第3期がはじまる!「弱虫ペダル NEW GENERATION」は原作漫画のどこから?

新世代編始動!アニメ第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」は原作漫画のどこから?最新刊のネタバレも!1月からスタートする弱ペダこと弱虫ペダルのアニメ第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」原作最新刊は今どうなっている?アニメは原作漫画のどのあたりから?1月の放送に先駆けてご紹介します!

アニメ第3期!「弱虫ペダル NEW GENERATION」の漫画について語ります!

みなさんこんにちは、アニマガジンライターのさいです。

ついに新世代編が始動!自転車ロードレースを題材にした新しいスポーツ漫画「弱虫ペダル」通称弱ペダ。2013年にアニメ一期が放送された本作は、次々に展開される高校生たちの熱い青春物語と、個性豊かなキャラクターたちが人気となり、女性を中心に一大ブームを巻き起こしました。

原作漫画やアニメ作品は勿論、舞台版弱虫ペダル通称ペダステも大ヒットとなり、公演数や地方公演なども増えていったにもかかわらず、毎回チケットが取れないファンが続出する騒ぎとなっていました。その他にも弱虫ペダルは、コラボカフェや企業とのタイアップなど、様々な分野で展開を続けてきました。

2014年10月から2015年3月まで、アニメ第二期にあたる「弱虫ペダル GRANDE ROAD」が放送され、一年目のインターハイの全てが描かれたアニメ弱ペダ。その後も劇場版などが次々に発表され、衰えることのない人気を維持し続けていました。

2017年1月からは、ついにファン待望のアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」が放送されます。「弱虫ペダル NEW GENERATION」は、世代交代し一新したメンバーによる二年目のインターハイや、そこに至るまでの物語が描かれていくであろうことが予想されています。

そんなアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」は、一体どのようになっていくのでしょうか。原作漫画を追い続けている筆者が「弱虫ペダル NEW GENERATION」の内容を予想し、語っていきたいと思います。

さらに実は最近原作が追えていないという人のために、最新刊のネタバレや感想、コミックスのお値段なんかもまとめてご案内していきます。最近別のジャンルに浮気気味…なんて人も、この記事を読んで来たるべき第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」に備えましょう!

アニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」は原作漫画のどこからはじまるのか

キャラクターデザインなども一新され、まさに新世代編と呼ぶにふさわしい雰囲気をすでに醸し出している弱ペダのアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」まだあらすじやストーリーなどは明かされていませんが、第1期や2期と同じく原作をなぞっていくのだろう…という予想を踏まえ、ストーリーを予想してみたいと思います。

インハイ後、まず最初の大きな山場となる話は巻島先輩の退部のくだりだと思うんですけど、これは「劇場版弱虫ペダル」で結構がっつり触れているんですよね。映画版はオリジナルストーリーなので内容は多少違いましたが。まずここがどうなるのか?って所なんですけど、「弱虫ペダル NEW GENERATION」が映画からの続きとして描かれるのであれば、原作版のこのあたりのくだりはスパッとカットされるでしょうね。

なので「弱虫ペダル NEW GENERATION」1話は、原作漫画28巻の235話の最後、手嶋純太が次のキャプテンに任命されるあたりからはじまるのではないかと予想されます。もちろんその前に1~2期のダイジェストというか、おさらいみたいなのは入るかとは思いますが。

もしアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」が映画の流れを汲まないのであれば、巻島先輩が退部するという話が最初にもってこられるかとは思います。映画版は完全オリジナルストーリーとなっていたんですが、原作の大事なところを作中で描いてきたのでファンとしては若干の戸惑いもありました。果たしてどのような感じにしていくのでしょうか。

【ネタバレ注意】「弱虫ペダル NEW GENERATION」で描かれる可能性あり?原作漫画の最新刊の内容

「弱虫ペダル NEW GENERATION」の原作である「弱虫ペダル」の原作漫画は、現在47巻が最新刊となっています。原作漫画では現在、どういった内容が描かれているのでしょうか。漫画最新刊の47巻内容を、ネタバレを踏まえ語っていきたいと思います。ネタバレ満載なので、自分の目で内容を見たい!という人は注意してくださいね!

「弱虫ペダルNEW GENERATION」原作漫画の最新刊47巻ネタバレ

47巻の表紙はシキバこと葦木場拓斗。表紙に登場するのは実は二回目!弱ペダはキャラクターが多いので表紙のキャラクターも分散するんですが、他校ですがなかなかの破格の扱いですね、さすがエース!前回は笑った表情が表紙になっていましたが、今回は内容が内容なのでキリッと凛々しい雰囲気です。

最新刊である47巻の本編は、インターハイの二日目の山岳賞~ゴール前争いがメインとなって描かれています。山岳ライン手前2Km地点で、総北が箱学、京都伏見に追いついたことで、二日目のゴールはこの3校の争いとなることに。これに焦ったのは、京都伏見の御堂筋です。

大切なのは二日目のゴール…山岳賞はどうでもいい…そう思っていた御堂筋ですが、総北があがってきたことで策を仕掛けます。切り捨てる予定だった水田を飛び出させ、山岳賞を取りに行かせるのです。大切なのはカラーゼッケンよりも二日目のゴール争いを制すること、この場にいる誰もがそれはわかっています。しかしこの状況で飛び出さざるを得ない学校が一校だけあることに、御堂筋は勘付いていたのです。

「オレたちは箱根学園なんだよ!オレたちは誇りを背負って闘っているんだよ」

そう言って山岳賞を取りに行ったのは、箱根学園の葦木場でした。この中で唯一カラーゼッケンにこだわるのは、王者箱根学園の3年生である葦木場だけ…御堂筋はそれを利用したんです。葦木場は山岳賞を取ることには成功しますが、全力でクライムすることになったため足を使い果たしてしまいます。これでエースであるはずの彼は、ゴール争いには絡めないという状況に。

入部当初からなにかと兄と比べられ、兄を通して自分と接する部員たちにうんざりしていた悠人。そんな彼は「新開悠人」とまっすぐ向き合ってくれた葦木場のことを尊敬していましたが、今回の山岳賞の一件で落胆を覚えている様子です。もう箱学はゴールに絡めない…そう考える悠人でしたが、実はそれさえも葦木場の策略だったのです。

ゴール前争いに箱学が送ったのは、エースである葦木場ではなくクライマーで、一年生である新開悠人でした。葦木場の叱咤を受け、悠人はゴール争いの渦中へ。ゴール前600M地点、総北の今泉、箱学の新開悠人、京都伏見の御堂筋が横並びになる形となります。こうして2日めのゴール争いは、この三名によって繰り広げられることに。果たしてラインに一番早く到達するのは…!?

という、二日目ゴール手前600M地点というめちゃくちゃいいところで、最新刊の47巻は終わりです。今回で二日目は終わるかなと思っていたんですが、終わりませんでした!毎度のことながらゴール前の攻防がめちゃくちゃ長い!だけどそれが気にならないくらいの熱さがあるのが、弱虫ペダルという作品です!

続きの原作漫画48巻は、どうやら年明けの発売になるようですね。二日目ゴール前の争いは誰が制するのか、続きが今から待ちきれません…!ちなみに原作コミックのお値段は463円です。

第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」は、原作漫画でも激アツ展開が繰り広げられていた!

アニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」が原作のどのあたりからスタートするのかという考察、原作最新刊47巻の感想やネタバレなどを紹介していきました。二年目のインターハイも、かなり熱い展開になっていきそうですね。

と、この記事を書いている最中に、公式から最新のPV第2弾が解禁されました!すごいタイミング!やはりアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」は、手島先輩の部長就任のくだりからスタートするっぽいですね。筆者は箱根学園の黒田雪成が大っっっ好きなので、個人的には箱学の追い出しレースがめちゃくちゃ楽しみです…!早くあのセリフをCV野島健児で聴かせてくれ!

1月から始まるアニメ第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」も、漫画最新刊も、熱い展開がくり広がられている弱虫ペダル。まだまだ弱ペダから目が離せそうにありませんね!

【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。弱虫ペダルでは箱根学園の黒田雪成を推しています。

弱虫ペダル(弱ペダ)の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。