ルーキーフェス出場なるか!?「アイドルメモリーズ」11話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「アイドルメモリーズ」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。さらにいつものように記事後半では「アイドルメモリーズ」最新話の動画視聴方法についても記載しますので、最後までご覧下さい。いよいよ物語も大詰めとなってきたアイドルメモリーズ11話ですが、内容は一体どうなっていたのでしょうか!?

「シャドウ」「スターリング」共にルーキーフェス出場できるのか!? 学園長の決断は?

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「アイドルメモリーズ」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。さらにいつものように記事後半では「アイドルメモリーズ」最新話の動画視聴方法についても記載しますので、最後までご覧下さい。いよいよ物語も大詰めとなってきたアイドルメモリーズ11話ですが、内容は一体どうなっていたのでしょうか!?

「アイドルメモリーズ」11話の感想まとめと内容考察!

では、まず11話の個人的な感想まとめと内容の考察から入りたいと思います。今回の11話は物語の大詰めとして最大の決断が披露される場面でしたが、その内容は一体どうなっていたのでしょうか!? 順を追って見て行きましょう。

ランキングノルマはクリアできたのか?

物語の序盤、「シャドウ」はランキング18位、そして「スターリング」はランキング22位ということでした。しかもそれは学園長が提示した締め切りの期日当日であったのです。シャドウは前回、念願の20位に入り、そして妨害工作を破り出場がほぼ決定していたのでしたが、スターリングに関してはどうなるのかはわからないという状況でした。

そして迎えた発表の時です。学園長からの呼び出しを受ける前、「奇跡が起こってほしい」と願っていたリン達ですが、学園長の発表によると、シャドウが18位、そしてスターリングは20位ということでギリギリのノルマをクリアしたということになりました。

奇跡が本当に起こったという感じでしょうか? まさかあの数時間の間にランキングが向上するとは思ってはいませんでした。まあ物語的にランキングINはするであろうと予想はしていましたが、こういう流れでランキングに入るとは思ってはいませんでした。これは個人的な感想ですが、どうも無理くりがある気もします。10分枠アニメですので仕方がないというのもありますが、どうも展開が早すぎるという感じが否めません。ちょっと辛口になりますが、「友情」や「熱血」「根性」というような既存のアイドルアニメがモチーフとしていたところを変に意識して出している所為なのか、少し違和感があると感じました。ですが、物語的にはハッピーな展開ということで、とりあえずのスターリング、シャドウどちらも出場決定・・・と思われていたのですが・・・

学園長の決断、「スターリング」は出場できない?

奇跡が起こったような展開で、喜びに満ち溢れていたスターリングとシャドウのメンバー達ですが、ここで学園長は厳しい言葉を飛ばします。以前にも言っていたことではありますが、例え20位以内に入ったとしても学園長が基準に達していないと判断すれば、出場はさせないというものでした。その決断の内容は「シャドウ」は出場、そして「スターリング」は出場不可、というものでした。

もちろんスターリングは抗議します。そしてシャドウも納得ができないように学園長に対して抗議をしますが、学園長は「自分で考えろ」という言葉をかけます。その言葉に対して、シャドウはルーキーフェスの出場を辞退すると宣言します。今まで一緒にがんばってきたスターリングが出られないのであれば自分たちも出ないということなのでしょう。

しかし、それに対して「ダメだよ!」と言ったのはリン達スターリングのメンバーでした。これまで頑張ってきたからにはシャドウは出るべきであり、そしてフェスを楽しみにしているファンのみんなの為にも必ず出場するべきだと言います。「友情」というものを全面に押し出していた場面であったように思えます。突然のリンのビンタ、定番的な展開ではありますが、かなり無理がある押し込み「友情」というものでシャドウは出場を決意しました。

このシーンですが、皆さんも結構無理があるというか、かなり無理矢理取ってつけたようなシーンであったようにも思えます。前回の回からそうですが、物語の話数を重ねるごとに内容のクオリティが下がっているように思えました。

しかしまあそれはさておき、学園長の意図というのはこの時点ではよくはわかりませんでした。深読みしてフタを開けると結局「ああ、なんだそういうことか」と拍子抜けする展開が多いのですが、今回もまたそのパターンでしたね。

諦めない心を試した?

結局のところスターリングがなぜ出場を許されなかったのか、分からなかったリン達ですが、その時に現れたのがあの刈谷美咲でした。学園長の旧友と言ったところでしょうか? 現在は天才作詞家として活躍しており、アイドル業界では彼女の曲なしには成立しないとまで言われているほどの実力者ですが、その彼女がスターリングの元へと現れます。そして、「諦めるのか」と問いますが、スターリングはその言葉によって動かされることとなります。

学園長が言いたかったこと、伝えたかったことは、諦めずに立ち向かう心を持てということなのでしょう。それを試したということなのですね。

そしてそこでわかったことは学園長である白雪翔子はかつてアイドルであり、伝説的な人気を誇っていたということでした。現役時代は歌も下手、踊りも下手であったという学園長の過去のストーリーはなかなか面白い設定だと思いましたが、定番でもあると思いました。刈谷美咲が伝えたかったことは、学園長が現役時代にそういう経験をしており、さらに学園長は「いままで諦めることはなかった」ということでした。それを聞いたスターリングは学園長の元へと走り出します。

学園長の涙とスターリング出場決定! しかしハプニングも?

スターリングの3人は雨の中、校庭で学園長室を見上げて抗議をします。「私たち、諦めません」と。それを学園長室から見下ろす白雪翔子と刈谷美咲でした。その時に学園長は涙を流していましたが、この涙の理由はいまいちわかりません。「よく頑張った」という意味だったのでしょうか? 深読みしすぎると全然違う答えを考えてしまうので、どうかはわかりませんが、おそらくはそうであったのだろうと思われます。

そしてスターリングの粘り強さが認められ、スターリング、そしてシャドウの2組はルーキーフェスに出場することが決まります。そして迎えるルーキーフェスですが、ここでまたしてもイレギュラーが起こります。久々にVRのライブがみられるのか? と期待してはいたのですが、おそらくそれは最終回に持ち越しとなるでしょう。そして起こってしまうハプニングです。ハプニングというか、しつこい感じでまだ粘り強くスターリングを陥れようとしているあの紳士仮面がまたしても妨害工作を行なってきます。スターリングのライブが始まろうとしていたその時に、あの例の女装男子が細工をし、突然VRが停止してしまいます。さて、来週はどうなるのでしょうか!?

予想では、おそらくVRライブをするのか、もしくは生のライブを見せるのか、色々と考察してしまいますがそれは来週のお楽しみとなるでしょう。

「アイドルメモリーズ」最新話の動画視聴方法について!

では毎度恒例の最新話の動画の視聴方法についての記載になります。

ニコニコチャンネル:アイドルメモリーズ

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、見逃してしまったという方は是非こちらをチェックしてみてください!

次回の「アイドルメモリーズ」は波乱の展開になるのか!?

おそらく次の12話でラスト、もしくは13話がラストになるのでしょうが、波乱の展開となるのでしょうか?

物語の感じで行くとラストはかなり盛り上がる仕様になっているだろうと予測していますので次回は波乱の展開からの大逆転を期待しましょう。次回のアイドルメモリーズもお見逃しなく!

【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!現在の執筆記事「オカルティックナイン」「終末のイゼッタ」「アイドルメモリーズ」などのリアルタイム記事なども書いておりますので、そちらもご覧頂ければと思います。

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。