Fate/Grand Order(FGO)で話題!Fateシリーズを見る順番は?

最終決戦「終局特異点冠位時間神殿ソロモン」で盛り上がっている「Fate/Grand Order(FGO)」本作からFateの世界に足を踏み入れる人も多いですが、今回はそんな人たちがよく口にする「Fateってどの順番でプレイすればいいの?」という疑問を解消したいと思います。FGOからFateに興味を持った方は必見です!

派生作品多すぎ!Fateシリーズはどういう順番でみればいい?

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのさいです。

ゲームFate/Grand Order(FGO)の最終決戦「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」のイベントが、ついにはじまりましたね。皆さま柱は順調に折っているでしょうか?筆者はめちゃくちゃボコボコにしています。ちなみにマーリンは来ません。マーリンシスベシ。

さて、ゲーム本家のイベントで大盛り上がりだったり、年末に長編アニメ「Fate/Grand Order-First Order-」の放送を控えているFate/Grand Order(FGO)ですが、私の周りには意外とFGOからFateを始めたという人も多いです。そしてそんな人が決まって言うのが、Fate作品ってどれを、どの順番で制覇すればいいの…?という言葉です。

https://twitter.com/kento78tashiro/status/793100490414239744

Fateは派生作品も含めるとかなりの量の関連作品があるので、戸惑うのも無理はないかと思います。今回はそんな数あるFateシリーズから、まずはここを押さえておけば間違いないという作品、及びそのスピンオフを推奨プレイ(視聴)順に紹介したいと思います。

まずはここから!シリーズのはじまり「Fate/stay night」

Fateシリーズを語るうえで、この作品は外せません。シリーズ第一作目である「Fate/stay night」は、2004年にパソコン版のゲームとして発売されて以来、様々な形態でメディアミックス展開がされてきた人気作です。

Fateシリーズの原点であり頂点でもある本作、まずはこちらのゲームをを最初にプレイ、もしくはアニメを視聴することをおすすめします。本家はパソコン版アダルトゲームですが、PS2や、PSvita、AndroidOS、iOSに移植された全年齢対象版の「Fate/stay night[Realta Nua]」も近年発売されています。

「Fate/stay night[Realta Nua]」にはボイスやCGが追加されており、シナリオの加筆もされています。またPSvita版やAndroidOS、iOS移植版には、ufotableによる新オープニングや新規アレンジBGMが収録されているなど、さらなる追加要素があります。

基本的には後から発売されたものほど色々な追加要素が増えていると考えていいので、エロやグロ、アダルト描写は必要ないという方は「Fate/stay night[Realta Nua]」が手軽にプレイできていいのではないでしょうか。

ただし桜ルートだけはセイバー、凛ルートと異なりエロ描写にもそれなりに意味があるものとなっている他、[Realta Nua]では描写がカットされたり差し替えられている箇所も多いため、エロやグロに耐性がある方はぜひパソコン版もプレイしてほしいところ。

ちなみにスマートフォン版では、セイバールートのみ無料で開放されています。作風が合うか不安、ひとまずさわりだけでも知っておきたいという方は、こちらでプレイしてみてはいかがでしょうか。

アニメも制作されていますが、こちらが非常に説明がややこしく…。とりあえず2006年、最初に制作されたアニメはセイバールートを基本としたアニメとなっています。ただし一部他のルートの要素が入っていたり、オリジナルの展開が入っていたりもします。突然桜が謎のボンテージ姿になったり。

脚本監修として原作者の 奈須きのこ氏が参加しているため、オリジナル展開もありますが大崩れはないため安心して視聴してください。セイバールートということで、アニメのみの視聴であればまずはここから観ることをおすすめします。

次に2014年、ufotableが制作した「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」こちらは原作の凛ルートをベースにしたストーリーとなっています。原作に忠実な内容となっていますが、一部オリジナル設定が追加されています。ちなみにこれは、原作者である奈須氏の意向。

ちなみにUnlimited Blade Worksは2010年に劇場版も制作されていますが、限られた尺であるため内容はダイジェスト風味となっています。アニメーションのクオリティは非常に高いですが、これ一本だけで凛ルートを見ようと思うと初見では戸惑うかと思います。そのため視聴するのであれば、ある程度原作や大筋の内容を知ってからがいいでしょう。

桜ルートのメディアミックス展開は、現在コミカライズなどでしかされていないのですが、ufotableによる劇場版の制作が決定しています。詳細などはまだ不明ですが、全三章で制作され、2017年に第一章が公開予定となっています。

snはセイバールートと凛ルートは順番が前後しても大きな問題はない…と個人的には思いますが、桜ルートだけは物語の核心に触れる描写が多いことや、世界観を掘り下げる内容となっているため、初見でいきなりこのルートに触れることはお勧めしません。

snの続編ファンディスク「Fate/hollow ataraxia」

「Fate/hollow ataraxia」通称2005年10月28日に発売された「Fate/stay night」のファンディスクです。こちらもPC版はR18のアダルトゲームとなっていますが、2014年に満を持してPSvitaに移植されました。

これによってフルボイスとなったことはもちろん、こちらもufotableによるアニメーションが新たに加わっています。もちろんR18描写は除外されています。

snで行われた第五次世聖杯戦争が終結してから半年後を舞台としているため、少なくともFate/stay nightをクリアしてからのプレイがいいでしょう。本作からの新キャラクターも何人か登場します。

第四次聖杯戦争を描いた派生作品「Fate/Zero」

「Fate/Zero」通称F/Zは、snの10年前に行われた第四次聖杯戦争を描いた小説作品となっています。いわゆるsnの前日譚にあたる作品であり、snに登場したキャラクターや存在が匂わされていたキャラクターも多く登場しています。

こちらはあくまで派生作品であるため、ゲームではなく小説が原作となります。また筆者が奈須きのこ氏ではなくニトロプラスの虚淵玄氏であることから、前日譚ながらも矛盾点やキャラクターの性格の違いなどが見受けられます。作品としては非常に面白いので、そういう仕様だと思って楽しんでください。絶望しかないですが。

ufotableにより制作されたアニメも存在します。かなりハイクオリティなアニメとなっているので、こちらもおすすめです。ここからFateシリーズを知ったという人も多いため、本作から見ても問題はないかと思いますが、個人的にはやはり原作から手を付けてほしいというのが本音ですね。

格闘ゲーム「Fate/unlimited codes」

「Fate/stay night」の格闘ゲームになります。ストーリーモードが存在しており、各キャラクターそれぞれに割としっかりしたストーリーが存在します。こちら中々クオリティが高いため、ファンにはおすすめです。

あくまで「Fate/stay night」本家を知っている人が楽しめる仕様かなと思うので、ファン向けのゲームと捉えていいでしょう。本家のネタバレ要素も入ってきてしまうので、こちらだけのプレイはあまりおすすめしません。

奥が深いFateの世界

【画像:筆者撮影】

スマホゲームFate/Grand Order(FGO)が話題となっているFateシリーズ。今回は初心者さんのためにとりあえずここを抑えておけ!という作品を一覧でまとめて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

他にもめちゃくちゃ派生作品はあるんですが、大筋はこちらを抑えておけば大丈夫かと思います。本家であるstay nightと関連性がほぼない他の作品たちに関しては、また別の機会で紹介したいと思います。

最終決戦「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」のイベント真っ最中の「Fate/Grand Order」みなさん一緒に頑張って、うまい棒…もとい柱を折りまくりましょう!


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。無事七章が終わり、柱を折りまくっています。マーリンのため10連をちょっとここでは言えない回数回しましたが、なぜか金枠バーサーカーばっかりでました。実質バーサーカーピックアップ。

Fateの関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。