守りたくなる笑顔♡『アイドルマスターシンデレラガールズ』島村卯月の魅力を紹介♪

アニメにゲームと、多方面で大人気の『アイドルマスターシンデレラガールズ』。数多くのキャラクターが登場する中、今回はメインヒロインである島村卯月をピックアップしてご紹介♪どこにでもいる普通の女の子として描かれていますが、『アイドルマスターシンデレラガールズ』においてどんな活躍をしているのでしょうか?島村卯月のプロフィールや名セリフなど、魅力に迫っていきます!

真面目で努力家!島村卯月の魅力に迫ります♪

【画像:ThinkStock

『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するメインヒロインの一人・島村卯月ですが、数多くのキャラクターが登場する作品の中で、代名詞的な存在となっています。目立つ個性は少ないですが、真面目で頑張るその姿に感化され、応援しているファンは数多くいます。

今回はそんな島村卯月のプロフィールや性格、名セリフ、アイドルとしてどのように活躍しているのかなど、彼女の魅力に迫っていきたいと思います♪これまで他のキャラクターを推してきた人も、この記事を読んだことをきっかけに「卯月ファン」となってもらえれば幸いです!

島村卯月のプロフィール!身長・学年・年齢・誕生日は?

  • 年齢:17歳
  • 学年:高校2年生
  • 誕生日:4月24日
  • 身長:159cm
  • スリーサイズ:B83・W59→58・H87

島村卯月はシンデレラプロジェクトに再選考で合格した高校2年生の女の子で、誕生日が4月24日生まれ、年齢が17歳となっています。身長は159cm、そしてスリーサイズがB83・W59・H87。特訓を経てウエストサイズは58になります。

TVアニメでは渋谷凛・本田未央と仲良くなっており、その中で唯一養成所に通って熱心にレッスンに取り組んでいました。シンデレラプロジェクトに参加するまでは数多くのオーディションを受けていましたが、いずれも結果が振るわず落選する毎日。他のアイドルとは目立った部分が少ないですが、決して挫けない明るい笑顔が何よりの魅力と言えます。

実際にTV2ndシーズンでは、シンデレラプロジェクトのメンバーが新しい活躍の場を見出している一方で、島村卯月だけは何も可能性を見いだせずにいたため、精神的に追い詰められた時がありました。そんな時に仲間である渋谷凛と本田未央の叱責から立ち直り、小日向美穂と五十嵐響子と「ピンクチェックスクール」を結成するなど、再びアイドルとして輝くようになります。

島村卯月の趣味!どんな性格をしてるの?

島村卯月の趣味は友達と電話をすることで、長電話になってしまうことが多くなるようです。養成所時代にはアイドルとして巣立ちした友人もいれば諦めて辞めていった人もいますが、友人やトレーナーからの励ましで憧れのアイドルになれたのでしょう。

性格について、プロデューサーが警察に捕まった時には110番に電話をしそうになったり、アイドルフェスを終えた時にもらったファンレターを見て「アイドルみたい!」と発言した様子から、本田未央からは「天然ボケ」と分析されます。またアニメから、養成所のロッカーや部屋が散らかっている様子が描かれており、整理整頓が苦手な部分も窺えます。

どんなことがあっても決してアイドルになることを諦めなかった島村卯月ですが、やはり他のアイドルと比べてしまうと個性は少ない女の子です。おみくじでは17年間「吉」しか引いたことがなく、運勢からも非凡さがにじみ出ていますね。それでも「頑張りますっ!」といって、目標や壁に向かって立ち向かう姿は、誰もが拳を握りしめて応援してしまうのではないでしょうか?

アイドル・島村卯月の姿とは?

シンデレラプロジェクト以外にも、島村卯月は他のメンバーとユニットを結成して活躍しています。また外部展開である他作品とのコラボ企画では『アイドルマスターシンデレラガールズ』の代表キャラクターとして扱われており、作品の代名詞的存在に。

さらにインタビュー企画などではファンに向けたメッセージなどでテンパってしまうなど、可愛らしい一面もあります。そんな卯月が関わってきた活動を一挙に見ていきましょう♪

「new generations」での島村卯月

  • できたてEvo! Revo! Generation!
  • 流れ星キセキ

「new generations」は同じシンデレラプロジェクトのメンバーである渋谷凛・本田未央の3人で結成されたユニットで、そのリーダー的存在として活躍しています。ユニットとして初めて活動したミニライブや、アニメ本編最終話でもパフォーマンスを披露するなど、他のユニットよりも大きく活躍している姿が印象的♪

曲は初めてリリースしたのは「できたてEvo! Revo! Generation!」。その次に「流れ星キセキ」という曲を出しています。シンデレラプロジェクト内で結成されたユニットの中では唯一2枚のCDを出しているため、彼女たちの曲を聞いたことがある人もいるでしょう。

「ピンクチェックスクール」での島村卯月

アニメ最終話となる25話では、エンディングで小日向美穂・五十嵐響子の3人で「ピンクチェックスクール」というユニットを結成したことが描かれています。ユニット名から想像できる通り、衣装はピンクチェックを基調とし、曲の「ラブレター」も女の子の密かな恋心を描くなど、とても可愛らしさを前面に押し出しているユニット。

その後の様子は描かれていませんが、スマホゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』ではイベント楽曲「ラブレター」で、3人の活躍を垣間見ることができます。その他にもソーシャルゲーム版では、ノーマルの島村卯月の特訓後のイラストで、「ピンクチェックスクール」の衣装が登場していますよ。

その他のユニットや活動

スマホゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』では、コラボ楽曲がいくつか発表されており、その第1弾として渋谷凛・本田未央・大槻唯・上条春菜の5人で「Snow Wings」という曲を歌っています。またニュージェネ3人と神谷奈緒・北条加蓮の2人を加えたメンバーで「STORY」も発表されていますね♪

さらにラジオ『デレラジ☆』から誕生したニュージェネ3人+城ヶ崎美嘉・多田李衣菜の5人では「Treasure☆」という曲を発表。コラボ企画の際には『アイドルマスターシンデレラガールズ』の顔として活躍している島村卯月ですが、これからも様々な場面でその活躍を目撃したいですね♪

押さえておきたい島村卯月の名セリフ!

頑張ります!

島村卯月の代表的な名セリフであり、彼女らしさが表れている言葉でもあります。アニメ第1話ではシンデレラプロジェクトが指導するまで待機することになりますが、プロデューサーから毎日「レッスンをお願いします」と言われても、言葉通りに忠実に実行するほど。

笑うなんて誰でもできるもん

アニメ23話で残した言葉ですが、20話あたりから少しづつ追い詰められていく島村卯月が、他のメンバーとの差を感じて距離を置くように。そんな時に凛と未央が説得しにいきますが、二人に対して本音を漏らすのでした。何もとりえのない自分に対する焦りや可能性を見いだせない卯月の心情が良く分かる一言ではないでしょうか?

島村卯月の声を担当している声優は?

島村卯月の声を担当しているのは大橋彩香さん。2011年にホリプロ主催のスカウトキャラバンの声優部門で最終選考まで残り、2012年にそのままホリプロに所属。この時に同じファイナリストだった田所あずさ・木戸衣吹・山崎エリイ・Machicoらとは、定期的にアニソン・ゲームソングカバーイベント「Anison Ichiban!」に出演しており、仲の良さが窺えます。

また特技にドラムを挙げており、2017年からTVアニメ放送が決定した『BanG Dream!』ではドラムを叩くキャラクターを担当。ライブイベントでは出演声優が実際に演奏するパフォーマンスを採用しているため、特技のドラムを活かしてイベントを盛り上げています。

大橋彩香さんの代表作

  • エウレカセブンAO:フレア・ブラン
  • さばげぶっ!:園川モモカ
  • BanG Dream!:山吹沙綾

平凡だけど何事にも一生懸命!島村卯月の笑顔で癒されよう♪

『アイドルマスターシンデレラガールズ』の島村卯月は、ソーシャルゲーム版においてメインヒロインであるにも関わらず、不憫な扱いを受けてきたという過去がありました。アニメでは表情豊かな島村卯月を見ることができ、アイドルに対する様々な思いや気持ちが描かれており、自然と彼女の笑顔に癒されてしまうのではないでしょうか?

ごく普通の女の子ですがアイドルへの気持ちは強く、ただひたむきにレッスンを積み重ねて夢を勝ち取る島村卯月の姿は必見と言えるでしょう!これまでゲームでのみ島村卯月を見ていた人は、ぜひアニメ版での島村卯月も見て欲しいですね♪天使のような笑顔に引き込まれてしまうこと間違いなしです!

アイドルマスターシンデレラガールズの他の記事はコチラ♪


【文:光明】
編集ライターとして某出版社に勤務した経歴があり、現在はアニマガジンのライターとして活動中。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。最近は2017年に開催される「スクフェス全国大会2017」に向けて、スクフェスACと同時並行で日々シャンシャン中。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。