FGO(Fate/Grand Order)オリジナルサーバント「アーチャー」紹介!!

2016年12月31日にアニメ放送するFGO(Fate/Grand Order)ですが、ゲーム内ではさまざまなオリジナルサーバントが登場しますが、そのなかでも今回はサーバントのクラスから弓を武器に高い攻撃力で戦うアーチャーを紹介します。FGO(Fate/Grand Order)のオリジナルサーバントであるアーチャーは個性的な英霊が多いので、パーティーには欠かせませんね。

Fate/Grand Orderの「アーチャー」とは?

今や大人気のアプリゲームであるFate/Grand Orderには多くのサーバントが登場します。中にはFate/Grand Orderオリジナルのサーバントも多数登場し、ストーリーに合った歴史上の偉人や神話の神々などが人気を博しているのですが、今回はそんなサーバントのクラスの中からアーチャーをまとめて紹介します。アーチャーは全体攻撃の宝具やサポート効果があったりと使い勝手がいいサーバントが多いので、持久戦にはおすすめでるクラスです。

食事こそが正義! 「俵藤太」

真名:俵藤太(CV:鈴村健一)

身長:183cm

体重:98kg

性別:男性

ステータス 筋力:B 耐久:B 敏捷:D 魔力:C 幸運:B

クラス別能力 対魔力:C 単独行動:B

保有スキル 龍神の加護:C 矢避けの加護:C 無尽俵:EX

宝具:八幡祈願・大妖射貫(なむはちまんだいぼさつ・このやにかごを) ランク:B 種別:対人宝具

藤原鎌足の子孫である俵藤太は藤原家に代々伝わる黄金の刀を振り回して数々の功績を残してきましたが、あの武器と外見からはアーチャーとは思うことができませんが、龍神の化身に乞われて山を七巻き半すると言われる三上山の大百足を退治することとなった際に矢に唾を吐いて、八幡神に祈りを捧げ見事大百足を退治したことからアーチャーのクラスとして召喚されました。基本的な武器は龍神から褒美として授かった無尽俵を相手にぶつけての攻撃となりますが、対人宝具として攻撃する際には龍神の加護が施された弓を使用します。

Fate/Grand Orderでは第六特異点にてキャメロットに召喚され、玄奘三蔵とともに行動していました。キングハサンとまみえた際には、姿が見えず気配すら感じることができないキングハサンに対していち早く存在を認識し、それでいて絶対にかなわない相手だと見定められるほど武に対しての見極めが速い一面もあります。第六特異点での最終局面では玄奘三蔵の命と引き換えに正門突破を果たし、定礎修復が完了するまで戦い続けました。

アウトローな最速ガンマン 「ビリー・ザ・キッド」

真名:ビリー・ザ・キッド(CV:高乃麗)

身長:158cm

体重:49kg

性別:男性

ステータス 筋力:D 耐久:E 敏捷:B 魔力:E 幸運:B

クラス別能力 単独行動:B

保有スキル 騎乗:C+ 射撃:A++ クイックドロウ:A++ 心眼(偽):C

宝具:壊音の霹靂(サンダラー) ランク:C++ 種別:対人宝具

本名ウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニアといいアメリカ西部開拓時代の代表的なアウトローとして有名です。西部劇には必ずと言っていいほど登場し、12歳の時に自身の母親を侮辱した父親を刺殺したことからビリー・ザ・キッドのアウトロー人生は幕を開け、その後は物資警護などの保安的な仕事から牛泥棒や強盗殺人を繰り返していました。トラブルは笑顔で回避することが多く、周りの大人からも受け入れられていましたが、アウトローの運命なのか、リンカーン戦争という抗争に巻き込まれ、友人だった保安官のパット・ギャレットに逮捕されてしまいます。すぐに脱走するも、ビリーの姿を偶然見つけたギャレットに射殺されてしまいました。

Fate/Grand Orderではビリー・ザ・キッドの故郷でもあるアメリカが舞台になっている第五特異点に召喚され、ジェロニモとともに主人公たちの陣営に加わります。主人公陣営はメイヴ暗殺に向かうも予想外の事態に巻き込まれ、仲が良かったロビンフットを逃がすために自身がアルジュナの犠牲になり、倒されてしまいました。また、ビリー・ザ・キッドが使用しているコルトM1877は彼の宝具というわけではなく、彼が銃を使用するということ自体が宝具に匹敵するようで、彼のみが使用できるスキルといえます。

愛する人に会うために… 「トリスタン」

真名:トリスタン(CV:高乃麗)

身長:186cm

体重:78kg

性別:男性

ステータス 筋力:B 耐久:B 敏捷:A 魔力:B 幸運:E

クラス別能力 対魔力:B 単独行動:B

保有スキル 治癒の竪琴:C 祝福されぬ生誕:B 騎士王への諫言:B

宝具:痛哭の幻奏(フェイルノート) ランク:A 種別:対軍宝具

トリスタンはアーサー王伝説に登場する円卓の騎士の1人で、生まれてすぐに両親を亡くしてしまい、叔父であるマルク王の騎士として仕えていました。ある時トリスタンはイゾルデという女性と恋に落ちるのですが、そのイゾルデこそがマルク王が嫁に娶ることを誓った女性であり、トリスタンがイゾルデに好意を寄せていることを知った王によって結局宮廷を追い出されてしまいます。その後、トリスタンは戦地にて毒に侵され瀕死となってしまいました。

Fate/Grand Orderでは第六特異点にて獅子王に召喚され、反転のギフトを与えられたことで本来慈悲深かったトリスタンは、容赦なく人を殺し、自身を瀕死に追いやった毒に対しても耐性をもつなど非常に高い能力を得るのでした。トリスタンは最後まで獅子王の騎士であろうとし、地をはいずってでも相手を打ち取ろうともがき続けて山の翁に葬られたのです。

強いけれども女好き 「オリオン」

真名:オリオン/アルテミス(CV:神奈延年/沢城みゆき)

身長:165cm

体重:44kg

性別:男性/女性

ステータス 筋力:D 耐久:C 敏捷:B 魔力:A 幸運:A+

クラス別能力 対魔力:D 単独行動:A+

保有スキル 女神の寵愛:EX 移り気への楔:A+ 心眼(偽):B-

宝具:月女神の愛矢恋矢(トライスター・アモーレ・ミオ) ランク:A++ 種別:対人宝具

ギリシャ神話に登場する狩人であるオリオンは多くの女性と関係を持っていました、その中でも有名な話になっているのが月女神アルテミスとの恋物語です。星座で有名なオリオンですが、実はオリオンの英雄譚というのは特になく、神話においても女性関係の話ばかりなので、神というだけで英霊になったのではないかという見解もあります。オリオンの女性好きな性格を知っていた太陽神アポロンは、なんとかアルテミスが不幸にならないように別れさせようとするも失敗し、最終的にアルテミスを騙してオリオンの頭を射抜かせてしまいました。

そんなエピソードから、Fate/Grand Orderでは2人で1組にされています。デザインとしては人間の姿をしているのがアルテミスで、クマのような姿をしているのがオリオンです。実際にアーチャーとしての能力を得たのはアルテミスの方で、召喚時のアクシデントによりオリオンは何の能力も持たず、むしろ神だったころより弱体化してしまったため人間よりも弱い存在となっています。しかし、脳天に矢が刺さっても痛みだけで済んでいるなど何故か頑丈な体を得たのでした。

未来を作った天才発明家 「ニコラ・テスラ」

真名:ニコラ・テスラ(CV:稲田徹)

身長:190cm

体重:80kg

性別:男性

ステータス 筋力:D 耐久:C 敏捷:C 魔力:B 幸運:D

クラス別能力 対魔力:C 単独行動:B

保有スキル ガルバニズム:A 天賦の叡智:A 星の開拓者:EX

宝具:人類神話・雷電降臨(システム・ケラウノス) ランク:EX 種別:対城宝具

エジソンのライバルであり世界的発明家のニコラ・テスラは、現在の主な電力システムである交流電流技術を実用化に導き世界に光をもたらした星の開拓者です。もしもテスラがいなかったら、今の生活における電力システムはもっと遅れたものになっていたといわれているほどで、まさに人類の叡智であり孤高の天才といえるでしょう。テスラは交流電流、エジソンは直流電流を推していたため意見がぶつかることが多く、激しく対立するもナイアガラ瀑布発電所に交流陣営側のシステムを採用させることで制し、世界中に交流電流の配電網が張り巡らされていくことになったのです。

Fate/Grand Orderでは第四特異点のボスのような存在として暴走状態のまま召喚され、自身の放つゼウスのライデンによりロンドンに蔓延している魔霧を活性化させ、ロンドンを人理ごと消滅させようとしました。しかし、玉藻の前と坂田金時の力を借りた主人公により暴走を止めてもらい、そのことを借りと捉えたテスラは第五特異点の最終局面に現界し、魔神柱に対抗してくれます。

神に愛された弓の名手 「アルジュナ」

真名:アルジュナ(CV:島﨑信長)

身長:177cm

体重:72kg

性別:男性

ステータス 筋力:A 耐久:B 敏捷:B 魔力:B 幸運:A++

クラス別能力 対魔力:C 単独行動:A 神性:B

保有スキル 千里眼:C+ 授かりの英雄:A 魔力放出(炎):A

宝具:破壊神の手翳(パーシュパタ) ランク:A+→A++ 種別:対人宝具

インド最大の叙事詩である「マハーバーラタ」の中心となっている弓の名手のアルジュナは、生まれ持っての能力で多くの戦果を挙げ、「施しの英雄」と呼ばれた実の兄である多くの呪いを受けていたカルナを討ち取ったことから「授かりの英雄」と呼ばれています。アルジュナはカルナがパーンダヴァ五兄弟を宿敵と睨むドゥリーヨダナを父と仰いでいたために、昔からいつかカルナを殺さなければならないと決意していたのです。アルジュナはカルナが実の兄であることを最後まで知ることがなく、それでもすべてを愛していたアルジュナにとって近しい関係にあったカルナを討ち取らなければいけないというのは、生涯後悔する出来事となってしまいました。

Fate/Grand Orderでは第五特異点にて登場し、人類を守る側につこうとしていましたが、同じ陣営にカルナが召喚されていたため、万全の状態のカルナと一騎打ちで決着をつけたいという想いから、あえて人類を破壊する側に回り、戦闘を始めました。しかし、自陣の王に介入されたため決着をつけることができず、その後ナイチンゲールの説得の末、最終局面では主人公たちの陣営に援軍として駆けつけ、魔神柱の集合体を自身の消滅を引き換えにした渾身の一撃で滅ぼしたのです。

自由奔放なツンデレ女神 「イシュタル」

真名:アルジュナ(CV:植田佳奈)

身長:159cm

体重:57kg

性別:女性

ステータス 筋力:B 耐久:B 敏捷:B 魔力:EX 幸運:A

クラス別能力 対魔力:A 単独行動:A 女神の神核:B

保有スキル 美の顕現:EX→B 輝ける大王冠:A 魔力放出(宝石):A+

宝具:山脈震撼す明星の薪(アンガルタ・キガルシュ) ランク:A++ 種別:対山宝具

古代メソポタミア神話に登場する金星の女神であるイシュタルは、人々に繁栄をもたらしてくれる豊穣神である一方で戦と破壊を司る女神でもあるため、シュメル神話においてイシュタルが行った破壊的で残忍な行為は神々の王さえ恐れていました。「天の牡牛」という神獣をウルク市げ送り込んだ迷惑な女神でもあり、霊峰エビフ山を気に食わないという理由だけで死滅させる気まぐれさと恐ろしさがあったようです。

Fate/Grand Orderでは巨大な弓と派手な服装で召喚されましたが、これはイシュタルと最も波長が合う人間であるFateシリーズの遠坂凛を依り代にしたためで、本来の姿ではないようです。実際破壊的な性格は変わらないまでも遠坂凛を依り代としたことから人々に繁栄をもたらしてくれるという一面も介在しているらしく、主人公をからかい甲斐のある人間という評価から、戦闘を通じて行き先を見守るに足る、大切な契約者という評価に変わっていきました。

エミヤと対峙した時には、もちろん第5次聖杯戦争の記憶などあるわけもないので完全に初対面なのですが、エミヤは「一緒にいるとどうしてか世話を焼きたくなってしまう」と言い、イシュタルも「なぜか気になってしまう。そっけない態度だけれど実はいいやつなのかも」などといったように、互いを意識している様子が窺がえます。

FGOアーチャーグッズ

ストラップ

始めにお勧めするのはアーチャーのストラップです。ストラップはデフォルメされたキャラクターやFGOのゲーム中のデザインが採用されていることが多いので好きなキャラクターを存分に楽しむことができます。

フィギュア

現在のフィギュアでFGOオリジナルのサーバントはとして発売されているのは、マシュくらいではありますが、今後多くのキャラクターがリリースされるでしょう。

みなさんもアーチャーを使ってみませんか?

最近はFate/Grand Order内で期間限定イベントやメインストーリーの追加が多く、オリジナルのサーバントもどんどん登場されていっています。アーチャーはFateシリーズでも人気のクラスの1つなので今後の追加サーバーントにも追加していきましょう。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。