今話題の二人!「名探偵コナン」の赤井秀一と安室透の関係を解説、考察してみた!

もうすぐ連載1000回を迎える「名探偵コナン」劇場最新作の情報も公開となり、来年も名探偵コナンブーム続きそうですね!今回はその人気の火付け役となった赤井秀一と安室透の関係について、筆者の考察を踏まえて紹介したいと思います。安室と赤井、因縁の二人の関係とは…?グッズ情報などもまとめて紹介します。

赤井秀一と安室透、今「名探偵コナン」はこの二人がアツい!

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのさいです。

先日12月9日(金)に放送された「名探偵コナン エピソード〝ONE″小さくなった名探偵」は、みなさんご覧になりましたか?原作者の青山先生前面監修ということで、かなり高クオリティな出来栄えとなっていました。

本編はもちろん、劇場版最新作「から紅の恋歌(ラブレター)」の映像も初公開されたりと、まさに見所満載といった感じでしたね。私のTwitterのタイムラインも、コナン一色になっておりビックリしました。最近めっきり冷え込んできましたが、相変わらず「名探偵コナン」のブームが冷める気配はまったくありません!

さて、ここ最近コナン関連の記事をたくさんあげているんですが、今回はキャラクター二人の関係性について、詳しく掘り下げていこうと思います。その二人は、最近何かと話題の渦中にいる赤井秀一と安室透です。

二人のキャラクターや登場するエピソードについて詳しくはこちら(名探偵コナンで最近話題のキャラクター、赤井秀一と安室透を徹底解剖! )で掘り下げているので、今回は関係性に焦点を当てて二人について語っていきます。因縁の二人という印象があるかもしれませんが、そもそもその因縁とは?そもそも両者はいつ出会っていたのか?

最近「名探偵コナン」にハマったという人でも、この記事を読めばバッチリ!原作やアニメのエピソード、二人のグッズ情報なども踏まえてご紹介していきます。

赤井秀一と安室透、因縁の二人の関係は?

安室の登場と明かされる関係性

長い歴史がある「名探偵コナン」シリーズでは、割合最近登場したキャラクターである安室透。探偵を名乗り喫茶店・ポアロでバイトをしながら、毛利小五郎の弟子としてストーリーに関わることが多くなっていきます。登場当初から何者?と怪しまれていた安室ですが…その正体は黒の組織の一員である「バーボン」

組織から抜けたシェリーの行方を追うために小五郎やコナンたちにも近づいた…と思われていましたが、実はその真の目的は赤井秀一の死の真相を探ること。FBIの仲間すら死んだと思っていた赤井秀一を、安室透は信じずに独自でその行方を調査していたのです。皮肉なことにそこにあるのは、安室の赤井に対する強い憎しみなわけなんですけども…。

因縁のはじまり

この二人の関係の始まりは、過去…黒の組織に赤井が潜入捜査していたころに遡ります。二人は赤井が組織に潜入していた時から折り合いが悪く、ライバル関係にあったと語られています。赤井の正体がFBIのスパイと露見した後も、安室は組織の人間に赤井を殺せるのは自分だけだと話していたとのこと。

ライ(赤井)とバーボン(安室)、そしてスコッチと呼ばれる男と共に、スリーマンセルで行動していたような描写が本編にはありました。二人がただのライバルから、安室が赤井に殺意を抱くようになった経緯には、このスコッチが深くかかわっています。

憎しみと執着へ

独自の調査で赤井が沖矢昴ということを見抜き、さらにその身を組織に引き渡そうとしたり、その件が失敗した後も彼を「殺したいほど憎い男」と称して正体を暴く機会を伺っているなど、赤井に対して並々ならぬ憎しみと執着を抱いている安室透。

※ちなみに赤井の正体を暴く過程で、逆に安室が公安警察所属であり、組織にはスパイとして潜入していることが明かされてしまいます。

赤井の正体は沖矢だと依然疑っているようですが、現在は膠着状態のようになっている二人ですが、そもそもなぜ安室は、赤井にここまで強い憎しみを抱いているのでしょうか。

その理由は、軽く前述しましたが組織時代に彼らと行動を共にしてきた「スコッチ」という男が関係しています。実はこのスコッチは、安室と同じく公安警察のスパイとして組織に潜入していました。

しかしその潜入捜査の最中、スコッチはスパイということが組織にバレてしまいます。その彼を殺害した人物こそが赤井秀一。その現場を目撃した安室は、その件で赤井を恨んでいる…と思われていました。

最新コミックスで判明した本当のスコッチの死因は、実は自殺。そしてそのことには安室透も気が付いていました。ではなぜ安室が赤井を憎んでいるのか…それは高い能力をもちながら、スコッチを見捨てて自殺という道を選ばせたということが理由のようです。

赤井と安室の関係に関する疑問点、考察

ここからは個人的に、この二人の関係で疑問に思っていることや、考察を書き連ねていきたいと思います。あくまで筆者個人の見解なので、あしからずご了承ください。

赤井の嘘の理由は

当初スコッチは、赤井が殺したというような描写が本編でされていました。というより赤井本人が「拳銃で心臓をぶち抜いてやった」と安室に言っているんですよね。この描写から、読者は「赤井が過程はどうあれスコッチを殺したため、安室は赤井のことを恨んでいる」のだと思っていました。

【画像:筆者私物】

しかし実際には、スコッチの死因は「自殺」でした。

ここでまず疑問なのが、なぜ赤井はわざわざ安室に嘘をついたのか?ということです。スコッチは安室が階段を駆け上がってくる足音を聞いて自殺した(間接的とはいえ安室が殺したような形に)ため、そのことを悟らせないため…という理由が一番自然なんですが、この嘘による赤井秀一にとってのメリットは?と考えるとわからないんですよね。

何故赤井はスコッチの件を詫びたのか

緋色シリーズで赤井が言った「彼のことは悪かった」という言葉ですね。上記と被るんですが、この一件に関して赤井にはそこまで大きな過失はなかったように思えます。スパイだとバレたのはスコッチ自身の過失、むしろ赤井は自分の身分を彼に明かし、逃がそうとさえしていました。

足音を聞いて早まったのもスコッチ、そしてそのような状況にあるとわかっていながら派手に足音を立てて駆け上がってきた安室の過失…と思うんですが、赤井は安室に謝罪を口にしています(安室はこれに対してめっちゃ怒ってましたけど)

しいて言えば拳銃をスコッチに取られてしまったことだと思いますが、そこまで赤井が責任を感じる理由、敢えて悪役になろうとする理由とはなんなのでしょうか。

安室の怒りの理由

全部スコッチ関連になってしまった…ですがこれも個人的には気になるところ。というのも、安室はスコッチが自殺だということは見抜いています。ただその裏にある赤井が彼を逃がそうとしていたということまではわからずに「あれほどの実力がありながらスコッチを見捨てた」と赤井のことを恨んでいるんですね。

ただこの件、どう考えても安室の怒りが腑に落ちないんですよね…同じ公安のスパイであるならもちろん、赤井はFBIという国すら異なる組織に属しているので、そもそもスコッチを助ける義理はないんです(それでも赤井は助けようとしていましたが)

安室であればそのことも理解できているはずなんですが…赤井とかつてライバル関係だったということを差し置いても、なぜ「殺したいほど憎い」とまで言わしめているのかが謎です。

ただしコミックスにあった相関図には、二人が「親友」であったことが記載されています。これを公式見解とするのであれば、赤井を恨むのは筋違いだとわかっていながらも、安室は怒りを抑えることができないのかもしれません。

赤井秀一と安室透のグッズ

映画「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の上映以来、大人気となっている赤井秀一と安室透。「名探偵コナン」のグッズは今まであまり豊富ではなかったんですが、ここ最近増えてきています。細心のグッズから人気のグッズまで、まとめて紹介します。

赤井秀一と安室透にはまだまだ謎が多い!

「名探偵コナン」の赤井秀一と安室透、二人の因縁の発端や謎を、考察を含めて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。原作の「名探偵コナン」は、もうすぐ連載開始から1000回という大きな節目を迎えます。このタイミングで、そろそろ「赤と黒のクラッシュ」のような組織関連の大きなシリーズが来るのではないかと、ファンの間では噂されていますが…どうなるのでしょうか。

アニメも原作も盛り上がりを見せている「名探偵コナン」から、今後も目が離せそうにありませんね。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。名探偵コナンの突然のグッズ供給に財布が追い付かない日々。

名探偵コナンの関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。