【まほよめ】「魔法使いの嫁」第5話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

ヤマザキコレさん原作の漫画「魔法使いの嫁」、すでにOVA版も発売されており高い評価を得ている「魔法使いの嫁」が2017年秋アニメとして放送、第5話が放送されました。 猫の国へやってきた2人、そこで待っていたのはしゃべる猫、そしえエリアスと因縁ありそうな2人。 スレイベガが短命であることを初めて知ったチセは何を思うのか、今回は「魔法使いの嫁」第5話の内容、感想、考察などを紹介します。

【まほよめ】「魔法使いの嫁」第5話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

ヤマザキコレさん原作の漫画「魔法使いの嫁」がテレビアニメ化、2017年秋アニメとして放送開始されました!

2016年からOVAが3部作として発売されすでに高い評価を受けている「魔法使いの嫁」、イギリスを舞台に不幸と孤独にまみれて生きてきた日本人のチセこと羽鳥智世と、闇のオークションでチセを落札した骨頭魔法使いエリアス・エインズワースの物語。

たくさんの猫がいる猫の国に来た2人、猫は9つの命を持つ存在で、多くの命を使っているものほど賢くなる、そんな言葉をしゃべれる猫がたくさんいます。

この地でエリアスに依頼されたのは淀みの除去、浄化の魔法と相性の悪いエリアスはチセにその仕事を任せます。

浄化をしようとするチセ、そこに入る邪魔、レンフレッドはスレイベガに訪れる遠からぬ未来について話す。

今回は「魔法使いの嫁」第5話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第5話の動画視聴方法もありますよ。

魔法使いの嫁の全話記事リンクはこちら

「魔法使いの嫁」第5話の内容と考察

死ぬ、私が

「死ぬ、私が?」

スレイベガは尽きることなく魔力を生み出す宝石、ただしその体はもろいと説明するアリス。

そんな危険な状態にあるチセをエリアスは何の対処もなく放置している、あいつに人間らしい感情なんていんだよとレンフレッド。

私たちが君を自由にしてあげようと2人はいいエアリアルを握りつぶそうとする、チセは2人に飛びかかりエアリアルを救出する。

「なぜだ、君は解放されたくないのか?」

「何から?エリアスからだとしたらあなたは理解していない」

たとえ嘘でも私を家族と言ったのはエリアスだけ、誰より最初に私を買った、あの人が私を手放すまでは私はあなたのものです。

茨の影

その時エリアスがチセの影から登場し、チセの傷をなめる。

「来るのが遅い、影なのに影が薄い!」とエアリアルが文句を言う。

チセに淀みの浄化を頼むエリアス、猫の王が私も行きますと同行する。

チセは浄化を始めます、黒いよどみに飲み込まれるとそこはどこかの食事処。

淀みの記憶

そこは淀みの記憶、淀みの男性が魔術師を探し体が弱い妻のための薬などが無いかと問います。

魔術師は奥方を直接見てもといいついていく、その表情には不敵な笑みが。

「あれはとてもいやなやつだ」

チセはそう直感します。

魔術師は旦那に話をする、おそらくよくなることはないもってあと数年だと。

縋り付く旦那、俺にできることならなんでもやるからお願いだと叫ぶ。

「奥方、猫は好きかい?」

そう問いかける魔術師、そしてならちょうどいいかもと言い猫の命が9つあることを話す。

旦那を追って森に入る妻、それを見るチセは嫌な予感がするといい浮かない表情。

小屋を見つけた妻はそこへ入ろうとする、チセは中を見ちゃいけないと言うが当然それは伝わらない。

「マシュー?」

そう呼びかける妻、中からは猫たちの叫び声、そして猫をなたで斬殺する旦那マシューの姿が。

「ミナ、ああ今日は具合がいいんだな、ちょうどよかった」

そういいミナの薬ができたところだと言う、魔術師から教わった薬です。

何でこんなひどいことができるのというミナ、マシューは君のためならできるよと笑顔で答える。

「大丈夫だよ怖がらなくて、それを飲めば君は不自由な体から自由になれる、それどころか永遠の命が手に入るかも」

無邪気な口調でそう告げるのは魔術師、そしてできた薬をミナに無理やり飲ませる。

「大丈夫、素晴らしい薬だよ、だから僕のためにネズミになってよ」

薬を飲むと苦しみだすミナ、大丈夫だよ僕がついていると言うマシュー、その時マシューの目の前で皆が黒い液体になる。

「あーあ、失敗か形が崩壊しちゃった、やっぱりけだものはけだものでしかないのか」

そして貴重な実験結果をありがとうと言い立ち去る魔術師、マシューはミナ、ミナ、どうしてと叫び発狂する。

「そうだ、まだ足りないんだ、まだまだ、もっとたくさんたくさんたくさん、もっと集めないと」

マシューはそうつぶやき猫になたを振り下ろす、ミナの愛猫はマシューにかみつきしゃべりだす、「あんたはもう人間じゃない、悪魔に騙された悪魔だ」

猫の王して許せない、死んだ奴らに対して元猫の王は言う。

涙するチセ

この記憶を見て涙を流すチセ、ミナはあなたに消してもらうだけのつもりだったのにごめんなさいと謝る。

ミナとマシューと殺されて呪いを抱いた猫たちの魂みんな還り方を忘れてしまったと言う、そしてチセに消してほしいと願う。

「ダメです、あなたたちは騙されただけ、消していい存在ではないの!」

叫ぶチセに対してミナは今を逃すともっと辛いことになると告げる。

「私が導きましょう」

猫の王が話します、私の命はもう9つ目、私が先導をしましょうと。

あの子が悲しむからダメというチセ、しかし猫の王は死はいつでも突然、平等に遅かれ早かれ訪れますと言う、そして先の王も淀みを抑えるために命を贄にしてきた。

それに比べればあの子の記憶を持った私なら先導役くらいとチセを諭します。

それでもダメだというチセは何かを思いつく、そしてエアリアルに協力を仰ぐ、その方法とは?

チセの案

「消したりなんかしない、大丈夫運んでくれる、だからあなたも想像して、たんぽぽが種を風に乗せるみたいに、そこで目を出して芽吹くように、行くべきところで行く風が吹くように」

そう言いチセはミナを還る場所に還す、花一面のその場所に立っているのはマシュー。

「マシュー」

「ミナ!」

再開し抱きしめあう2人、「ああ、ミナ、どこにいたんだい?」「マシュー、行きましょう、マシュー」

ミナは言います「ありがとうチセ、小さな魔法使いさん、できればあなたがまだこちらに来ないように祈っているわ」

『私はいらない子供だった、誰にも欲しがられ名うて放り出されて……、やっと止まり木を見つけたかもしれないのに、私はいつ死ぬんだろう』

「魔法使いの嫁」第5話の感想

「魔法使いの嫁」放送情報

(出典:PhotoAC

「魔法使いの嫁」の放送情報を紹介します。

テレビ放送

  • TOKYO MX  毎週土曜25:30~
  • MBS  毎週土曜27:38~
  • AT-X  毎週日曜21:00~ ほか
  • テレビ愛知  毎週月曜26:05~
  • テレ玉 毎週水曜23:00~
  • チバテレ 毎週水曜23:00~
  • 北海道放送 毎週水曜26:26~
  • BS11 毎週水曜25:00~

ネット配信

  • AbemaTV 毎週日曜23:00~
  • ニコニコ生放送 毎週木曜24:00~

その他Amazonプライムなど順次配信。

「魔法使いの嫁」第5話を確認して第6話の放送を待とう!

「魔法使いの嫁」第5話の内容まとめ、感想を紹介しました。

チセの余命について話をしていないエリアスから解放してあげると言うレンフレッドの言葉を跳ね返すチセ、そしてミナたちの淀みの浄化を行います。

消してほしいというミナを消すことなく、あるべき場所へ還る魔法で浄化をしたチセ、ミナはチセに感謝をしマシューと共に還っていく。

次回はどのような物語が描かれるのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう!

魔法使いの嫁の関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「魔法使いの嫁」の他、「いぬやしき」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。