イゼッタ復活‼︎戦況の行方は!?「終末のイゼッタ」11話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「終末のイゼッタ」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。物語もいよいよ終盤へと差し掛かってきましたが、この戦争の行方は一体どうなるのでしょうか? 今回の11話ではシリアスな展開、そしてまさかの百合展開があってかなり神回であったのは間違いないでしょう!さて、内容はどうなっているのでしょうか!?

アジトがバレてフィーネがピンチ! しかしイゼッタが復活!? 戦況はいかに!?

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「終末のイゼッタ」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。物語もいよいよ終盤へと差し掛かってきましたが、この戦争の行方は一体どうなるのでしょうか? 今回の11話ではシリアスな展開、そしてまさかの百合展開があってかなり神回であったのは間違いないでしょう!さて、内容はどうなっているのでしょうか!?

「終末のイゼッタ」11話の感想まとめと内容考察!

では、まずは「終末のイゼッタ」11話の個人的な感想まとめと内容の考察から入ろうと思います。今回11話は大きな躍進があった回でしたので、とても重要回と位置付けてもいいでしょう。そしてさらにシリアス路線と、過激描写、さらには百合展開と、様々なシーンが集まった神回と言っても過言ではありません。では内容は如何に!?

侵攻するゲイル軍 親衛隊がフィーネの居場所を特定

ゲイル軍の侵攻は首都に及び、陥落した首都はほぼゲイル軍の手中にある状況です。そんな中、秘密の隠れ家に身を潜めるフィーネ一行ですが、親衛隊の部隊がフィーネの隠れ家を突き止めます。フィーネたちもおそらくはいつかは見つかってしまうとは思っていたのでしょう。時間の問題でもあると思っていたからこそ、フィーネは亡命の手段を選んだということにもつながります。

そしてゲイル軍は侵攻を始めます。フィーネたちが篭る秘密の隠れ家にゲイルの部隊が侵入し、そして次々と制圧されていきます。そこまでの戦力差があるとは思いませんでした。というかここで私が感じたのはエイルュタットの部隊って弱すぎるのではないのか? というところです。防衛対策くらいは取っているはずなのですが、それでも簡単に敵の攻撃に墜ちてしまうところをみるとゲイル軍が強いのか、それともエイルシュタットの歩兵が弱すぎるのか、わからなくなってきます。

的兵力というのはかなり多いというのはまあ頷けますが、それでも簡単に陥落してしまうところを見ると、やはりエイルシュタットの兵は弱すぎるというのが正直な感想です。

それはさておき、ついにほぼ制圧をされてしまい、ついにはフィーネの立てこもる部屋の前へと親衛隊が押し寄せてきます。同じくそこにはあの左遷させられたベルクマン少佐(中佐)が同行していました。敵の親衛隊の指揮をとる中佐は、捕虜となったエイルシュタットの兵の頭を撃ち抜き、フィーネに投降するよう呼びかけます。躊躇なく銃を撃つその姿を見ていると、どこのアニメにもこういう腐った佐官はいるものだな、と感じました。

そしてそれに耐えられなかったフィーネは自ら投降することとなります。その条件として今居る兵には危害を加えないという約束でと述べますが、糞みたいな中佐はそれを拒否し、そしてあろうことか火炎放射器で焼き尽くすという言葉を発します。ありえませんね。これじゃあまるで第二次世界大戦の硫黄島や沖縄戦ではありませんか。

しかし、そこへ・・・

イゼッタ復活! 魔石、そして親衛隊を一掃!

絶体絶命のピンチの最中、ついにイゼッタが登場します。魔石を胸に下げて、レンガのようなものを操り、敵兵である親衛隊を一気に制圧していきます。そのイゼッタの形相はとても厳しいものであり、フィーネに対して行なった言動に怒りを表すような感じでした。かろうじて攻撃を逃れた中佐とベルクマンはその場から逃走します。

そしてイゼッタは次々と敵兵をなぎ倒していき、ついには全滅させるまでに至ったのでした。さすがの強さではあります。魔石に充填した魔力を使い、とてつもない力を発揮していたところを見ると魔石というものの恐ろしさがわかりますね。

かろうじて逃げていた親衛隊中佐とベルクマンですが、ここで思わぬ事実が飛び出します。なんとベルクマン中佐に抹殺命令が出ていたということです。敵ではありますがあれだけ働いたベルクマンを皇帝は簡単に切り捨てたということに驚きました。おそらくそこには皇帝の恐怖というものがあったのではないかと読んでいます。ベルクマンは親衛隊の中佐を銃殺し、投降をします。ゲイルに切り捨てられたということでエイルシュタットに寝返り、機密情報をフィーネたちに教えるという立場になりました。逆に考えるとこれはとても心強い仲間が手に入ったと考えてもいいかもしれませんね。あれだけの切れ者であるベルクマンが味方についたということは勝ち目はあると見てもいいでしょう。

イゼッタとフィーネ 百合シーン炸裂!?

拠点を移動し、そして再び作戦を立て直す形となったフィーネ一行ですが、フィーネ自身はもう完全に疲れ果てて居る様子でした。そしてフィーネから発せられた言葉は「もう降伏しよう」というものでした。これ以上の犠牲を払うことはないというものでもあり、魔女というものを戦争に引き込んでしまった代償が大きすぎたという恐怖というものあったのでしょう。そして一番の恐怖はベルクマンからの情報で得た、とてつもない破壊力を持つミサイルの情報でした。一発で首都を壊滅させられるだけの威力を持つというミサイルをゲイルが放つ、それを見せしめに他の国々を屈服させるという魂胆、すべてを知ったフィーネは降伏の言葉を口にします。

しかしそこで起こった出来事に一同は驚きました。なんとイゼッタがフィーネをビンタ、一喝したのでした。イゼッタに諭され、フィーネは再び戦うことを決意します。ベルクマンの協力もあり、そのミサイルはゾフィーの力なしでは発射は不可能であるということと、ゾフィーが全力で戦える時間というものはせいぜい2時間程度であるということ、でした。それを聞いた上で作戦を立て直し、新たに迎え撃つ姿勢を見せるフィーネたちでした。

そして場面は変わり、フィーネとイゼッタの百合シーンが堂々と展開されます。しかも今度は少しだけではなくかなり多くのシーンで百合展開が訪れます。これはファンにとってはたまらないシーンであったのではないでしょうか? かくいう私も百合の趣味はありませんが、とても萌える展開であったのは間違いありませんでした!

物語が大きく動き出す! エイルュタット、そしてイゼッタとフィーネはどうなる!?

百合シーンが終わり、新たに動きだしたイゼッタ、そしてフィーネ一行ですが、イゼッタは白き魔女であるゾフィーを迎え撃つ為に、そしてフィーネは会談に侵入する為に車で会談場所へと向かいます。

フィーネ一行ですが、ベルクマンの策でうまく検問を突破できると思われていたのですが、しかしそこへ現れたのはあの戦闘機のパイロットであるバスラー大尉でした。まさかのピンチに遭遇します。今回の物語はそこで幕を閉じましたが、次回のイゼッタ、とてもきになる展開で終わったといのは間違いないでしょう。

「終末のイゼッタ」最新話の動画視聴方法について!

ではここで恒例の動画視聴方法についての記載になります。

ニコニコチャンネル:終末のイゼッタ

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能ですので、見逃してしまったという方は是非こちらをチェックして見てください!

1クールで終わりそうな内容 次回12話はどうなる!?

分割クールの可能性を考えていたのですが、このスピードで行くと1クールで終わる勢いであることがわかりますね。残り2話程度で終了できる内容でしょう。そして次回の12話はおそらくかなりの戦闘シーンが繰り広げられることになると思われます。果たしてイゼッタはゾフィーを退けることができるのでしょうか!?

次回の「終末のイゼッタ」もお見逃しなく!

【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!現在の執筆記事「オカルティックナイン」「終末のイゼッタ」「アイドルメモリーズ」などのリアルタイム記事なども書いておりますので、そちらもご覧頂ければと思います。

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。