2017年1月『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』放送開始☆気になる内容は?あらすじや放送日をご紹介!!

『昭和元禄落語心中』放送から1年。続編『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』が2017年1月放送開始されます!『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』のあらすじ・内容や放送日を徹底紹介!原作の漫画や第1期のあらすじ・内容も紹介しますので、放送日をチェックして放送開始に備えましょう!

昭和元禄落語心中第1期から1年、帰ってきた『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』の内容やあらすじを紹介!放送局や放送日もチェック!!

2016年1月に放送されていた『昭和元禄落語心中』。落語界や音楽業界からも絶賛された作品で、序盤から高評価を得ました。

そんな『昭和元禄落語心中』が2017年1月より『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』となって放送開始されました!第1期から1年、待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』の内容やあらすじをご紹介します!気になる放送日ならびに放送局もご紹介しますので、放送開始に備えましょう!!

原作の漫画『昭和元禄落語心中』は受賞作品

原作は漫画家・雲田はるこさんが描く漫画『昭和元禄落語心中』です。隔月刊アンソロジーコミック『ITAN』で連載されていた作品で、2016年9月に最終巻である10巻が発売されています。

原作者の雲田はるこさんは、ボーイズラブ漫画家としてデビューし、過去の作品である短編集『野ばら』は”このBLがやばい!2011”で3位にランクインしています。

『昭和元禄落語心中』は雲田さんの一般作品に初進出した作品です。

一般作品初進出ながら、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を、2014年には第38回講談社漫画賞一般部門を受賞しています。

ボーイズラブ漫画家時代から、繊細な心理描写に定評があり、アニメ本編でもそれを崩すことなく丁寧に描かれていた印象があります。

アニメで落語

『昭和元禄落語心中』の一番の特徴は、アニメで落語を表現する、という事ではないでしょうか。

落語に興味のない方は、見る気が起きないかもしれませんが、そんな事ありません。落語に共に魅力的なキャラクター達の人生が進んでいくので、落語に興味がなくても楽しめる作品です。

https://twitter.com/qjx_ake/status/770654717839978496

筆者も落語に興味がなかったものの、この作品をきっかけに落語にハマりました。

そして、豪華声優陣の落語が聞ける、という事も魅力です。声優ファンなら一度は見て聞いてほしい、声優ファンでなくても聞いてほしい!そんな風に思えてくる表現力で、落語を聞かせてくれます。

『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』、気になってきましたか?では、次の項目で内容やあらすじをご紹介したいと思います。

『昭和元禄落語心中~六助再び篇~』のあらすじは?その前に第1期『昭和元禄落語心中』の内容もご紹介!

お待ちかねの『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』のあらすじをご紹介したいと思います。

しかし、その前に第1期『昭和元禄落語心中』の内容をご紹介します。第1期を見ていない方も見た方も『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』を観る前に一緒に復習しましょう!

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1期『昭和元禄落語心中』の内容は?

舞台は昭和50年代頃、テレビや漫才ブームが始まった頃のこと。元チンピラ・強次は刑務所から出たその足で落語家・八代目遊楽亭八雲のもとに押しかけ弟子にしてくれとお願いします。

今まで弟子を取らないと決めていた八雲でしたが、なんの気まぐれか、強次は弟子になることを許されました。そして、八雲は強次に与太郎という名前を付けました。

八雲の家に住み込むことになった与太郎(強次)は八雲の養女・小夏から勧められた、天才落語家で小夏の実父だった二代目有楽亭助六の落語を気に入り、助六の落語を練習し始めます。しかし、同時に助六の死と八雲と小夏の因縁を知ることになります。

八雲の独演会の日、与太郎(強次)は舞台の袖で居眠りをしてしまい、怒った八雲に破門を告げられてしまいます。小夏に付き合ってもらい復帰をお願いする与太郎(強次)に八雲は”三つの約束”をさせます。

その三つの約束というのは

  1. 八雲と助六の落語をすべて覚えること
  2. 助六と果たせなかった約束を果たすこと
  3. 自分より先に死なないこと

約束をさせた八雲は約束の理由と共に、自分と助六との長い昔話を語り始めます。

八雲と助六が出会ったのは舞台は太平洋戦争前。幼かった八雲は足の怪我のせいで落語界への入門することになり、助六は自ら入門を願い出たことにより、同じ日に七代目有楽亭八雲に弟子入りします。

落語の姿勢も性格も対照的な2人は、昭和30年代の落語黄金期を支える存在となりますが…

というわけで、第1期『昭和元禄落語心中』の内容は八雲の過去が中心でした。第2期『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』では主人公が再び与太郎(強次)に戻ります。

それでは、次は『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』のあらすじです。

第2期『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』のあらすじ

舞台は第1期から10年後の昭和末期。真打に昇進した与太郎(強次)は三代目助六を名乗ることになります。八雲や小夏のため、2人の中の助六を変えるため、与太郎(強次)は自分の落語を見出していきます。

与太郎や八雲など前作からの主要キャラクターはもちろんのこと、今作では小夏の息子・信乃助や、落語好きの人気作家・樋口英助などが加わります。

オープニングは豪華タッグ!

物語を彩る主題歌ですが、第1期『昭和元禄落語心中』の主題歌では林原めぐみさんと椎名林檎さんがタッグを組んだことで話題になりました。なんと、第2期『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』で再びタッグを組みます!

第1期OP『薄ら氷心中』では林原めぐみさん演じるみよ吉をイメージした楽曲でした。第2期OP『今際の死神』は古典落語の名作『死神』、登場キャラクターの心情が垣間見える楽曲になっているそうです。期待が高まりますね!!

気になる第1話の放送日程・放送局は?

さて、ここまでのあらすじ・内容いかがでしたでしょうか?『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』気になってきましたか?

では、最後に放送日・放送局をチェックしていきましょう!

  • MBS(毎日放送) 2017年1月6日(金)26:40~27:10放送(2017年1月6日(金)は26:55~放送開始)
  • TBS 2017年1月6日(金) 26:25~26:55放送(2017年1月6日(金)26:40~放送開始)
  • BS-TBS 2017年1月7日(土) 24:30~25:00放送
  • AT-X 2017年1月8日(日) 20:30~21:00放送(再放送:(月)23:30~(水)15:30~(土)7:30~)

最速で放送開始されるのはTBSですね。初回放送の15分押しに注意してリアルタイムで見たいものですね。

リアルタイムで見られない方は録画予約を忘れずにしましょう!

TVだけじゃない!ネットでも視聴可能!

https://twitter.com/syowa1008/status/803810075575881728

Amazonプライム・ビデオで2017年1月6日より最新話独占配信が決定しています。

そして、Amazonプライム・ビデオの他、dアニメストアやU・NEXTなどで第1期『昭和元禄落語心中』の配信もされていますので、第1期を見ていない方はこの機会にチェックしましょう!

『昭和元禄落語心中~六助再び篇~』ぜひご覧下さい!

『昭和元禄落語心中』で太平洋戦争前から始まった物語が、『昭和元禄落語心中~六助再び篇~』でついに結末を迎えます。

気になっていた登場人物の行く末が見られるので、筆者はワクワクしております。第1期の最終回で第2期制作決定の文字を見てから、ずっと待ち望んでました。1年長かったな…

第1期『昭和元禄落語心中』を含めて書きましたが、作品の魅力、少しでも伝わったでしょうか?面白そう!見てみようかな?なんて思っていただけたら筆者は嬉しいのですが…

第1期を見ていない方、ぜひ見てください。そして、第2期をリアルタイムで見ましょう!

それでは『昭和元禄落語心中~助六再び篇~』、ぜひご贔屓に。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。