【ネタバレ注意】アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想まとめ!動画視聴方法も紹介します!

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話が放送されました。今回のお話は西村と北本の学校に夏目が転入してきたところから始まります。どのように夏目は西村と北本の友達になったのでしょうか?それではアニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想、動画視聴方法をまとめてご紹介していきます!

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想、動画の視聴方法をまとめてご紹介します!

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期) 6話「西村と北本」が放送されました!夏目が西村と北本の二人と仲良くなるまでが描かれているお話です。それではアニメ夏目友人帳 陸 (第6期) 6話「西村と北本」の感想をまとめていきます。

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想まとめ!

夏目と西村のお話

お話は西村と北本の通う学校に夏目が転入してくるところから始まります。転入生がくるという噂を聞いた西村と北本はどんな女の子がくるのか期待に胸を膨らませます!しかし転入してきたのは男の子である夏目でした。「その日の朝俺たちのテンションはMAXに上がり、数分後には夕暮れの海のように凪いだ」この台詞を言う西村と北本の声が重なり、落ち込む様子が面白いですね!

西村が感じた夏目の第一印象は控えめでおとなしくいつも笑顔を返す人という感じで、西村の興味を引くような相手ではなかったようです。

西村と北本が学校の屋上でご飯を食べている時、一人でご飯を食べている夏目を発見します。北本は夏目が寂しく一人でご飯を食べていると思い心配します。西村は誘う間も無くどこかに姿を消してしまう夏目は、誰とも仲良くなりたくないんじゃないだろうかと考えを巡らせます。

この場面で出てくる西村と北本のお昼ご飯ですが、西村は母が忙しいため買ったメロンパンで北本は妹が作った星やハートのおにぎりが入ったお弁当でした。どちらも美味しそうなお昼ご飯ですが、二人にはそれぞれの不満があるようです。川本はもっとボリュームが欲しいと言いますが、西村のいう通り川本の手作り弁当は羨ましいです!

西村は教室で一人眠っている夏目を見つけます。西村は夏目を起こそうと声をかけますが起きません。すると夏目がいきなり「くるなー!」と叫びます!びっくりした西村でしたがあまりにはっきりした寝言を聞いて笑ってしまいます。一緒に笑う夏目の笑顔を見た時、西村は初めて夏目の笑顔を見たと感じて嬉しく思いました。それと同時に西村はいつもの夏目の笑顔に嘘を感じて心の距離を感じたようです。

家に帰った西村はお母さんに、お兄ちゃんが集中して勉強しているから静かにしなさいと言われます。「ただいまー」と言っただけでこう言われたら怒りたくなります!西村が気の毒です。

ある日西村が一人で帰り道を歩っていると倒れている夏目を見つけました。大丈夫だという夏目に本気で心配する西村は夏目を自分の家に連れていきます。悪いから玄関でいいという夏目はでしたが、夏目は何かを見た様子で逃げるように西村の家から出ていきました。夏目は妖を見たのでしょうか?

この場面で何気ない話を西村と夏目はしていますが、初めて夏目が素直な心を出して自分のことを話しました。それにつられて西村もお話をしますが西村は嬉しそうです!

翌日夏目は学校を休み、西村は夏目の家庭事情を知ります。この後西村は夏目と話しづらくなり、夏目と距離を取るようになります。

最近西村は心身共に調子が悪いようですが大丈夫でしょうか?

西村に取り憑く妖

成績が下がった西村は本屋で参考書を探していると夏目に出会います。遠子さんのために鶴の織り方を調べていたという夏目に、急に様子が変わった西村は湧き上がる感情のまま夏目にひどい言葉を浴びせます!正気に戻った西村は夏目に言った言葉を恥じて本屋さんを出ていきます。

一心不乱に走った西村は気がつくと知らない場所にいました。嫌な予感を感じた西村はこの場所から逃げようとしましたが何か黒いものが襲いかかります。追いかけてきた夏目とニャンコ先生が妖を追い払います!

西村は倒れて意識が朦朧とする中で猫と話をする夏目を見ます。そこで夏目は転入してきて一番最初に話しかけてくれた西村に感謝をしているという話をしていました。それを聞いた西村は夏目ともっと話がしたい思います。

そして病院で目を覚ました西村は、無事な西村を見て安心する夏目の目を見て本気で心配してくれたのだと感じます。この場面で二人の心の距離は一気に縮まったようです!

後日、夏目と西村が折り紙で鶴を折りながら楽しく話をしている場面が描かれます。西村は鶴の折り方を教える西村のお兄さんを見て羨ましそうな目をする夏目に気づきます。この場面で西村が夏目には自分がどう映っているのかと気にするのですが、ここで夏目は西村の大切な友達なったんだと感じられてよかったです!

夏目と北本のお話

北本は一人で本を読んでいる夏目を見つけ声をかけますが、夏目は挑むような目つきで北本を睨みます。北本が驚かせたと思い謝ると夏目も見間違ったといい謝ります。夏目はどうしたのでしょうか?夏目は北本に「よく見間違うんだどっちか一瞬わからなくて」と言っていることから妖か人間かを見分けようとしていたのだと思います。

北本が夏目に西村が迷惑をかけていないか心配すると夏目は笑って「優しい奴には優しい友人ができるんだな」といいます。この言葉で夏目の人付き合いの少なさを見抜いた北本は鋭いですね!

西村と北本は夏目を連れ回していろんな遊びをしました。北本が夏目の物慣れない反応が楽しかったと言っていますが、友達のいなかった夏目にとって初めての体験だったのではないでしょうか?夏目にとってかけがえのない楽しい思い出になったと思います。

3人で帰っている時に将来の進路の話になります。西村は進学してこの町を出て行くと言いますが夏目と北本は迷っているようです。北本は進学を望んでいましたが、病気で会社を休むことが多くなった父親を見て進路に悩むようになりました。

北本の不思議な体験

夕方の学校で北本は夏目が誰かと揉めている声を聞きます。北本は教室に入りますがそこには夏目1人しかいませんでした。夏目は北本に知り合いの探し物を探していたといい、大したことじゃないと夏目は言います。北本は納得して夏目と帰ることにします。

二人は学校の玄関を出ようとしたのですが扉が開きません。北本は夏目と別れて職員室に行きますが誰もいません。とっても気味が悪いですね!北本は誰もいない夕暮れの校舎で夏目を探します。ここで北本は鈴を拾いますが誰かの落し物でしょうか?

北本は夏目と会った教室に行くと、誰かと話す夏目の声が聞こえてきました。教室に入ると強風が北本を襲います!そして北本は宙に浮いている夏目を見て、助けようと体を動かします。その時北本が廊下で拾った鈴が鳴ります。偶然北本が拾った鈴は夏目が言葉を交わしていた相手の探し物だったようです。

北本の手から鈴がなくなると同時に風が収まりました。夏目は北本に助けに来てくれてありがとうと言います。そのあと職員室には先生がいて、玄関の扉は何事もなかったかのように開きました。何がなんだかわからない北本にとってはとても不思議な体験だったと思います!

夏目の本当の気持ち

この事件のあとの帰り道、北本は夏目に対してどこか違う世界を生きている人間だと感じていました。夏目と北本は進路の話をしますがここで北本は夏目の心からの言葉を聞きます。夏目は「どこへも行きたくないここが好きなんだ」とこの町で生きて行きたいという思いを北本に告げます。この言葉を聞いたことで北本は夏目に親近感を抱くことができたのではないでしょうか?

この後西村が合流して3人仲良く帰るみたいです。ここで夏目の素直な思いを受けた北本が「もっと素直に話してみてもいいのかもしれないきっと答えなんて出ないけど」と考えるのがいいですね!素直に悩みを話せる友達がいることですぐに答えが出せなくても、自分にとって良い答えを選ぶ一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期) 6話の動画視聴方法は?

GYAO!:アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)

GYAO!ではアニメ夏目友人帳 陸 (第6期)の第一話と最新話が無料で動画配信されています。

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の次の話はどんな物語が見れるでしょうか?

アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想をまとめてきました。いつもは夏目の視点で物語が進みますが、今回は西村と北本の視点で物語が進んでいったので新鮮でした!3人が仲良く付き合っていけるのを嬉しく思いながら、アニメ夏目友人帳 陸 (第6期)6話の感想をまとめを終わります。

夏目友人帳のおすすめ関連記事はこちら♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。