週刊少年ジャンプで連載中!ワールドトリガー(ワートリ)のアニメの内容は?

豪華声優が多数出演していることで有名なアニメ「ワールドトリガー」その内容はどうなっていた?週刊少年ジャンプに連載されているワートリこと「ワールドトリガー」のアニメのあらすじやネタバレをまとめました。

遅効性SF!ワートリこと「ワールドトリガー」のアニメのあらすじ

こんにちは、アニマガジンライターのさいです。

週刊少年ジャンプに連載されている、葦原大介先生原作の少年漫画「ワールドトリガー」良い意味で週刊少年ジャンプ作品らしくない名作として名高いワートリは、連載開始以来じわじわとその人気を高めてきています。

現在は葦原先生の体調の関係で、残念ながら長期休載となっている本作。なのでこの機会に、過去に放送されていた「ワールドトリガー」のアニメについて、紹介をしたいと思います。

とにかく出演声優陣が豪華なことで知られているワートリのアニメですが、原作コミックが10巻に満たない段階でアニメ化されたため、アニオリ展開が入ってきたりと色々な意味で話題となりました。

今回はアニメ「ワールドトリガー」がどのようなストーリー構成となっていたのか、あらすじやネタバレを踏まえながら紹介していきたいと思います。

アニメ「ワールドトリガー」のあらすじ

ワートリアニメは終盤にアニオリ展開がはいってきたり、原作ベースのストーリーのときもオリジナルシーンなどがちょこちょこ入ることはありましたが、おおよその流れは原作と変わりません。

人口28人が住む架空の都市「三門市」そんな都市にある日異世界への「門(ゲート)」が開き、そこから「近界民(ネイバー)」と呼ばれる侵略者が現れます。そんな「近界民(ネイバー)」から街を守るために設立された界境防衛機関「ボーダー」

物語はこの「ボーダー」に所属する三雲修と、異世界からきた人型の「近界民(ネイバー)」である少年・空閑遊真を軸に進んでいきます。アニメでは修と遊真の出会いから、アニメオリジナル展開も交え、B級ランク戦の途中まで描かれています。

アニメ「ワールドトリガー」のネタバレ

【画像:Thinkstock】

アニメ「ワールドトリガー」のざっくりとしたあらすじとネタバレを、紹介していきます。前述しましたが、おおよその展開は原作と変わりません。

邂逅編

修と遊真が出会い、行動を共にすることになる一連の流れが描かれています。修たちの通う中学校が「近界民(ネイバー)」の襲撃に遭い、そのネイバーを撃退したことによって、本来下級隊員である修が注目を浴びていくことになります。

エリートのA級部隊であるの嵐山隊、実力派エリート・迅悠一、修の知り合いで膨大なトリオン量を有している少女・雨取千佳との出会いも描かれます。最初は修の進言でネイバーであることを隠していた遊真でしたが、徐々にボーダー側もそのことに勘付き始め、やがて大きな事態へと発展していきます。

黒トリガー争奪戦編

修がネイバー(遊真)と通じていることに勘付いたボーダー本部は、問答無用でその駆除にあたります。遊真自身の奮戦や迅の暗躍により、一時は本部からの刺客である三輪隊を退けますが、その後遠征に行っていたボーダーのトップチームが遊真の持つブラックトリガーを奪うために強襲を仕掛けてきます。

迅悠一は嵐山隊と手を組み、ボーダートップチームを退けます。そして遊真をボーダーへ正式に入隊させることを条件に、自身の持っていた師匠の形見であるブラックトリガー「風刃」を手放すことに。

ボーダー入隊編

晴れてボーダーに入隊する運びとなった遊真、そして千佳も行方不明になった兄と友達を探すために、共に入隊することになります。修を含めた3人でチームを組むために、入隊式や訓練に勤しむ遊真と千佳。その裏で修もまた、別の戦いをしていました。

しかし彼らが正式にチームを組むよりも早く、事態は動き出してしまいます。神の国と呼ばれる近界(ネイバーフッド)「アフトクラトル」彼らが三門市へと侵攻を開始し始めていたのです。

大規模侵攻編

神の国「アフトクラトル」から強襲される三門市。ボーダー隊員たちは総出で、その迎撃に当たります。しかしネイバーフッド最大の軍事国家と言われているアフトクラトルは、圧倒的な力をもって目的を遂行しようとします。それは戦士としては未熟な、C級の訓練生を大量に捕獲することでした。

中でもC級ながらも膨大なトリオン量を秘めている千佳は、敵に目をつけられてしまいます。一時は優勢になったかのように思えましたが、ブラックトリガーもちの敵の隊長であるハイレインが出てきたことにより、再び形勢は逆転。千佳はトリオンキューブへと姿を変えられてしまい、大ピンチを迎えます。

圧倒的な個の力で攻めてくるアフトクラトルに対して、数の力で対抗するボーダー。果たして彼らの戦いは、どのような結末を迎えるのか。そして持たざる者である修の戦いは…。

B級ランク戦編~その1~

大規模侵攻後、無事B級に上がった千佳と遊真は、晴れて修と三人でチームを組むことに。下位チームを順調に蹴散らしていった彼らでしたが、そこにB級中位グループの壁が立ちふさがります。

ボーダーの中での戦いを通して、修や遊真、千佳は何を見つけて何を得るのか。

逃亡者編

アニメ「ワールドトリガー」の中で、唯一の完全アニメオリジナル展開となるのがこの「逃亡者編」です。近界からやってきた少年・ゼノと謎の少女リリス。人型トリオン兵のリリスを戦争の兵器として利用されることを拒んだゼノは、彼女を連れて国から逃亡してきたのです。

しかしその最中、乗っていた船が壊れ墜落。そこで出会った修たちに、自分たちを匿うように千佳を人質にとって命じます。最初は険悪ながらも、徐々にその中で心を通わせていくゼノと修たち。しかし追手はすぐそばまで迫っていました。

果たしてゼノとリリスは、無事に逃げ切ることはできるのか。修たちは、ボーダーは、彼らの事件にどのような形で関わってくることになるのか。

B級ランク戦編~その2~

アニオリが終わり、ここから原作ベースのストーリーへと戻ります。大規模侵攻編で捕虜となったアフトクラトルの兵士・ヒュースの話などを通し、修たちがB級上位チームに挑む物語が展開されます。

ここまで怒涛の勢いで進撃を進めてきた三雲隊でしたが、所詮は遊真個人の力。各チームにA級に匹敵するエースを一人は有しているB級上位チームには及ばず、結果惨敗を期してしまいます。

その結末を経て、修たちはチームとしても個人としても、在り方を考えさせられることに。しかし次の戦いが始まるよりも早く、再び三門氏に近界からの敵が押し寄せてきて…。

アニメ「ワールドトリガー」は、ちょうど原作のガロプラ戦がはじまるぞ!という所で終了します。いわゆる俺たちの戦いはこれからだENDです。アニオリは入りましたが、原作ストックがなかったこともあり、最終話付近はコミックスが出た数日後にその内容がアニメで放送される、という事態になっていました。

このためコミックスの入荷が遅れる地方では、コミックスの続きをアニメで先にやられてしまうという憂き目にあうことに。公式がネタバレをしてくるスタイル。

この機会にぜひアニメ「ワールドトリガー」を一気見してみよう!

アニメ「ワールドトリガー」のあらすじやネタバレなどを、ざっくりと紹介してきましたがいかがだったでしょうか。作画崩壊だったりアニオリ展開だったりで、結構賛否両論あるアニトリですが、OPのクオリティと声優さんの豪華さはぜひ目にしてほしいところ。

原作漫画が現在休載中ということもあり、ファンとしては寂しい思いがないといえば嘘になります。ですがさらに多くの人にワートリの魅力を知ってもらうチャンスかなと前向きに考え、こうやって布教をしている次第です。

アニメの放送が終了して以降も、オールナイト上映を行ったりグッズ展開は相変わらず活発だったりと、話題は尽きないワールドトリガーという作品。少しでも興味を持ったのであれば、是非アニメ、そして原作の「ワールドトリガー」の世界に足を踏み入れてみてください。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。実はワートリが現在の主食。出水公平が好きです。

ワールドトリガーの関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。