2017年1月放送開始「幼女戦記」の内容とあらすじを少しだけ紹介!さらに放送日もご紹介します!

今回は「幼女戦記」という原作ラノベのアニメ化情報をお伝えする記事となります。内容とあらすじを少しだけ、そして放送日と放送局も記事後半にてご紹介しますので、是非最後までご覧いただければと思います。今作「幼女戦記」はかなりハードな内容となっておりますが、その内容とは如何に!?

このライトノベルがすごい!5位の「幼女戦記」が遂に来年1月に放送開始! 気になる内容とあらすじ、そして放送日を合わせてご紹介!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「幼女戦記」という原作ラノベのアニメ化情報をお伝えする記事となります。内容とあらすじを少しだけ、そして放送日と放送局も記事後半にてご紹介しますので、是非最後までご覧いただければと思います。今作「幼女戦記」はかなりハードな内容となっておりますが、その内容とは如何に!?

「幼女戦記」って何?

ではまずは幼女戦記を知らない方に向けて、幼女戦記とは何か、基本的なことから記載していこうと思います。ここで色々と内容を知って頂いて是非アニメをご視聴頂ければと思いますので、是非最後までご覧ください!

幼女戦記の詳細データ!

原作はライトノベルであり、カルロ・ゼン先生が執筆。ウェブ小説投稿サイトである「Arcadia」にて2011年度から連載が開始され、2013年にKADOKAWAにて書籍化されたさくひんになります。レーベルはエンターブレインであり、ジャンルは戦記ファンタジーとなっております。リアル戦争モノというイメージが強いですが、ファンタジー要素が多く詰め込まれています。また、月刊コンプエースにて2016年6月からコミック版が連載されています。そちらも要チェックですね! 原作は現在6巻まで刊行されおり、今回のアニメ化はどのあたりまでアニメ化されるのかが気になるところです。

アニメ制作はNUT、監督は上村泰さん、シリーズ構成・脚本は猪原健太さんであり、キャラデザは猪原健太さんが務めております。かなりのメンツというのがわかりますが、実際アニメで見て判断したいというファンが多いのも事実でしょう。あの内容をどれだけアニメで再現できるのかが期待されています!

アニメーションで戦記ファンタジーは数少なく、今作「幼女戦記」はかなりレアな立ち位置となりそうであると言ってもいいでしょう。さらに今後の評価は1話次第ということで、どのようなアニメになっているのか、かなり気になるところですね!

「幼女戦記」のあらすじと内容を少しだけ紹介!

では、内容とあらすじを少しだけ紹介したいと思います。アニメを楽しみにしている方もいるとは思いますので、できるだけネタバレなしで行いたいと思いますが、少しはネタバレ等含まれてしまう可能性がありますのであらかじめご了承下さい

幼い幼女 前世と現世

戦場に立つのは幼い幼女。金髪に碧い瞳、真っ白な透き通る肌に軍服、そんな幼女が空を飛ぶ。そんなファンタジー全開の物語ですが、中身はそんな生易しいものではありません。容赦なく敵を撃ち落とすさまはまるで悪魔のようであり、さらに敵を殺すことに躊躇が全くないことでも知られているこの幼女の名前はターニャ・デグレチャフ

効率至上主義であり、出世至上主義者の個人主義者であるのがこの幼女の特徴です。前世はサラリーマンであり、人事部にいた経緯があり、その時から容赦なく使えないものを切り捨てるという残虐さ、そしてそのことに対して躊躇がないということ。そんな人間がリストラを受けたかつての部下に殺され、そしてそんなあまりにもひどい性格から自称神と呼ばれるXによって異世界に転生させられることが全ての始まりです。

とても合理的な思考の持ち主であり、残虐で、しかし柔軟な考えも持ち合わせていながら時にリスクを恐れず決断力をも持つ不思議な存在であるのがこのヒロインであるターニャです。転生される前は超がつくほどの軍ヲタであったらしいので軍事的なことにはかなり情報を持っていると見てもいいでしょう。

しかしながら、そんな普通の前世、つまり人間のサラリーマンとして生きてきたにも関わらず、初陣で敵を撃つことに一切の躊躇ないことが危険視されるほどであり、前世から頭一つ飛び抜けた何かを持っているということが窺えます。

そんなターニャですが、物語序盤「なんで、私はこんなところで戦争をしているんだろう」というセリフがありますが、とても深い意味を持つように思えます。

転生先の世界で帝国軍の魔導士となりますが、そんな帝国の魔導士の中でも時を重ねるごとに危険視されていく様子が切に描かれている作品となっています。出世のために上官に対して的確な発言、行動をしますが、たまに自分の言動が周囲にどれだけの影響を及ぼしているのかわかっていないような疎さというものもみうけられる一風変わったキャラクターです。

戦争ものであり戦記ものであり しかし戦いメインではない物語構成

この幼女戦記という作品は一見戦争もので戦いがメインかと思われますが実はそうでもないのが実態です。面白い戦術面、参謀本部などがメインで登場します。現にメインのキャラクターが参謀系統の士官が多く登場し、戦闘メインの戦記物ではないというのが正直なところでしょう。深くは語りませんが、それでも面白いのが、やはり「幼女」という部分、そして「前世がエリートサラリーマン」という部分でしょう。

彼女が物語上でどのようなことを行い、そしてどのような物語を作っていくのか、そこがとても楽しみである作品であると言えるでしょう。一言で表すことができない作品でもあり、とても奥の深い物語であるとも言えます。戦記物は過去を見ても少ない上にこれをアニメ化するのか!? という意見も多く、それだけ内容が凄い!という意味でもあります。

原作を読んでいる方ならご存知ではありますが、結構内容は濃いものとなっています。濃いというよりは深いと言って方がいいかもしれません。奥深く、そしてターニャという人物像がとても魅力的な物語とも言えるでしょう。是非みなさんにはご覧になって頂きたいと思います。

気になる「幼女戦記」の放送日と放送局は?

では気になる放送日程と放送局の情報を記載しようと思います。時間帯や日にちが局によって違いますのでご注意ください。

2017年1月6日 AT-X 22:00〜

2017年1月7日 TOKYO MX 1:05〜

2017年1月8日 KBS京都 23:30〜

2017年1月9日 サンテレビ 1:00〜

       テレビ愛知 2:05〜

2017年1月10日 BS11 0:30〜

となっております。おおくの放送局で放送されますので、是非ご覧になってください!

2017年冬アニメ「幼女戦記」是非、ご覧下さい!

来期期待のアニメです。内容は筆者がかなりオススメしているものですので、是非1話からご覧になって頂ければと思います。キャラクター、内容、そしてアニメーション全てのクオリティが高いものとなっています。過去の戦記物の作品の中でも群を抜くほどの面白さであると予想しています。あくまでも個人的な予想ですので保証はできませんが、絶対にオススメしたい2017年冬アニメの一作です! 原作を読んでいる方はもちろん、読んでいない方でもかなり面白いと思えるだけの内容になっているはずですので、1話だけでもまずはご視聴頂きたいと思っています。「幼女」というテーマが中々ないものであり、それに戦記が加わればその内容は未知数と言ってもいいでしょう。原作に忠実であればかなりコアな内容にはなりますが、来期私が激推ししたい一作です! 是非是非みなさんにはご覧になってほしいと思いますので「幼女戦記」、是非ご覧になって下さい!


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!現在の執筆記事「オカルティックナイン」「終末のイゼッタ」「アイドルメモリーズ」などのリアルタイム記事なども書いておりますので、そちらもご覧頂ければと思います。

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。