作画解放回!学園ハンサム(学ハン)11話の感想、考察、動画配信サイトまとめ

アニメ「学園ハンサム(学ハン)」11話の、感想や考察、動画配信サイトまとめました!「学園ハンサム(学ハン)」11話は、作画が色々な意味で大変なことに!そしてさり気にハンサムたちが久々に全員集合です!なにも起こらないわけがない!アニメ「学園ハンサム(学ハン)」11話の考察、感想、動画配信サイトをまとめて紹介します。

学園ハンサム(学ハン)の11話は美術の授業でハンサムたちが大暴れ!

みなさんこんにちは、アニマガジンライターのさいです。

毎週我々に無駄な5分を提供してくれるアニメ「学園ハンサム(学ハン)」、しかしなぜか見るのをやめられない…という、まるで麻薬のようなアニメです。

2016/12/12は、学ハン公式Twitterが乳首のおかげでフォロワー2万人突破した記念日…でもありますが、アニメ11話の放送日でもあります。そんな学園ハンサム第11話のタイトルは「ノンストップ!アート革命」

タイトル的にも公式の予告画像的にも、アウトロー教師・西園寺がメインとなるのでしょうか…?2016/12/13に放送されたアニメ「学園ハンサム(学ハン)」11話「ノンストップ!アート革命」の、あらすじや感想、動画配信サイトをまとめました。

学園ハンサム(学ハン)の11話のあらすじ

ハンサムな美術の授業

11話は久々に、学校が舞台となっています。最近猫カフェにいったり拓也の家(お好み焼き屋)に行ったりしていましたからね。学生とは?状態でしたが、今回はバッチリ学生しています。

美術の授業でデッサンをすることになった一同。モデルは勿論(と本人が言っていたので、勿論ということにしておきます)西園寺です。このセクシーオーラを紙の上に再現してくれ!と自信満々な西園寺。で、でたー!と言いながらも、拓也も良樹もいつもの流れだと慣れた様子です。

特に西園寺にツッコむこともなく、デッサンの授業に入る拓也と良樹。拓也はさっさとデッサンを描き上げてしまいますが、お世辞にもうまいとは言えない腕前。本人は中々の出来栄えだと思ったようですが、子どもの落書きレベルです。

自信作です!とそれを西園寺に見せる拓也。すると確かにそんな顔してるかもなーと言いながら、西園寺は拓也のデッサンそっくりの姿に変化。焦る良樹でしたが、西園寺は思い込みの力ってすごいな~とのんきな様子です。それでいいのか。

変形するハンサムたち

その後も生徒たちが描くデッサン画に合わせて、次々と変形していく西園寺。先程まで冷静なツッコミを入れていた良樹も、おもしろーい!とはしゃぎ始めています。これで学ハン11話からは無事、ツッコミが消え去りました。

ツッコミがいなくなったらアニメはどうなると思いますか?そう、あとは暴走していくのみ。先生にできるなら俺にもできるかも!と拓也が言い出し、良樹は拓也のデッサン画を描きます。もちろん拓也も、西園寺のようにデッサンがそっくりに変化。

イケメンデッサン祭り、開催

そこからなぜか、続々と教室内へと集まってくるハンサムたち。上級生の美剣たちも加わり、イケメンデッサン祭りが突如始まることになります。最早デッサンでもなんでもないものまである気がしますが。そんなわけで、ただでさえカオスな美術室が公式の悪ふざけと悪ノリで、とんでもない状態になっていきます。

逆作画崩壊!

そこに現れたのは、アウトローな校長こと次郎。美術室の惨事を見て俺も描いてみるか、と筆をとった次郎の手により、ハンサムたちの作画が解放!いつもの顎…もといハンサムな姿から、一気に現代風のイケメンに大変身します。

思い込みで人ってこんなに変わるんですね!と驚く良樹と、そんな彼に想像の力は無限大なんだぞ、と語る次郎。しかし結局普段の姿が一番落ち着くな、と言って最後は元の姿に戻してしまいます。

学園ハンサム(学ハン)11話の感想

今回も我々を、カオスと衝撃の渦へと誘ってくれたアニメ「学園ハンサム」突然の逆作画崩壊現象に、Twitter上は大変な騒ぎになっていました。反応や感想の一部を紹介します。

「学園ハンサム(学ハン)」11話が配信されている動画配信サイトを紹介!

2016/12/12放送の「学園ハンサム」11話は、予告からなんとなく察しはついていましたが、案の定作画解放回となりました。しかしまさか、全員の作画が解放されるとは…こちらの予想をことごとく上回り、裏切ってくる。それが学ハンクオリティ。

そんな学園ハンサムは、残念ながら放送局が非常に少ないアニメとなっています。そりゃそうだ。ですがご安心してください、学ハンは地上波での放送が少ない分、多くの動画配信サイトでアニメを見ることができます。

学ハンブームの火付け役となったニコニコ動画をはじめ、各種動画配信サイトで視聴することができます。ニコニコ動画では地上波の放送と同じく、ゲーム版声優によるアフレコverの動画も配信されています。めちゃくちゃ棒読み、合わせる気がない口パク…アニメ作品としてはやばすぎるアフレコが逆に癖になるゲーム版声優の動画は必見ですよ。

またニコニコ動画は、コメント付きで動画を視聴することが可能です。一度リアルタイムで視聴したという人も、コメントつきでみるとまた面白いので二回、三回と動画サイトで視聴してみてください。

「学園ハンサム(学ハン)」11話の考察とまとめ

相変わらず特に考察しようがないアニメ、学ハンこと学園ハンサムですが、大人の事情で考察をいれなければならないので今回もちょっとだけ。

あ、でも考察とは少し違うかもしれませんが、今回は少し「おっ」と思うところがあったので、そちらを紹介したいと思います。

作画暴走時にでてきた美剣先輩の絵。色鉛筆画のような雰囲気のこちらのイラストですが、これは原作でたまに登場する美剣先輩の作画になります。

学ハン=顎という印象を持つかもしれませんが、実は色々なイラストレーターさんがキャラクターの立ち絵などを描いているため、死ぬほど画面に統一感がないことはファンの間では有名なはなしです。しかしその中でも美剣先輩は、なぜか一人だけ急に色鉛筆作画になります。

AGOではないですが、急に色鉛筆作画になるため、正直めちゃくちゃ笑います。2016/12/12に放送された学ハン11話の美剣先輩のあのイラストは、恐らくこの元ネタに由来しているのでしょう。

そんなわけでアニメ「学園ハンサム」も、ついに来週で最終回を迎えます。早いものですね…。なんか散々ルートの心配とかしてきましたが、これ最早そんな次元じゃない気がしてきました。ちょっと美剣先輩といい雰囲気になっていた辺りはなんだったんだ!?

次週の最終話のタイトルは「イケメンは永遠」ナレーションは優ちゃんがしていましたが、登場するのでしょうか?最後なのでオールキャストでお願いしたいところですね!どのような形でまとめるのか、心配しながら来週を待つことにします。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。次郎ちゃんと優ちゃんの関係が結構好き。

学園ハンサム(学ハン)の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。