TVアニメ「マジきゅんっ!ルネッサンス」2話の感想まとめ&動画視聴方法を紹介!

ファンを魅了する個性的でかっこいい男性キャラクターたちが活躍する「マジきゅんっ!ルネッサンス」の第2話、「君しか……見えない」が放送されましたね!主人公・愛ヶ咲小花は、星ノ森サマーフェスタ実行委員会に来なかった書道の天才・墨ノ宮葵の部屋を訪ねますが…。2話の感想まとめ、動画の視聴方法もチェックしましょう!

ときめきが止まらない!「マジきゅんっ!ルネッサンス」2話の感想まとめ、動画視聴方法

TVアニメ「マジきゅんっ!ルネッサンス(以下、マジきゅん)」の第2話「君しか……見えない」が放送されました!今回のキーキャラクターは書道の天才と呼ばれる墨ノ宮葵(すみのみや・あおい/CV:KENN)。

主人公・愛ヶ咲小花(あいがさき・こはな/CV:千本木彩花)と彼の出会いが描かれた、2話の感想をまとめました!まだ見ていない、もう一度見たい方は、動画の視聴方法もチェックしましょう!

「マジきゅんっ!ルネッサンス」2話をおさらい! -前編-

帝歌のライバル宣言で一躍注目の的に

1話で一条寺帝歌(いちじょうじ・ていか/CV:梅原裕一郎)にライバル宣言された小花。他の生徒からの興味津々な質問攻めにたじろぐ小花を見て、友人の近松珠里(ちかまつ・じゅり/CV:皆川純子)はため息をついていました。

その後、珠里から「愛ヶ咲家と一条寺家は室町時代からのライバル関係にある」と聞かされた小花は、何も知らなかったことや、一条寺のライバル宣言の意味を理解したことでしょう。

星ノ森サマーフェスティバル実行委員会に参加するも…

珠里のメモ書きを頼りに、星ノ森サマーフェスティバル(以下、星フェス)実行委員会の会議会場に足を運ぶ小花。

一条寺も参加していることに多少引け目を感じつつも、会場となる小奇麗な建物の中へ入ると、奥には歴代星フェス実行委員の写真が飾られていました。

その中の1枚に、亡き母・さくらの学生時代の姿を見つけ、担任の陶堂千彫(とうどう・ちえり/CV:小西克幸)からは「さくらの代は『奇跡と祝福のサマーフェスタ』と言われている」ことを聞き、自分も母に負けないくらい頑張ろう、と意気込みます。

「墨ノ宮を連れて来い」

意気込みもつかの間、会議室に入って最初に目に飛び込んできた一条寺の姿に、乗り越えるべき壁を思い出す小花。沈黙の中、待てど暮らせど他の人物が現れる気配はなく、延期を提案する陶堂に一条寺はメンバーの再編を訴えます。

自分も外されるのではと思い焦った小花は「来た人間を外すつもりはない」との言葉に少し安堵しつつ、「声をかけてみては」と提案します。

一条寺は「お前自身が声をかけること」を条件に、少しの意地悪をはらませて「まずは墨ノ宮を連れて来てみろ」と言い放ちます。

書道の天才・墨ノ宮葵

珠里から「墨ノ宮は何時間も自習している変人であること」と、「通称・葵部(A-01)にいること」を聞いた小花。少し迷いながらも、早速「葵部」に脚を運び、そっと扉を開けます。その瞬間、小花の顔に大筆の一閃!小花の顔は墨に塗られてしまいます。

そんな小花に気づいた墨ノ宮は、自身がやったとは露ほども思っていない表情で「顔に墨…ついてる」と指摘します。

丸い光ととがった光

墨ノ宮を委員会へ来るよう説得しますが、「関心がない」と言われてしまった小花は、彼の作品群に目をとめます。キラキラがとがっている順に並べた小花。

「どうしてわかった?」と聞かれ、新しいほうの作品に対し「とがっていて光が少ない」と答えると、墨ノ宮は「そんなはずはない」と珍しく大きめの声で反論。

そこで、「書きたいものがある」「それが何かはまだわかっていない」と、少しだけ彼の心中を教えてくれます。

一条寺と墨ノ宮の関係

寮への帰り道、一条寺に会いますが、「やはり無理だったか」と言われ、少しむきになって「諦めてません」と返す小花。

墨ノ宮が他人のすることに関心がないことをわかっている上、昔からだと言う彼の言葉がひっかかった小花は、その日の夜、珠里に一条寺と墨ノ宮が幼馴染で、昔は仲が良かったことを聞きます。

「マジきゅんっ!ルネッサンス」2話をおさらい! -後編-

後半に入るその前に

CM前後は当然ながら、今回のキーキャラクターである墨ノ宮が飾ります。CM前は彼の寝顔、CM後はそんな彼に誰かが上着をかけているカットです。写っている手やボイスから、おそらくですが一条寺がかけているようです。

少しだけ仲の良い姿が見られて悶えた方も多いのではないでしょうか。

「待ってた」

翌日も葵部へと向かう小花は、扉を開けると墨ノ宮に「待ってた」と言われます。

星フェス実行委員会に来てくれるかと思ったのもつかの間、新しい作品の光の状態を聞かれ、墨ノ宮が現在アルテの光を見られないことを知り、素直に「とがっていて光が少ない」と答えます。

昨日と同じく「そんなはずはない」と言いかけるも、倒れこんでしまう墨ノ宮。何も食べていなかった彼に、小花はアンチョビ青汁生クリームパンなどを買ってきます。

葵部掃除開始!

再び作業に戻る葵の部屋を見るうちに、積み上げられた半紙を崩してしまう小花。これを機に、部屋の掃除を開始します。

打ち捨てられた作品群を処分し、床や壁についた墨を落とし、カーテンを開けて光を入れる…。その合間にも作品を見ては光の状態を教え、徐々に光が丸くなっていきます。

掃除が終わった頃に書いた作品が放つ光は、明るい色で量も増えていました。掃除やアルテの光の状態を見ることに没頭していたため、その日は委員会に誘うことを忘れていた小花。しかし、その日に見ていた光の変化に、嬉しさも感じていました。

華道で後押し

朝日を浴び、早速作品作りに没入する墨ノ宮。葵部を訪れた小花は、墨ノ宮が書いた作品を見て、光の量が増えていることに気づきます。それでもまだ墨ノ宮が書きたいものではないと知り、何か手伝えることはないかと考え、小さな紫の花を生け始めます。

彼を後押しするための生け花が完成したとき、それを見た墨ノ宮は思わず「なんて可憐であたたかい光…」とつぶやき、感化されたように、すぐさま作品作りにとりかかります。

学校に入って初めて見た光だ、と言う彼の目も、再びアルテの光を捉えられるようになったようです。

明るい光

新たに作り上げた作品には、ふんわりとしたやわらかなタッチで「明るい光」とかかれていました。

生けた花のすぐそばに飾ると、青や緑の清清しい光が溢れ出し、二人をのどかで緑豊かな場所へと誘います。川遊びをしたり、風に吹かれるように空へ舞い上がる2人。

開放感溢れる魅力的なシーンでした。バックで流れる墨ノ宮のキャラクターソングもピッタリです。

書きたいものではないけれど

書きたかったものが書けたんだね!と喜ぶ小花に、これも違うとスッパリ言い切る墨ノ宮。しかし確実に近づいたと確信し、きっかけとなった小花に感謝します。その後、しっかり委員会参加にも承諾してもらえたようで、会議室には墨ノ宮の姿が。

見えなくなっていたものを見せてくれたから

そのときは「よろしく」と言う程度だったものの、やはり不思議に思ったのか、一条寺は墨ノ宮を呼び止め、「来るとは思わなかった。なぜだ」と問います。

その問いに「見えなくなっていたものを見せてくれたから」と、俯きながらも少しだけ嬉しそうに答える墨ノ宮。昔二人で見た夕景の話をするも、一条寺は「忘れた」とそっけない返事を返し、背を向けてしまいました。

他のメンバーもきっと来てくれると信じて

今回の出来事を通して、小花は「きっとなんとかなる」と意気込みます。

しかし、残りのメンバー…帯刀凛太郎(たてわき・りんたろう/CV:小野友樹)、庵条瑠衣(あんじょう・るい/CV:羽多野渉)、土筆もね(つくし・もね/CV:蒼井翔太)、響奏音(ひびき・かなと/CV:江口拓也)も色濃いキャラクターです。

これからの展開も、とっても楽しみですね!

「マジきゅん」2話の感想まとめ

「マジきゅん」2話のおさらいはしっかりできましたか?きっと一気に見たくなってきた、または見返したくなってきたことでしょう。ここで2話を見たファンの方々の感想まとめも見て、見たい気持ちをさらに加速させていきましょう!

やはりクライマックスの挿入歌は印象が強いですね!

墨ノ宮がまさに意中の人であるファンの方にとっても、2話は最高なようです。

演出や作画なども含めて、まさにハイクオリティでした!

「マジきゅん」2話の動画はどこで見られるの?

おさらいと感想まとめを読んで、「マジきゅん」2話を見たくなってきた方もいらっしゃるかと思います。2話の動画を配信している場所を以下にまとめました!

無料期間アリ!月額制動画配信サイト

※予告なく無料期間がなくなる場合があります。

その他月額制動画配信サイト

単品購入可能な動画配信サイト

スマホのみ対応の動画配信サイト

TVで観たい方はこちら!

Softbankの方はこちらも!

auの方はこちらも!

上記のとおり、多くのサイトで動画配信されているので、内容をしっかり確認して、自分に合ったところで視聴しましょう!

「マジきゅんっ!ルネッサンス」の関連記事はこちら

今後の展開が楽しみな「マジきゅん」アニメもゲームもきゅんきゅんしちゃいましょう!

様々な形のときめきで、ファンの心を鷲づかみにすること間違いなしの「マジきゅんっ!ルネッサンス」。2話のおさらいはしっかりできましたでしょうか。これからの展開も楽しみにしつつ、ストーリーをしっかり憶えて、さらに楽しんでいきましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。