みんな大好きマモ!イケボ声優・宮野真守の魅力に迫る

「マモ」「マモちゃん」の愛称で人気を博している声優・宮野真守。出演作品の多さはさることながら、甘いルックスと高い歌唱力で、歌手、ライブ活動と、華やかな活躍をみせています。そんな声優・宮野真守の魅力に迫ってみましょう。

「声優」と聞いて、みなさんはどんなイメージが湧きますか?「地味そうだなあ」なんて、ネガティブなイメージをもっていませんか?そんな声優のイメージを大きく覆すのが、宮野真守です。「マモ」「マモちゃん」の愛称で人気を博している彼。出演作品の多さはさることながら、甘いルックスと高い歌唱力で、歌手、ライブ活動と、華やかな活躍をみせています。そんな声優・宮野真守の魅力に迫ってみましょう。

MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2009 ~SMILE&BREAK~ [Blu-ray]はAmazonでチェック!

1:甘いルックスと耳がとろける甘い声!

爽やかな顔立ちと、182cmの抜群のスタイル、モデルと遜色ない外見、そしてささやくような甘いイケメンボイス(通称イケボ)。この声をアニメ、ゲームで聞いて思わず耳がとろけてしまった女性も多いことでしょう。

小学生の頃から劇団ひまわりに所属していた彼は、声のお芝居でも演技力は抜群です。前述のイケボはもちろんのこと、時にはぶっ飛んだギャグキャラ(妖狐×僕SS/夏目残夏など)、時には中二病丸出しのキャラ(STEINS;GATE/岡部倫太郎)など、演技の幅はかなり広く、声を聞いただけでは、「同じマモなの?」なんて思うことも多いはず。二枚目も三枚目も演じられる器用さが、多くのファンに愛されている理由のひとつなのかもしれないですね。

2:歌う!踊る!しゃべる!「マモライ」で魅了!

宮野真守のライブはファンのあいだで「マモライ」と呼ばれ、チケットの入手が困難な状況が続いています。彼の歌唱力は、男性声優の中でもトップレベル!伸びのある声と、「マモラート」と呼ばれるビブラートが特徴です。これだけの歌唱力がありながら、ライブでは激しく踊り、観客を盛り上げる演技をし、完璧なステージを作り上げます。

2013年には、男性声優としては初となるソロでの武道館ライブを開催し、まさしく人気絶頂というところでしょう。ファンクラブも1万3千人以上が会員になっているようで、プラチナチケットになっているのも納得です。もちろんライブグッズも即完売になることも多く、平日開催であろうと朝から長蛇の列ができるなんてことも度々のよう。ファンから愛されていることがこういったところからもうかがえます。

彼のライブのもうひとつの特徴は、トークのうまさ、そして顔芸。ライブ中のMCでも会場を盛り上げるトークと、時折見せる顔芸でファンを笑いで包みます。これだけのイケメンなのに、変顔・顔芸までやっちゃうなんて、サービス精神旺盛ですよね。このギャップにやられてしまう方も多いでしょう。

マルチな宮野真守の活動に注目!

マルチな才能が溢れる声優・宮野真守、今後の活躍から目が離せません!彼が出演しているアニメを欠かさず視聴するのはもちろん、コンサートやイベントなどの生で会える機会もぜひチェックしてみてくださいね。

宮野真守の他のオススメ記事

宮野真守のおすすめ公演はこちら

宮野真守が太宰治役を務めるテレビアニメ『文豪ストレイドッグス』。夏休みにはイベントも予定されているので、ぜひチェックしてみてください!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。