ダンロンシリーズ最新作!「ニューダンガンロンパV3」の体験版をプレイしてみた

「ダンガンロンパ」新シリーズ「ニューダンガンロンパV3」の体験版をプレイした感想です。発売日が迫る「ニューダンガンロンパV3」は、先日体験版が配信開始となりました。今回はダンロンファンの筆者が実際に体験版をプレイし、新要素の解説やプレイした感想、考察などを書き連ねていきたいと思います。

ついに体験版が配信された「ニューダンガンロンパV3」

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのさいです。

ダンガンロンパシリーズの最新作「ニューダンガンロンパV3」の情報が、続々と発表されていますね!新章を迎える「ニューダンガンロンパV3」の発売が、ファンはまちきれないことでしょう。もちろん、筆者もその一人です。

さて、先日ついに「ニューダンガンロンパV3」の体験版のダウンロードがはじまりましたね。みなさま、もう体験版はプレイされましたでしょうか?私はダウンロードできるようになった当日に早々とプレイしてみました。

今回は体験版をまだやっていないという既存のダンロンファンの人や、ダンガンロンパは気になっているけどプレイしたことがないという人のために、「ニューダンガンロンパV3」の体験版をプレイした感想を記事にしていきたいと思います。

作品やキャラクターの雰囲気、学級裁判での新要素や変更点など含めながら感想を書いていきますので、是非V3の世界観を掴む参考になさってください。

「ニューダンガンロンパV3」のキャラクターは?

体験版をプレイしてみて「ニューダンガンロンパV3」に登場するキャラクターについて感じた印象を、所感ですがざっくりと綴っていこうと思います。人数が多いので、掻い摘んで気になったキャラクターを紹介しますね。

まずは本作の主人公である赤松楓。ダンガンロンパシリーズの中では、外伝作品である「絶対絶望少女」を除くとはじめての女性ヒロインになります。あと特筆すべき点としては、前作までの二名と異なり最初から「超高校級のピアニスト」というはっきりとした才能を持っています。

性格は明るく前向き、高校級の才能を持ってはいますが、周りと比べると常識人のような雰囲気です。このあたりは歴代の主人公と共通しているのではないでしょうか。あとはおっぱいが大きい。日向くんと一緒ですね。

今回のトリックスター的な存在になるのではないだろうかと予想している、天海蘭太郎くん。自分の才能が思い出せないという彼ですが、そのことも楽観的に捉えており慌てた様子はありません。飄々としていて掴みどころがなく、ちょっと不気味な印象も受けます。声優さん(緑川光さん)の効果もあるかもしれない。

超高校級の探偵である最原終一。どうしてもその才能で気になる存在になってしまいますよね…シリーズ第一作目に出てきた霧切響子と同じ才能ですが、ブラフなのか意図的なものなのか…。心なしか外見の雰囲気も似ている気がします。

そして個人的に気になるのが性別。ダンロンシリーズは女性声優が男性キャラの声を当てることもありますが、最腹は雰囲気と相まって性別が女性なのでは…?と予想していたりします。あくまで個人の考察ですのであしからず。

春川魔姫ちゃん、外見が好みです。失礼…体験版では学級裁判のシーンなどで、結構核心を突くような発言をガンガンしていた印象を受けました。メタ推理になりますがビジュアルポスターなどにも大きく姿が載っているので、重要な位置づけになるのではないでしょうか。

超高校級の昆虫博士である獄原ゴン太。幼い頃に森で迷子になり10年間、森でオオカミの一家に育てられた彼は、その家族に恩返しをするために本物の紳士を目指しています。そのため厳つい見かけに対して温厚で礼儀正しく「紳士だから」が口癖です。

一人称がゴン太で言動に子供っぽさが滲んでおり、本作のかわいい枠有力候補です。口調もかわいい。ただ個人的に、なんとなくこういう子は生き残れなさそうなんですよね…生き残ってほしい…。

ちなみに

体験版には公式サイドからもアナウンスがありましたが、過去二作に登場した苗木誠、日向創、そして葉隠康比呂が登場します。三人がどのような形で登場して、体験版でどのような立ち振る舞いをしているのか…ぜひ実際にプレイして確かめてみてください。過去二作のファンである人であれば、きっと色々な意味で楽しめるかと思います。

新システムが続々!「ニューダンガンロンパV3」学級裁判での新要素

【画像:筆者私物】

ダンガンロンパシリーズの醍醐味である「学級裁判」シリーズを追うごとに色々な要素が追加されている学級裁判ですが、今回も過去二作品からさらに要素が増えています。ここでは「ニューダンガンロンパV3」の学級裁判で追加され、体験版で実際にプレイできた新要素をまとめてご紹介します。

ノンストップ議論に同意や嘘の要素が!

お馴染みのノンストップ議論ですが、今回は発言の矛盾点を指摘して相手を「論破」するだけでなく、他のキャラクターの発言に同意することで議論を進めることのできる場面も。

また今回からはノンストップ議論の最中に、あえて「嘘」をつくという場面も登場します。こういった今までにないリスキーな要素が加わったことで、よりノンストップ議論に緊張感がでています。

パニック議論

こちらは基本的にはノンストップ議論と同じですが、なんと一画面で三人のキャラクターが同時に議論を繰り広げます。つまり三人分の情報から的確に矛盾を見つけ出し、論破をしなければならないということです。

論の長さは体験版ではあまり長くはなかったのでなんとかクリアできましたが、製品版ではどうなんでしょうか。長くなるとこれなかなか難しそうです。

発掘イマジネーション

3色のブロックに覆われたイラストを発掘し、そこから答えを探し出すという新要素「発掘イマジネーション」同じ色が連なったブロックを選択すると、隣り合う同じ色のブロックを消すことができます。

ちなみにこの要素は全部ブロックを消さなければならないわけではなく、掘り当てている途中で答えが分かった場合はブロックが残っていてもその答えと思われるものを選択して大丈夫です。Twitterなどをみていると、ブロックを全部壊さないといけないと思っている人が多かった印象だったので、ここで解説をしておきます。

ブレインドライブ

車を運転して、コースの上にある文字を集めていくという、前作のロジカルダイブに近いシステムになります。文字を集めて問題文を完成させた後は、正解を掲げている女性を助手席に乗せ、一緒にゴールをします。

個人的に前作のロジカルダイブがめちゃくちゃ苦手だったんですが、今回のブレインドライブは簡単だったような…?体験版なので難易度が優しめにされているのかもしれませんが。

他にも追加要素が続々!

このほかにも議論スクラム、理論武装などの新要素はもちろん、これまでにあった閃きアナグラムや反論ショーダウンも、内容を新たに「ニューダンガンロンパV3」に取り入れられています。体験版ではプレイできなかった部分も、早くプレイしてみたいです!

「ニューダンガンロンパV3」は体験版から楽しめる要素が満載!

「ダンガンロンパ」シリーズの最新作「ニューダンガンロンパV3」の、体験版をプレイした感想を書き綴ってみました。個人的には体験版ならではの要素や、従来シリーズをプレイしてきた方は思わずニヤッとしてしまうような要素がてんこ盛りで、体験版だけでもすごく楽しめました。

そして色々考察はしてみましたが、ダンロンはとにかくブラフが多いので何がどう転ぶかわかりません。めっちゃ意味深な感じに出てきたキャラが一章であっけなく…みたいなことを平気でやるのが、ダンロンの恐ろしいところであり好きなところでもあります。

キャラクターも前情報と実際にプレイしてみた感じとで、随分印象が変わった子もたくさんいました。個人的に、今回は場を引っ掻き回しそうなキャラクターが従来シリーズより多い気がします…!がんばれ楓ちゃん…!

いよいよ発売が間近に迫る「ニューダンガンロンパV3」本作から世界観が一新し新シリーズとなるので、今までダンロンシリーズに触れたことがないという人でも、とっつきやすい内容になっているかと思います。体験版のセーブデータがあると、製品版にちょっとした特典がついてくるようなので、気になっているという方は是非、年末年始のお休みなどを使ってプレイしてみてください。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。体験版をしたらゴン太が思いのほか可愛かった。天海はなんとなく嫌な予感しかしない(狛枝的な意味で)

「ダンガンロンパ」の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。