2017年1月よりスタート「うらら迷路帖」の内容とあらすじを少しだけ紹介‼︎さらに放送日も合わせてご紹介します!

今回は2017年1月より放送開始となっている「うらら迷路帖」の内容とそのあらすじ、さらに放送日や放送局などの詳細情報をまとめた記事となります。まだ「うらら迷路帖」をご存知ない方は是非こちらをご覧になって興味を持って頂ければ嬉しいと思っていますので、是非是非、最後までご覧になって行ってください!

目指せうらら‼︎ 2017年期待のアニメ「うらら迷路帖」の内容とあらすじ、そして放送日を一挙にご紹介します!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は2017年1月より放送開始となっている「うらら迷路帖」の内容とそのあらすじ、さらに放送日や放送局などの詳細情報をまとめた記事となります。まだ「うらら迷路帖」をご存知ない方は是非こちらをご覧になって興味を持って頂ければ嬉しいと思っていますので、是非是非、最後までご覧になって行ってください!

うらら迷路帖って何?

では、まずは「うらら迷路帖」知らない方に向けてどのような作品であるのかを詳細にまとめたいと思います。うらら迷路帖ってなんなの? と思われている方やアニメを視聴しようかどうか迷っている方は是非こちらをご覧になって頂ければと思います!

「うらら迷路帖」の基本データ!

うらら迷路帖とは、原作「はりかも先生」によるコミック作品です。芳文社「まんがタイムきららミラク」にて2014年度6月号より連載が開始され現在も絶賛連載中の人気漫画です。2016年12月現在で3巻までコミックが発売されています。基本形は4コマ漫画ベースとなっていますが、通常の漫画のような物語展開になっていると感じさせる内容であり、一般的な4コマ漫画とは少し違う雰囲気があります。

レーベルは「まんがタイムKRコミックス」で、アニメ化の発表は2016年3月に行われました。来年2017年冬期アニメ枠で放送開始なとります。連載から約2年でアニメ化にこぎつけた人気の一作と言ってもおかしくはありません。特に登場人物がとても魅力的であり、他の4コマ漫画と比べてもキャラクターの個性というものが極まっていると言ってもいいでしょう!

アニメ版の基本情報!

アニメに関しての情報です。原作はもちろんのこと「はりかも先生」、監督は「変態王子と笑わない猫。」や「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」などの監督を務めていた「鈴木洋平さん」です。ヘヴィーオブジェクトの演出・絵コンテやリトバスの演出・絵コンテなどにも携わっているほどの凄腕監督であり、今作「うらら迷路帖」で監督を務めてくださるということでかなりのクオリティが期待できます。

シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラデザはあの大塚舞さんです。シャフト出である大塚さん、「この美術部には問題がある」や「ストライクザブラッド」の作画監督や「とある魔術の禁書目録Ⅱ」「WORKING!!」などのOP原画を担当したこともある凄腕さんです!これはかなり期待ができますね!

アニメーション制作はあのJ.C.STAFFになっておりますので、クオリティは確実に良いと言ってもいいでしょう。J.C.STAFFのアニメーションはかなり滑らかで、特に女性キャラクターが可愛く描かれていることが私個人の意見です。なので今期の「うらら迷路帖」もバッチリと決めてくれることでしょう。過去作では数え切れないほどの大ヒットアニメを手がけていることもあり皆さんもよくご存知であると思われます。アニメーション制作に関しては文句なしと言っていいでしょうね!

音響は本山晢さん、制作はマジックカプセル、音楽制作は日音となっております。そうそうたるメンツが揃っていますので「うらら迷路帖」は最高に素晴らしい作品になることを期待しています!

「うらら迷路帖」の内容とあらすじ!

では、ここからは内容とあらすじを少しだけご紹介しようと思います。ネタバレが含んでしまうとアニメを楽しみにしている方に申し訳ないので、ネタバレしない程度にあらすじ、そして内容をご紹介しようと思います。まだどのようなものが知らないという方は是非チェックしてくださいね!

うららを目指す若き少女たちと占い師の桃源郷「迷路町」‼︎

今作の物語の基盤となっているのは「占い師」です。「うらら」と呼ばれる占い師になるべく、うららの桃源郷である「迷路町」で修行を行う若き少女たちの物語です。ほんのり落ち着く日常や、さらにギャグも頻繁に展開される内容、さらにはストーリー性もしっかりとしており、4コマ漫画とは思えないほどのクオリティと言ってもいいでしょう。メインのキャラクターは4人であり、本作主人公となる「千矢」をはじめ、「紺」「ノノ」「小梅」が共同生活を送りながら一人前の「うらら」になるべく修行をするという内容です。「うらら」とは占い師のことを指しています。なので修行中の彼女たちは「見習いうらら」という括りに属しているというわけですね!

今作の設定としてうらら、つまり占い師になる修行を行えるのは15歳という年齢にならなければならないというものがあります。したがって、今作の見習いうららとなる4人は全員15歳という設定です。全員が同じ日に旅立ち、そして迷路町で出会い、一緒に楽しく、また波乱万丈な毎日を送ることとなるのが基本的なストーリーです。

本作、メインヒロイン4人のプロフィール!

では、ここで本作のメインヒロインとなる4人の少女たちをご紹介しようと思います。本作で私自身が一番推している部分といえば、やはり「キャラがとにかく可愛い‼︎」ということです。ですので、ここでキャラクターの詳細を知って頂いて是非アニメを楽しんで頂ければと思います。

♡千矢(ちや)♡

本作主人公でもあるのがこの千矢ちゃんです。山暮らしの山育ちの田舎っ子であり、動物に好かれるという特性を持っていることから迷路町に足を踏み入れた時もすでに大行列を作るほど動物に懐かれている可愛いキャラクターです。年齢は15歳、身長は154㎝、勉強が苦手であり、もっぱら運動タイプの女の子。露出度がかなり高く、序盤からお腹を見せるシーンなどが多々あり、恥を知らないという難点も! お腹を見せる=謝るという認識。かなり動物ちっくな一面もあって可愛いですね‼︎髪の毛と母親をとても大切にしており、特に髪の毛を切ろうとすると極端に嫌がる性格でもあります。その長く白い紙がチャームポイントでもあり、ロングヘアー好きにはたまらないキャラクターです!

♡巽 紺(たつみ こん)♡

千矢の相方的存在の紺ちゃんは、名門茶屋である巽屋の一人娘であり、清楚で今作唯一と言ってもいいほどの常識を持っているキャラクターでもあります。とても真面目な性格であり、ツッコミ役がほとんどです。成績も抜群に優秀、さらに言葉遣いも名家育ちであるからか、しっかりと敬語が使える女の子です。大きなリボンがチャームポイントでもあり、黒い髪の毛がさらに和風的、さらには大和撫子的な雰囲気を醸し出しているキャラクターでもあります。身長は158㎝、誕生日は3月15日です。紺(こん)という名前でありながら油揚げが嫌いであり、みかんが大好物です。和風な大和撫子である紺ちゃんは今作一番の真面目ツッコミキャラとなっています‼︎

♡棗 ノノ(なつめ のの)♡

本作メインヒロインの一人であるノノちゃんは棗屋の娘。身長は156㎝、極度の人見知りです。人形が大好きで、マツコという名前の愛用人形を持っています。極度の人見知りであることから知らない人と話すことができず母親にすがりつく場面も! 今作ではかなりレアな金髪の少女であり、声優もあの佳村はるかさんですのでとても可愛いキャラクターになるというのが想像できますね‼︎ ノノには姉がおり、憧れの存在として敬っています。人見知りながらも九占塾ではクラス委員を務めることとなりてんやわんやの日々を送ることになる金髪美少女です!

♡雪見 小梅(ゆきみ こうめ)♡

今作問題児である小梅ちゃんは雪見財閥の令嬢です。完全なるお嬢様的発言が多く、今作では目立っている刺々しい言葉遣いのキャラクターです。ツンデレっぽい雰囲気を出していますが、ツンデレとは少し違う属性です。タロット占いが得意であり、かなりの西洋かぶれでもあります。チャームポイントは西洋風のファッション。身長は156㎝、血液型B型の変わり者キャラでもあります。序盤、千矢たちと出会う場面で怪しい物売りと間違われたほどズレたファッションセンスを持っていながらも、やはり可愛いキャラクターです‼︎

公式PVをここでチェックしよう!

上記が公式PVの第一弾となっております。またおそらく第二弾が発表されるとは思いますので今回はセリフなどは入っていませんが、OP曲が使われていますので是非チェックしてみて下さい!

気になる「うらら迷路帖」の放送日と放送局は!?

ではここで気になる放送日程と放送局、そして時間帯などを記載しようと思います。

2017年1月6日 TBS 1:58〜(木曜深夜)

2017年1月6日 CBC 2:54〜(木曜深夜)

2017年1月6日 サンテレビ 23:30〜

2017年1月8日 BS TBS(BS放送) 1:00〜

2017年1月16日 TBSチャンネル(CS放送) 1:00〜

放送局によって日程や時間帯が変わってきますので、ご注意ください。

「うらら迷路帖」是非ご覧になってください!

今作の中では筆者がオススメする一作となっています。特に「ごちうさ」や「きんモザ」などが好みである方であれば必ず面白いと思っていただける内容となっているはずですので、是非一度ご視聴頂ければ幸いです! 来期である2017年冬アニメはかなりの豊作期といってもいいほどに面白い作品が目白押しですが、その中でも「うらら迷路帖」は上位に組み込むほどの面白さであると思いますので是非ご視聴下さい‼︎


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。