「進撃の巨人」待ちに待った2期が放送開始!あらすじ内容と放送日をご紹介!

アニメ「進撃の巨人」、2期が2017年にいよいよ放送となります!それにあわせて、内容あらすじや、放送日をご紹介します。アニメ1期放送から約3年、ファン待望の2期ということで今から待ちきれません。内容あらすじ、放送日をチェックしてアニメ「進撃の巨人」2期を待機しましょう!

「進撃の巨人」ファン待望のアニメ2期が放送決定!

アニメ、漫画共に大人気の進撃の巨人ですが、待ちに待った2期の放送が決定しました!1期放送から約3年、その間劇場版やゲームなどさまざまなコンテンツが発表されてきましたがやっとアニメで進撃の巨人を楽しめる時が来ます!今回は、2期の内容やあらすじ、気になる放送日をご紹介していきます。

「進撃の巨人」とは・・・・

army fighting versus fearsome giant (画像:Thinks stock)

進撃の巨人は、諌山創により2009年10月号から週刊少年マガジンにて連載がスタートした漫画です。単行本は、12月9日に21巻が発売、5000万部以上の発行部数を誇る大人気漫画で、2013年4月に1期となるアニメ放送もスタートしました。漫画、アニメの他にもゲームが劇場版、そして進撃の巨人展など多くのコンテンツで楽しまれている作品です。

「進撃の巨人」ストーリー

巨人がすべてを支配する世界。

巨人の餌と化した人類は高さ50メートルの巨大な壁を築き壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた・・・。

まだ見ぬ壁外の世界を夢見る10歳の少年、

エレン・イェーガー。

エレンは仮初の平和に満足し外の世界に出ることを諦めた人々に違和感を覚える。

彼らを「家畜」と呼ぶエレン。エレンを「異物」と巻実人々。

だが、壁をも越える超大型巨人の出現によりエレンの「夢」も人々の「平和」も突如として崩れ去ってしまう・・・。

(出典:進撃の巨人公式サイトより)

巨人VS人間という圧倒的力の巨人と人間が戦うファンタジーバトル漫画です。少年漫画にしては、巨人が人を食らうシーンなど残酷な描写も多く、アニメではそれが忠実に再現されています。しかしそれが巨人の圧倒的な力を表しています。

アニメ「進撃の巨人」2期は原作のどのこから?あらすじは?

「進撃の巨人」アニメ1期が終了して約3年、単行本は2016年12月9日で21巻まで発売されています。アニメ1期25話、2クールの放送期間で1巻~8巻の33話まで原作を消費しました。1期と同じ原作の消費だとすると、8巻の35話~17巻あたりまでで、2クールの放送となるのではないかと考えられます。

2期の内容、あらすじはこうなる?!

1クール 8巻34話~12巻 獣の巨人登場!エレン奪還作戦開始

女形の巨人の件がひと段落し、ここから獣の巨人の登場となります。人の言葉を話せる、巨人を操っているなどの特徴がある謎の巨人です。この巨人との戦いで多くの犠牲者がでることとなります。そんな巨人たちから人々を守っている壁が、硬質化した巨人で出来ていることが判明、そしてそれはヒストリアの血族によって守られており壁を解明することで巨人をとめられる一歩となるかもしれないとエレンたちは動き出します。一方、壁外調査中にコニーの家に立ち寄った調査兵団はそこでコニーの家に横たわる巨人を目撃します。コニーはそれが母親の姿となぜか重なるのでした。

巨人の元は人間なのでは?という疑問が生まれ、そして物語は一気に加速し、超大型巨人と鎧の巨人がライナーとベルトルトだったということが明らかになります。2人の正体を知り葛藤するエレン、ライナーとベルトルトの「戦士」と「兵士」の気持ちの揺らぎの中で戦っていたことなど様々なことが明らかになります。そして、2人に裏切られたエレンの憎しみや怒りが止まりません。

 

この戦いの中で、「座標」という言葉が始めて登場し、エレンは「叫び」で巨人たちを蹴散らします。この「叫び」と「座標」は今後のストーリーの大きな複線となりそうです。

 

2クール 13巻~17巻 王政クーデター作戦決行ヒストリア王即位

 

リヴァイ班が新しく結成され、クリスタの本名がヒストリアということがわかり巨人の秘密を暴くため王政を相手取り戦っていきます。巨人とのバトルシーンはかなり少なくなり、人間と人間との戦い、そして巨人の秘密が解き明かされる話が多くなります。ヒストリアの過去の話、そしてあのリヴァイ兵長の過去にも触れ、リヴァイの性がミカサと同じアッカーマンであることが判明、アッカーマンが人より優れているのはちからを制御するリミッターが外れているからとリヴァイの過去の話を通し明らかになります。

 

王政を相手にして戦うエレンたち、一方で別の形で王政と戦うエルヴィンが企てていたクーデターが成功し、革命が起こります。

エルヴィンの裁判中、巨人が攻めてきたと噓の報告をしそれにまんまと引っかかった王政は「避難民は何人たりとも入れてはいけない!」、力料不足で内戦が起こることを危惧しそう言い放ちます。そんな王政の対応が記事になり、王政は崩れ始めます。そしてついに、ヒストリアが王となる日やってくるのです。

 

2期は巨人の謎を解く話や、血族の話など、世界観を紐解くストーリーが多く伏線と伏線の回収で驚きの展開が多く、この「進撃の巨人」世界がより明らかになっていきます。1期と同じ放送期間と考えると、ヒストリアが王になるところで終わりなのではないでしょうか。物語りもここで一区切りとなるので1期と同じ2クールの放送でしたら17巻あたりまでの放送になりそうです。

アニメ「進撃の巨人」2期 待ちきれない!放送日はコチラ!

アニメ放送2期が決定し、放送日が待ちきれませんが、放送日は2017年4月ということで、まだ正確な日付は発表されていません。放送日の発表は2017年1月からの冬アニメの放送が始まってからでしょうか。続報が楽しみです!

待ちに待った、進撃の巨人2期は伏線の回収と新たな伏線がたくさん!

「進撃の巨人」の世界がより明らかになるであろう、2期にあたる8巻から17巻はバトルシーンだけでなく人間同士の戦いも多く描かれています。それがとうアニメで表現されるのか、今から楽しみですね!具体的なアニメ放送日は未だ発表されていませんのでこちらの続報も気になります。

関連記事

ネタバレ注意! 2017年冬アニメ「亜人ちゃんは語りたい」の原作漫画を紹介!

ノイタミナムービー第2弾 映画「虐殺器官」をあらすじから公開日まで徹底解剖!

劇場版カードキャプターさくらリバイバル上映が2017年に決定!詳細をご紹介!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。