人気上昇中! アニメキャラクターのコスプレ事情を徹底解析! コスプレグッズや専門店も紹介します

近年SNSなどに写真を載せたり、コミクマーケットなどのイベントの場面でアニメキャラクターのコスプレを披露する方が急増しています。冬コミも近づくなか、そんなアニメキャラクターのコスプレ事情や、コスプレグッズを販売している専門店などを紹介していきます。

年々コスプレのクオリティーが上昇

 

【画像:ThinkStock

近年、コミケやアニメイベントなどでコスプレをする方が急激に増加しています。1990年代から新世紀エヴァンゲリオンなどのアニメがヒットしたことをきっかけに、作中のキャラクターやときにはロボットなどに至るまで、幅広くコスプレをする方が徐々に増え、コスプレという言葉が普及していきました。アニメがサブカルチャーとして受け入れられている日本だけでなく、海外でもアニメやゲームの作品ファンがコスプレをするようになり、コスプレが当たり前の文化になってきているのです。

 

今回は、そんなコスプレに必要な衣装やコスプレグッズをどうやって手に入れればいいのか、メイク道具はどんなものを使用すればいいのか、ウィッグやカラコンなどの小道具はどんなものを用意すればいいのかなどについて解説します。コスプレをはじめたいと考えている方だけでなく、コスプレをする機会が多い方に向けてコスプレ用品の専門店も紹介するので、参考にしてみてください。冬コミも近いので、これを機にコスプレに興味を持っていただけると幸いです。

コスプレの衣装や小道具はどんなものが必要?

一言にコスプレと言っても、衣装やウィッグなど必要なものはコスプレするキャラクターによっても大きく異なります。今回は、基本的にどんなコスプレであっても必要になってくるアイテムを紹介します。購入するだけでなく、自分で製作するのも良いでしょう。

衣装

まずは衣装がないと始まりません。アニメのキャラクターですと普段着用することがないような衣装ばかりですので、購入するか製作するかしか入手方法がありません。最近は衣装をレンタルしてくれるような店もあるため、コスプレをしたいと考えている外国人観光客などに人気が高いです。女性であっても男性キャラクターのコスプレをするときは、男性用で自分に合うサイズを購入した方が、よりキャラクターに近いスタイルを再現することができます。どうしても男性用の衣装が合わない場合は、可能であれば手直ししてみると良いでしょう。

ウィッグ

キャラクターによっては地毛でもコスプレは出来ますが、整髪料を大量に使う必要があったりするので髪が傷んでしまう可能性があります。なので、どんなキャラクターであってもヴィッグがあった方が圧倒的にいいと思います。ウィッグもそのまま着用するのではなく、カットしたり整髪料で固めたりすることで、理想のキャラクターに近づけていきます。ちなみに、イベントなどでコスプレした場合はヴィッグで髪がつぶれたり、変な部分がはねていたりするので、帰りの電車などで気になりそうな方は、往復用にもう1つ通常のヴィッグを持っておくことをおすすめします。

カラーコンタクト

アニメキャラクターは日本人の標準的な目の色である黒色である場合が少ないので、よりキャラクターに近づけるためにはカラーコンタクトは必須です。ヴィッグと比べるとどうしてもカラーバリエーションが少なくなってしまい、瞳の発色まで考えるとさらに選択肢がなくなってしまうのが欠点です。しかし、やはりカラコンがあるのとないのではコスプレの完成度が大きく変わってくるので、目にコンタクトを入れることに抵抗がないのであれば、付けてみることをおすすめします。

メイク道具

メイク道具もカラコン同様持ち合わせていなくてもコスプレをすることは出来ます。しかし、メイクをしないとどうしても衣装やウィッグを身に着けている分顔が浮いてしまいます。外国人の方などは目鼻立ちがくっきりしていたり、肌がきめ細かい方が多いのであまり目立たないということも少なくないとは思いますが、日本人の方がコスプレする場合は、目の形や眉毛などをきっちり決めることで、綺麗なメイクになるでしょう。アイシャドーや眉毛の濃さは分かりやすいですが、肌の色なども白いめ黒いめを使い分けたり、ファンデーションや仕上げのパウダーは番号違いで持っているのも良いです。

 

つけまつげもキャラによって変えることで、目のラインがはっきり見えるようになるので、つけまつげも必須です。メイク直しや帰宅時にメイクを落とすための、あぶらとり紙やメイク落としシートメイクを落とした後のケアに、化粧水や乳液もあると肌へのダメージを軽減させることができるので便利かもしれません。

小道具

小道具は、無いよりはあった方が圧倒的に見栄えが良く、クオリティが数段あがって見えます。最近はバトルアニメも増えてきているため、武器を製作してきているレイヤーさんも多く見受けられ、そのほとんどが金属や木材をしっかり加工しており、見るたびに圧倒させられます。コスプレグッズの製作業界には、キャラクターの武器を専門に製造し、販売している業者もあるため、値段は高くなりますがオーダーメイドの武器も入手することが可能です。

 

もちろん、武器以外にもカチューシャやチョーカー、ニーハイやブーツなども販売しているので、どうしても小道具をクオリティ高く製作できない場合は、オーダーメイドでも注文してみてはいかがでしょうか。武器などはクオリティが高くかっこいいものが多いので、コスプレ目的ではなくともほしいと思ってしまいますね。

コスプレ用品専門店

コスプレ商品を販売している専門店はいくつかありますが、都内を中心に新品や中古の商品を取り扱っている店舗を紹介します。

コスプレショップみつば堂

コレクトショップみつば堂は、アニメやゲームのコスプレ衣装、ウィッグ、武器、小道具などの販売・買取を行っている中古専門店です。リサイクル品のため安価な商品が多く、店員さんがしっかりと管理しているため安心して購入することができます。品揃えは日本一と豪語しており、店内には常時3000点以上の商品を販売しているので、ほしい衣装や小道具が見つかる可能性が高いです。遠方のお客様のために通信販売も行っているので、地方にいながらコスプレを楽しむことができ、店頭限定の学割制度で学生でも気軽に購入することができます。

欠品や汚れありの商品を破格の大特価で販売してもいるため、自分で衣装の手直しができる方は、激安で商品を手に入れ値段以上のクオリティに仕上げる方もいるようです。

  • 営業時間:平日:11:00~19:30、土日祝日:10:30~19:00
  • 定休日:年中無休
  • 住所:東京都千代田区外神田3-10-3ロイビル2F

 ACOS秋葉原

ACOS秋葉原はコスプレ専門店では珍しい免税店なので、価格を抑えてコスプレ用品を購入することができます。コスプレ衣装やウィッグだけでなく、コスプレ関連雑誌や化粧品も充実に展開しているため、ACOS秋葉原へコスプレ用品を買いに行くだけでコスプレ用品が一式手に入れることが可能なのです。目的の商品が店頭にない場合は、取り寄せてもらえるので安心でき、衣装の購入前には試着が可能なので衣装やヴィッグのサイズが不安な方は店員さんに相談することで、お客様に合うサイズを選んでくれます。さらに、カラコンの取り扱いもはじまったため、品揃えは最高です。

  • 営業時間:11:00~21:30
  • 定休日:年中無休
  • 住所:東京都千代田区外神田1丁目7-6 AKIBAカルチャーズZONE

アシストウィッグ

アシストウィッグはコスプレ用品の総合専門ショップですが、店名の通りウィッグに強い専門店になっています。アシストウィッグのウィッグは、カラーやスタイルなどを細かく指定することで、いくつものパターンから最も近いウィッグを選択することができるので、自分が挑戦してみたいキャラクターや理想像のウィッグが確実に手に入れられます。衣装も、キャラクターの物だけではなく、制服や和服まで非常に多くの商品が揃えられているので、どんなコスプレにも対応できます。

  • 営業時間:平日11:30~21:00(池袋店)、毎日11:15~19:45(秋葉原店)、平日11:30~19:45・土日11:00~20:15(大阪日本橋店)
  • 定休日:年中無休
  • 住所:東京都豊島区東池袋3丁目4番1号1F(池袋店)、東京都千代田区外神田4丁目4−2レトロゲームキャンプ内(秋葉原店)、大阪府大阪市浪速区日本橋西1丁目1-4 原田ビル(大阪日本橋店)

コスプレデビューしてみませんか?

年々増加しているコスプレイヤーですが、今回の記事でコスプレの世界に興味を持っていただけたでしょうか。アニメのキャラクターの姿を自分が再現するというのは、そのキャラクターの魅力を再発見するきっかけになると思います。コスプレの衣装やウィッグは、アニメの世界観を忠実に再現していて、小道具も凝っているので飾っているだけでも満足してしまいそうになりますね。もうすぐ冬コミが開催されるので、これからコスプレをはじめようと考えている方は、この機会にコスプレデビューをしてみてはいかがでしょうか。きっと楽しい思い出になるでしょう。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。