劇場版艦これネタバレ!内容や感想を紹介します(ネタバレ注意)

2016年11月より公開中の「劇場版艦これ」、映画を視聴しての感想を紹介します。 「劇場版艦これ」の内容やあらすじ、活躍したキャラクター、グッズなども紹介、ネタバレが多数含まれるので注意してください。 劇場版ならではな大画面で動き回る艦娘たち、是非記事をチェックしてください!

劇場版艦これを見てきました

【画像:筆者私物】

アニマガジンライターの如月です、「劇場版艦これ」を先日視聴してきました

4周目の来場者特典、「劇場版艦これ」フィルムコマを無事ゲット、劇場版を見ていない人には誰かわからないフィルムですが、これは深海棲艦化した如月、私の名前と同じ艦娘(深海棲艦化)が当たって運命めいたものを感じていたり。

今回は「劇場版艦これ」の内容や筆者の個人的な感想、ツイッター上の感想などを紹介、グッズ情報もありますよ!

盛大にネタバレをしていくので、ネタバレが嫌いな人は注意してください。

「劇場版艦これ」のテーマ「帰還」

「劇場版艦これ」のテーマ曲、西沢幸奏さんが歌う「帰還」。

壮大で「劇場版艦これ」のラストを締めくくるにふさわしい曲でした、そしてこの「帰還」、「劇場版艦これ」全編で貫き通されるメインテーマだと感じました。

まずはアニメ版で轟沈したはずの如月がまさかの帰還、演出的にはゲームのドロップ的なイメージを表していたのでしょう。

殲滅した敵の中央から眠ったような如月が姿を表しました。

そしてもう一つの帰還、それは吹雪。

舞台となるショートランド泊地はアイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)の近く、アイアンボトム・サウンドは太平洋戦争で日本、アメリカ問わず多くの艦たちが沈んだ激戦地。

今も海底には多くの艦たちの鋼鉄の残骸が沈んでいることから、アイアンボトム・サウンドと名付けられています。

そして「劇場版艦これ」の主人公吹雪の実艦、特型駆逐艦「吹雪」は1942年10月11日にここアイアンボトム・サウンドで沈みました。

艦娘としてアイアンボトム・サウンドへ吹雪が帰還したことで、物語が動き出します。

艦娘と深海棲艦(劇場版設定)

今回艦娘と深海棲艦について深い描写がありました、おそらく公式が絡んだ作品やイベントでここまで言及されるのは初めてかもという内容です。

艦娘には深海棲艦時代の記憶を持つ者がいる、正規空母「加賀」がその人。

「加賀」は深海棲艦として艦娘たちと戦った記憶が残っており、言葉に出来ないほどの苦しみを背負っている、何故そんな記憶があるのか?

その理由は、艦娘に沈められた深海棲艦が艦娘として生まれ変わるのが原因、そして逆に深海棲艦に沈められた艦娘は深海棲艦になると。

つまり、お互い沈めあう現状は終わりのない堂々巡りの戦い、何の意味もない戦いではないのかと吹雪をはじめ艦娘たちが加賀へ疑問のような、怒りのような感情をぶつけます。

それに対する加賀の回答、「自分たちが沈まずに、深海棲艦を全部沈めるのが目指すべき勝利」。

非常に難しい、本当に難しい勝利条件ですね、しかしそれ以外に道が見えないのも事実。

つまり、出撃したら確実に「帰還」しなくてはならない、艦娘たちに課せられた重くてそして大事な任務です。

そして、沈んで深海棲艦化しないで戻ってきた如月、戻ってきた如月はどんな存在なのでしょうか。

ここまであいまいだった設定に踏み込んだ「劇場版艦これ」、しかしこれはあくまでも劇場版の設定、公式にはあいまいなままなのでしょう。

それが「艦これ」の一つの魅力であり、メディアミックスごとに設定が産まれるのは今後も同様という気がします。

メディアミックスどころか、プレイヤーそれぞれがあいまいな設定を自分なりに補完してプレイする、「艦これ」の魅力の1つだと私は思います。

キャラクターたちの活躍が魅力的

ゲーム版「艦これ」には多数のキャラクターが登場します、アニメ版には登場しなかった艦娘も劇場版では新登場!

とはいえ、まだまだ登場していないキャラクター達もたくさんいますが。

ここでは劇場版で特に目立った活躍を見せたキャラクター達を紹介します。

吹雪

「劇場版艦これ」の主人公吹雪、もちろん劇場版でも大活躍。

今回の事件、アイアン・ボトムサウンドの異変は吹雪がここへ来たせい、もちろん吹雪が意識したわけではありませんが(もしかすると運命的なもので引き寄せられた可能性はあり)。

アイアン・ボトムサウンド周辺に響く謎の声、そして海が赤くなり艦娘たちの艤装を傷つける元凶、その中心点は過去に特型駆逐艦「吹雪」が沈んだ地点。

世界を震撼させた特型駆逐艦として戦争での活躍を期待された吹雪型駆逐艦1番艦「吹雪」、ほとんど活躍できずアイアンボトム・サウンドで沈没します。

(注:史実で吹雪は実際それほど活躍できませんでしたが、綾波をはじめ特型駆逐艦は活躍した艦も多いです)

その無念の思いが非常に強かった吹雪、海上へ戻って活躍したい、もっとみんなを守りたい、そんな思いから艦娘「吹雪」が産まれ本体と分離して自由を得ました。

その代償として残された駆逐艦「吹雪」、無念の思いだけを残されて日の当たらない海の底で怨恨だけを募らせていきます。

吹雪の決着

アイアンボトム・サウンドの異変の中心点になんとかたどり着いた艦娘「吹雪」、海の底へ引きづりこまれもう一人の自分、深海棲艦化した「吹雪」と出会います。

艦娘「吹雪」にとってこれは、ある意味での「帰還」、本来自分がいる場所へと帰ってきました。

艦娘「吹雪」に怨嗟の言葉を投げつけ、そしてあなたも海の底に戻りたかったのと言葉をかける深海棲艦「吹雪」、艦娘「吹雪」を取り込もうとします。

しかし艦娘「吹雪」が産まれたときの思い、自分が艦娘たちの希望なんだという思いがそれを打ち破ります。

深海棲艦「吹雪」を倒すではなく、受け入れる「吹雪」、分離していた2つの精神が1つとなり深海棲艦「吹雪」の怨嗟も含めて受け入れた「吹雪」、それにより異変が解決。

海上で暴れていた深海棲艦もその影響で灰のように消えていきます。

この深海棲艦たちは、深海棲艦「吹雪」の強い怨嗟が産んだものだったのでしょうか。

1つになった「吹雪」はショートランド泊地に無事「帰還」、アニメ、劇場版と続いた吹雪編はこれで終了となります。

もしかすると艦娘、そして深海棲艦、それぞれが産まれたきっかけ、それが特型駆逐艦「吹雪」の無念の思いだったのでしょうか。

もちろんこの解決だけで世界中の深海棲艦が消えるわけではないでしょう、それでもこれが平和へ向けての最初の足掛かりとなりそうです。

睦月・如月

睦月型駆逐艦1番艦「睦月」、2番艦「如月」、「劇場版艦これ」のもう一つの話の中心です。

アニメ版で轟沈した如月が発見されたことを喜ぶ睦月、如月は記憶の混濁がありますが(睦月は覚えているが吹雪、夕立のことを忘れている)命に別状はない模様。

泣いて喜ぶ睦月、しかし如月には今までにはなかった痣が。

如月について危惧をする秘書艦長門、そして自らが深海棲艦時代の記憶を持つ加賀。

2人の見解としては如月はこのまま深海棲艦化する、そしてそれを救うには深海棲艦となった如月を艦娘の力で沈めなくてはいけない。

そんな残酷な話を受け入れられない睦月、必死に如月の面倒をみます。

しかし如月の深海棲艦化が止まらない、無意識で基地を砲撃する、頭部には角が生えてくるなど。

最終決戦に向けて出撃する睦月、如月には絶対「帰還」すると約束をして。

睦月のピンチに駆けつける如月、そして

激戦の中睦月が深海棲艦の攻撃で大ピンチ、あわや轟沈かという場面で味方がいないはずの後方から砲撃が!

完全に深海棲艦となった如月が睦月を救います、身体的には深海棲艦となった如月、しかしどうしても睦月と戦いたくはないという理性は失っていませんでした。

深海棲艦となった如月を拒絶するわけもない睦月、「如月ちゃんは如月ちゃんだよ!」。

しかし最期の時が来ます、吹雪が深海棲艦「吹雪」を受け入れた時、深海棲艦「如月」も最期の時を迎えます。

必ずまた如月ちゃんを見つけると伝える睦月、そして如月もいつかお話の続きをお願いねと伝えます、そして深海棲艦「如月」が消滅。

アニメ版では理由もなく沈められたと不評が多かった如月、劇場版ではこのストーリーに決着をつけるという意思が見えました。

帰還

如月ファンには劇場版の描写もとてもきついものがあるかもしれません、それでも最後は救いがありますので安心してください。

時は過ぎおそらく以前の鎮守府へと戻った吹雪や睦月、吹雪を見送った睦月が向かった丘に立つ見覚えのあるシルエット。

睦月を待っていたのは艦娘「如月」、深海棲艦「如月」の消滅をきっかけとして改めて艦娘「如月」として生を受けたのでしょう。

このエピソードはスタッフロールの後にあります、エンディングだと思って席を立たないようにしましょう!

夕立

アニメ「艦これ」駆逐艦トリオの1人夕立、もちろん活躍をします!

夕立の活躍シーンはなんといっても戦闘シーン、ソロモンの悪夢として駆逐艦単艦で突入、多くの深海棲艦を倒しました。

まさに狂犬と言える活躍、異常な戦闘力を見せつけました。

普段のマイペースな姿とのギャップが魅力的ですね。

ストーリー的に大きくかかわったわけではないですが、それぞれ思い運命を背負った吹雪や睦月と一緒に行動して支えるパートナーという役割でしたね。

大和

大和は1人悩む吹雪に声をかけて話を聞いてあげる、吹雪のいいお姉さんという役割を果たしてました。

そして真骨頂はやはり戦闘シーン、その大火力で敵の主力を薙ぎ払い、そしてその耐久力で味方をかばう。

攻撃が集中して大破状態にもかかわらず、大和型1番艦としての矜持を失わず最後まで吹雪を支え道を作った大和、まさに日本が誇る超弩級戦艦といった大活躍でした。

大和が吠えるシーンは心強く、そして身が震える思いがしました。

長門

提督が北方海域を指揮しているため、という理由で秘書艦長門が提督の代わりにすべて指揮、もう提督なんていらないという大活躍でした。

長門をはじめ、陸奥、大淀、金剛、赤城、加賀といった司令部の中枢メンバー、その指揮は艦娘たちにも信頼されているのでしょう、見事に統率されていました。

戦闘シーンの見せ場は大和に持っていかれていましたが、軍を支える重要なポジションで目立っていましたね。

比叡

キャラが濃い金剛型4姉妹で一番影が薄い(?)比叡、アニメ版ではあまり頼りにならない感じのキャラクターでした。

劇場版ではアイアンボトム・サウンド突入部隊の旗艦として活躍、金剛型4人の中で一番目立っていましたね。

敵の砲撃を受けて中破(もしくは大破)状態でありながら、自らが集中攻撃されるリスクを顧みず大和の砲撃支援のために探照灯を点灯、非常にかっこいいシーンでしたね!

比叡の他にも暁や神通なども別シーンで探照灯をつけるシーンがありました、それぞれ史実で探照灯や夜戦でエピソードがある艦たちですね、こういう細かい演出が史実ファンにも嬉しかったりします。

赤城・加賀・瑞鶴・翔鶴

加賀にまさかの設定、深海棲艦時代の記憶がある。

これは「劇場版艦これ」の大きなキーワードとなります、艦娘と深海棲艦が今回のテーマ、加賀の苦い記憶があったことで様々な謎が解けていきます。

そして加賀を支えるのが赤城、ともすれば1人で抱え込んでしまうような性格の加賀、赤城の存在は大きいですね。

そして加賀を煽るような態度を取る瑞鶴、なんだかんだ加賀を助けるのも瑞鶴ですね、この辺はまぁツンデレというところでアニメ版からの定番です。

間を取り持つ翔鶴、それぞれが強い艦娘ですが4人揃うことで最大限の力を発揮すると感じました。

この他にも活躍した艦娘たちがたくさん、場を和ませてくれた時津風や整備担当の夕張、明石。

深海棲艦相手にも刀で斬りつける天龍、夜戦の川内、二水戦旗艦神通……、是非劇場版見てみんなの活躍を確認してください!

青葉や加古といったアニメ版では出番がなかった艦娘もいきいきしていますよ!

劇場版を見たファンの感想

かなり難解、というかあえて曖昧にして視聴者に設定を考える自由を与えている感じですね。

私の書いた記事の内容も、人によっては別の受け取り方をしているかもしれません。

そしてそれはどれも正しいのかも、などと思いました。

吹雪や加賀の過去が判明、そして如月と睦月のストーリーは見る人には辛いかもしれませんね。

妖精さんが生き生きしてましたね、艤装の妖精も戦闘機の妖精もそれぞれかわいかったです。

そしてやっぱり夕立は癒やしっぽい!

アニメでは投げっぱなしに感じた設定などをうまく利用していましたね。

これが制作陣が伝えたかったことなのかと感じました。

そして賛否両論について、ラストのシーンに限らず賛否両論になるだろうなとは私も感じました。

個人的にはとても楽しめましたが、如月の件や「艦これ」の解釈について違うと思う人もいるだろうなと、そして日常中心の楽しい「艦これ」の映像化を待ってる人もいると思います。

艦これ劇場版グッズ紹介

艦これ劇場版のグッズを紹介します。

『劇場版 艦これ』劇場用プログラム

  • 926円(税込み)

劇場によっては在庫があるようです、もし見つけたらゲットしましょう!(筆者は売り切れで入手できませんでした)

クリアファイル

  • 700円+税

ボールペン

  • 900円+税

タペストリー

  • 1500円+税

艦娘鍵包装具(かんむすかぎつつみそうぐ)

  • 1200円+税

来場者特典

  • 1週目 記念徽章
  • 2週目 突入記念ストラップ
  • 3週目 一六式ステンレス製栓抜き
  • 4週目 「劇場版艦これ」フィルムコマ

劇場版艦これをその目で確認しよう

以上「劇場版艦これ」のネタバレまとめ、感想、グッズ紹介でした。

アニメ版とは違い、完全にシリアスに舵を切った「劇場版艦これ」、賛否両論はありますが個人的にはとても楽しめる映画でした。

あえて設定を曖昧にしてきた「艦これ」、艦娘や深海棲艦についてここまで踏み込んで描写したかというのが1番の驚きでした。

そして艦娘や深海棲艦、航空機などが動き回る戦闘シーンは圧巻、個人的には各艦娘の探照灯照射のシーンが大好きです。

設定に踏み込んだとは言え、あえてぼかしてなのか、尺の都合なのか説明が「不親切」な部分が多かった「劇場版艦これ」、視聴者が内容を考え補完しつつ楽しめる、そんな印象を持ちました。

まだ未視聴の方は公開中に是非足を運んでください、劇場版の大画面の戦闘シーンは迫力がありますよ!

吹雪編はこれで完結となるようです、アニメ2期はどの艦娘が主役となるのでしょうか?楽しみに待ちたいですね。


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。艦これ2期があれば時雨を主人公にしてほしいと思ってます。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
現在、「灼熱の卓球娘」と「魔法少女育成計画」のリアルタイム記事も書いているので、是非見てください!

艦これの関連記事はこちら

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    なにはともあれ次は 武蔵。これだけは譲れない。ゲームでもそんなんやったら
    財力が足りんわ!!という大和と武蔵の姉妹による恐怖の二連攻撃をアニメで!

  2. otacamp より:

    ライター如月です、コメントありがとうございます!

    次は今回登場しなかった艦娘に活躍してほしいですね!

    大和・武蔵、さらにアイオワも並ぶと壮観かもしれませんね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。