「魔法少女育成計画」12話、いよいよ最終回!第12話感想まとめと考察、動画の紹介も!

いよいよ最終回を迎える「魔法少女育成計画」、リップルとスイムスイムが最後の戦いを始めます。 スノーホワイトは一体どうするのか、そしてこのゲームはどんな結末を迎えるのか? 「魔法少女育成計画」第12話の内容と感想まとめを紹介します。 放送を見逃した人のための動画情報も!「魔法少女育成計画」最終話を見逃すな!

「魔法少女育成計画」第12話感想まとめを紹介、考察もあり!

【画像:ThinkStock

大人気ライトノベルが原作のアニメ「魔法少女育成計画」がAT-Xで最速放送されました、順次各放送局、動画サイトで放送予定となっています。

最終回、12話のタイトルは「File not found」、意味深なタイトルですね、一体どういう結末になるのでしょうか。

いよいよストーリーが完結する最終回12話、どのような結末を迎えたのでしょうか。

「魔法少女育成計画」第12話、内容とツイッターの感想まとめ、考察を紹介します。

魔法少女らしい魔法少女になりたい、スノーホワイトを紹介

内容の前に主人公、11話まであまり目立っていないスノーホワイトを紹介します。

本名は姫河小雪、魔法少女が大好きで魔法少女に憧れる中学生です。

使える魔法は「困っている人の心の声が聞こえるよ」、デスバトルが始まるまでのキャンディ集めではその能力と、本人の魔法少女らしく人助けをしたいという思いからダントツの成績をあげます。

デスバトル向きでは無い能力ですが、リアルでの幼馴染の友人ラ・ピュセルや、スノーホワイトにリアルで助けられたハードゴア・アリスなどが相棒となり生き抜きます。

相棒は次々と脱落しますが、スノーホワイトだけは魔法少女らしくいて生き抜いてほしいと思いを託されます。

12話では大きな動きを見せるのか、このままスノーホワイトも脱落するのか……最終話12話で確認しましょう!

担当声優:東山奈央さん

メインヒロインを数多く担当している東山奈央さん、「魔法少女育成計画」の主人公スノーホワイトも担当しています。

ヒロインを多く演じる東山奈央さんですが演技の幅は広く、キャラになりきって演じる東山奈央さんの声は人気が高いです。

2017年も多くのキャラクターを演じてくれそうな東山奈央さんに期待しましょう。

  • 主な出演作品

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 由比ヶ浜結衣

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり レレイ・ラ・レレーナ

マクロスΔ レイナ・プラウラー

第12話「File not found」内容まとめ

魔法少女育成計画

ソシャゲ版魔法少女育成計画のスタート画面、スノーホワイトがゲームを始めた頃の回想です。

魔法少女に選ばれて、魔法少女に憧れていたスノーホワイトこと姫河小雪、魔法少女として人助けをできることが本当に嬉しい、「魔法少女になってよかった」。

しかし事態は急変、魔法少女同士の殺し合いに、デスゲームに巻き込まれた魔法少女たち。

相棒として自分を助けてくれて散っていったラ・ピュセルやハードゴア・アリスなどを思い出して涙を流す小雪、変身する気力もありません。

スイムスイムVSリップル

いよいよスイムスイムとリップルが戦います、スイムスイムの弱点は音と光、それを聞いたリップルですがいかに打開をするのか。

なにせスイムスイムの物質透過能力はリップルの天敵、そして音と光で本当に弱点を理解できてるのでしょうか。

ファヴ

場面は戻って小雪の部屋、ファヴが小雪に話しかけます。

話の内容はゲームの真相、このゲームは「魔法少女育成計画」というよりも「魔法少女人材育成計画」。

選抜試験で優秀な成績を収めた1名が魔法少女として正式に魔法少女になれるという試験であると。

半分に減らす、4人までと言っていたのは結局嘘であったことが小雪にばれました。

そして、これが選抜試験だとは知らなかった小雪、そして他の魔法少女たち、完全にだまされていましたね。

試験のあり方

過去の魔法少女選抜試験は、序盤にあったキャンディ集めや召喚された魔物を倒す(11話で明かされた暴走した魔物の件ですね)という内容、殺し合いではありませんでした。

そして脱落した魔法少女は記憶を消されるだけ、本来は死ぬ必要がありません。

今回のデスゲームを仕掛けたのはクラムベリー、ファヴの前マスターでやはり黒幕でした。

クラムベリーは自分の欲望を満たすため、そして一応は選抜試験のためにこのデスゲームを仕掛ました。

脱落者を死亡させた理由は、残された魔法少女たちが本気をだすため、建前でしょうが事実でもありますね。

結局はクラムベリーは人の生死など気にしない、そういったタイプなのでしょう。

ファヴの不満

クラムベリーが死んでスイムスイムがマスターとなった現状、ファヴには不満があります。

あくまでファヴは選抜試験のための使い魔、クラムベリーのように候補者を自ら殺しまくるような魔法少女や、スイムスイムのようにどこかずれている、それも悪い方向に、そんな魔法少女はマスターとして「扱いにくい」と。

そして残された魔法少女の中でリップルもマスターとしては不適格、スノーホワイトにマスターになって欲しいと希望をだします。

スノーホワイトをマスターにするためリップルを焚き付けたことも判明、すべての事実を知ったスノーホワイトは怒りに震えます。

ファヴが現れる未来の端末を破壊したスノーホワイト、リップルたちを止めに動き出します。

リップルVSスイムスイム結末

リップルとスイムスイム、一進一退……むしろスイムスイムのペースで戦いが進みます。

しかしリップルが投擲した手裏剣がスイムスイムの近くで雷に打たれて、スイムスイムにも大きなダメージが入ります。

それを見たリップル、完全にスイムスイムの弱点に気がつきました。

スイムスイムの弱点をつこうとするリップル、スイムスイムの攻撃も収まらない、両者大きく傷つきながらとうとうリップルが勝利します。

スイムスイムに勝利したリップル、薄れ行く意識の中でスノーホワイトを思い出して一言「私も舌打ちしない魔法少女に……」

スノーホワイト

到着したときにはすでに手遅れ、事切れたスイムスイムとリップル、そこへファヴが語りかけます。

「マスターおめでとう!」

そして同時に聞こえる声、「このマスター用の端末が壊されるのはまずい」。

ここにきてスノーホワイトの魔法「困っている人の心の声が聞こえるよ」が発動、ファヴの心の声が聞こえます。

困っている人の声が聴こえる能力、戦闘において実用性がなさそうですが、弱点を狙われたら困るという感情が漏れ聞こえ、弱点がさらけ出される。

実は非常に強力な能力ですね、感情が薄いスイムスイムのような相手には意味が無さそうですが。

ファヴの困った声を聞いたスノーホワイト、マスター用の端末を破壊しようとします。

しかし余裕のファヴ、「これは簡単には壊れないポン、そんなことしても無駄だポン」。

リップル復活そして……

端末に岩を叩きつけるスノーホワイト、しかしやはり壊れません。

その拍子でアリスからもらった兎の足が地面に落ちます、そして奇跡が。

リップルが復活しました、その手にはスイムスイムの武器。

それを見たファヴ、スノーホワイトにつつぬけの困った言葉を発します。

「魔法の国の武器はまずい、これだけはまずい」

リップルをなんとか口で丸め込もうとするファヴ、リップルは聞く耳を持ちません、そこへ最後のひと押し。

「そいつの言うことを聞かないで!」

スノーホワイトの言葉で槍を端末に突き刺すリップル、端末が破壊されあっけなくファヴが消滅します。

そして日常?

大きな傷跡を町に残した戦いが終結しました、ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」も突然のサービス終了。

町は日常に戻りました、しかしまだ魔法少女の目撃情報が。

黒髪ロングで黒マント、トップスピードのマントを羽織ったリップルですね。

まだ魔法少女を続けているようです、そして小雪は同級生の発言によると家出中とのこと。

世界に活動範囲を広げるスノーホワイト、テロ組織まで壊滅させるアグレッシブさ。

家出をして世界中を回っていたようですね、そんなスノーホワイトが帰ってきました、リップルのもとへ。

人を助けるためには強さも必要、もう後悔したくはないというスノーホワイト、リップルが稽古をつけます。

この2人の魔法少女、今後どのように行動するのでしょうか、2期の制作が楽しみです!

第12話「File not found」視聴者の感想まとめ

原作はまだまだ続いています、主人公は作品ごとにかわりますがスノーホワイトとリップルは多くの作品で登場します。

アニメで「魔法少女育成計画」を知った方は原作を手にとるのもおすすめです。

スノーホワイトとリップルが拳で語り合うとは予想ができませんでした。

スノーホワイトの能力が最後で活きましたね、たしかに最後は一気に飛ばした感じです。

アニメの尺の都合でしょうが、デスバトルの終焉でまとめたかったのかな、とも思いました。

アニメにはアニメの、原作には原作の良さがあります。

原作ではここで語られなかったエピソードも詳しく載っています、二期も期待したいですね!

「魔法少女育成計画」考察:魔法少女育成計画総まとめ

ライター如月のアニメ「魔法少女育成計画」感想をざくっとまとめさせていただきます、あくまで個人の意見だと前置きさせて頂きます。

「魔法少女育成計画」は視聴者の感想はどうしても割れる、視聴者を選んでしまうアニメだなというのは間違いないと思います。

残酷な描写、お気に入りのキャラクターが出てもどうせ死んでしまうんだろう、そんなストレスを強いられるのは間違いありませんね。

しかしそれでも視聴者を惹きつける力があるアニメだったなと感じます、筆者も今期で最も続きが気になるアニメが「魔法少女育成計画」でした。

ラ・ピュセル、トップスピード、ハードゴア・アリスなどが予想通り脱落していくシーンは見ていて辛いものがありましたが、それを含めて「魔法少女育成計画」であるかなと。

そしてこのアニメの大きな特徴、描写が良くも悪くもさらっとしています。

森の音楽家クラムベリーはもう少し粘るかと思いました、その点ではスイムスイムがかなり粘ったとは思いますが、とにかくどんな強キャラでもさらっとした描写で脱落します。

黒幕のファヴもさらっと消えましたね、残酷な描写をさらっと流して後に引っ張らない、それが「魔法少女育成計画」。

あえてさらっと描写することで、視聴者も「それほど」後に引きずらなかった、そんな感想を抱きました。

さらっと描写しすぎたせいで、ラスト色々謎が残ったままになった感がありますが、そこは2期に期待ですね、是非制作してください!

「魔法少女育成計画」12話の動画情報

「魔法少女育成計画」の12話放送を見逃した方はニコニコ動画をチェックしましょう!

12月23日23時30分から第11話の上映会があります、公開は1週間なので見逃さないようにしましょう!

「魔法少女育成計画」最終回を終えて

「魔法少女育成計画」最終話の感想まとめでした。

まだまだ謎が残っているぞ、そしてスノーホワイトとリップルは今後どうなるんだ?

そんな感想も多いかと思います、その点は2期に期待しましょう!

アニマガジン読者の方は記事を読んでいただきありがとうございます、来期のアニメも感想まとめ、考察記事を書いていきますので今後ともアニマガジンをよろしくお願いします!


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。まほいくではハードゴア・アリスがお気に入り。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
現在、「灼熱の卓球娘」と「魔法少女育成計画」のリアルタイム記事も書いているので、是非見てください!

魔法少女育成計画感想記事はこちら

魔法少女育成計画の関連記事はこちら

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    とても面白かったです‼二期といわず三期、四期も期待したいです!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。