呼ばれています。最初はエイプリールフールネタでしたが、後にこのTシャツは本当にグッズ化し発売されています。筆者はこの頃うたプリブームが最高潮だったので、真斗、トキヤ、ランラン、嶺二のTシャツを購入しました。勢いって怖い。ちなみに実際のTシャツには、アイドル達のメッセージ入りポストカードもついてきました。

2014年:公式サイトがオドロキマンシャイニングヒーローズ仕様に、そして公式Twitterがペンギンに

毎年恒例の公式サイトが別仕様になるシリーズ、2014年はビックリマンもといオドロキマンのサイトに大変身しています。ドッキリマン仕様にキャラクター化しているプリンスたちがめちゃくちゃかわいいです。

それぞれきちんとキャラクターの個性を掴んだ設定になっており、見ているだけで面白かった記憶があります。

そして前年同様、こちらも後にグッズ化しています。ウエハースにシールがついてくるという、本家と全く同じ仕様となっていました。ちなみに筆者もこちら購入したんですが…シールは全力でかわいかったです。ウエハースはまずい。

さらに後には缶バッジ化もされています。グッズ化verにはシークレットで春歌や友ちゃんも登場しますよ。

そしてなぜかこの年にはもう一つ企画が…エイプリールフールの日限定で、うたプリ公式Twitterのアカウントが一ノ瀬画伯の靴下ペンギンになっていました。中の人はトキヤなのでは?という噂です。

2015年:江戸の☆お殿さまっ♪

2010年の聖川少年の事件簿に引き続き、2015年のエイプリールフールもノベルゲームとして登場してきました。タイトルは「江戸の☆お殿さまっ♪」しかし聖川少年の事件簿の頃より技術も(おそらく予算も)格段にアップしているとあって、かなり凝った作りになっています。歴代エイプリールフール企画の中では、かなりハイレベルなものだったのではないでしょうか。

江戸を舞台に繰り広げられる、お殿さま(ではないキャラも大勢いますがその辺はニュアンスですよね)との恋愛事情。こちらは聖川少年の事件簿と異なり、エイプリールフール終了後はプレイできなくなっています。

しかし満を持して「うたの☆プリンスさまっ♪MUSIC3」にてフルボイス仕様となって収録されることに。確かにあのクオリティを一日で下げてしまうというのは、なかなかもったいないですからね。鳥海浩輔ボイスで紡がれる「アナタを開国したい」は笑いと萌えとが入り混じり、わけが分からなくなりそうです。

2016年:劇団シャイニング再演

そして最新のエイプリールフールネタは…歴代の中で最も賛否両論だったんですよね、実は。数年前に公式企画で行われ、非常に好評だった「劇団シャイニング」2016年のエイプリールフールネタは「劇団シャイニング再演のお知らせ」であり、本来であればファンは大喜びの内容に見えますが…。

というのも、公式サイトに「初代キャストが熱演し、好評を博したステージを、若手俳優たちが2代目として役を受け継ぐ」と書かれていたり、ステージは新たな次元へ!と書かれていたからなんですよね。要するに実写化のフラグなのではないかと、クラスタが大荒れすることになりました。

今までプリクロやドッキリマンチョコが、実際に商品化されていますからね…このエイプリールネタの嘘予告も実現するのではないかと、結果的にかつてない荒れっぷりとなることとなりました。

うたプリはもう一つのコンテンツとして完成されているジャンルなので、いまさら実写化はしなくていいとは思うんですけどねぇ…こちらは今のところ、公式から続報のアナウンスはされていないので、エイプリールフール企画と称してファンの反応を見ていた感じだったのでしょうか。

劇団シャイニングとはいえ、個人的には私もうたプリには実写化はしてほしくないので、エイプリールフールのまま終わらせてほしいです。

楽しいうたプリのエイプリールフール、2017年はどうなる!?

【画像:Thinkstock

「うたの☆プリンスさまっ♪」のエイプリールフール企画の内容を、過去のものまでまとめてご紹介しました。エイプリールフールとはいえ、うたプリは後にグッズ化などをして嘘を本当にしちゃっているんですよね。2016年はそれが災いし、界隈が大荒れになる事態となりましたが…それも今となっては良い?思い出なんじゃないでしょうか。

2016年のエイプリールフールがちょっと残念な感じの内容だったので、2017年はそれを挽回するくらい面白い企画を行ってほしいですね。今年のうたプリのエイプリールフールネタはどんなものになるのか、楽しみに待ちましょう。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。プリクロも香水もリボンネックレスも、この類のものはとりあえず寒色は必ず揃えてます。似た色味が二つでも気にしない。

うたプリの関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。