クールに振る舞う大実業家の令嬢!『魔法科高校の劣等生』北山雫を紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。北山雫は第一高校に入学し、そこでは志波深雪と交流を深めて司波達也とも親しくなります。そんな北山雫は『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

魔法実技は深雪に次ぐ能力の高さ!北山雫の魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する北山雫は、ヒロインである司波深雪と同じ一科生として国立魔法大学付属第一高校に入学。親友である光井ほのかとは小学生の頃から共に行動している間柄で、彼女に対し救いの手を差し伸べることもしばしば。

主人公・司波達也とは深雪を介して知り合い、さらに千葉エリカや西城レオンハルト、柴田美月といった面々とも仲良くなるのでした。

そんな北山雫は、『魔法科高校の劣等生』においてどのような活躍を見せているのでしょうか?彼女の学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してまとめてみました。

学年や年齢は?北山雫のプロフィール♪

  • 学年:1年A組(一科生)
  • 年齢:15~16歳
  • 得意魔法:振動・加速系魔法

北山雫は国立魔法大学付属第一高校に一科生として入学し、魔法実技においては司波深雪に次いで2位という実力者です。光井ほのかとは小学生からの付き合いで、中学時代は唯一のライバル。時には親友として、彼女に助け舟を渡すこともしばしばあります。

得意とする魔法は振動・加速系魔法となっており、「共振破壊」や「フォノン・メーサー」といった高等術式を持ち技としています。母親がAランクの魔法師であるため、遺伝によって大火力系の魔法の素質を受け継いでいるのでした。

北山雫はどんな性格をしているのか?

北山雫は基本的に口数が少なく、感情も表情に出ることがなく淡々とした物言いが特徴となっています。しかし九校戦ではエンジニアスタッフとして参加する司波達也がCADのメンテナンスを行い、見事なまでの腕前に感心するのでした。

あまり表立って感情を見せることは少ないものの、その際には達也に調整してもらえることを嬉しがる様子が窺えます。またその際に、専属のエンジニアになってほしいと熱心に勧誘するものの、ライセンスを取得してから検討するとして、はぐらかされてしまいます。

各物語で描かれた北山雫

九校戦編

北山雫は九校戦において大活躍を見せます。それもそのはずで、エンジニアとして付き添ったのは他ならぬ司波達也で、彼女以外にも彼が調整したCADを使用したメンバーは、全員が好成績を納めるのでした。

スピード・シューティング新人戦では圧倒的大差で優勝を収めますが、アイス・ピラーズ・ブレイクにおいては深雪が立ちはだかります。予め大会委員会からは雫と深雪の同時優勝という形で試合を終えようと話がもたらされますが、滴は深雪との決着を望んでいたため、形式上の決勝戦が行われることに。

雫は対抗するためにフォノン・メーサーを使用するなどして検討します。しかし深雪に実力差を見せつけられる格好となって、準優勝という結果に終わります。この敗戦を受けて、北山雫は悔しさのあまり涙するのでした。

彼女が好成績を収めたのは能力の高さもありますが、難なく勝ち上がれた陰には達也が調整したCADの存在も大きいところ。彼女はその腕前にかなりの信頼を寄せており、達也を専属技師として勧誘しますが、あっけなく断られてしまいます。

横浜騒乱編

北山雫は横浜騒乱の際、会場が襲撃されてひとまず安全な場所に移ることになった折に、VIPルームへと案内するのでした。かつて父親に連れられてきたことがある場所であったため、その場所やコードも知っていたとのこと。

そこで司波達也や七草真由美らが、今後の方針について模索する中、事件の重要性を鑑みて独立魔法大隊が動き出します。司波達也も大黒竜也特尉として任務に参加することになると、その素性に北山雫も驚きを隠せずにいました。

そしてVIPルームから地上ルートで避難シェルターへ向かうことになると、シェルターが使い物にならない状態となってしまい、父親に連絡してヘリをチャーターします。

そうして仲間たちを無事に戦場から連れ出すことに成功。誰ひとりとして見捨てることなく全員が変えることになったきっかけを作り、また彼女の家の力もあって安全かつ状況を見極めながら行動をとることができました。

その点で北山雫の貢献度は大きいと言え、重要な役割を担っていた人物とも言えます。

押さえておきたい北山雫の名セリフ!

達也さん、やっぱりうちの家で雇われない?専属じゃなくてもいいから

九校戦において、技術スタッフとして参加することになった司波達也は、北山雫のCAD調整を任されていました。そこで雫は彼の技術能力の高さに感心して、北山家の専属エンジニアにスカウトします。

しかしライセンスを取得してから考えさせてもらうと断られてしまい、それでも諦めきれないのか、別の日に再びアプローチを試みます。それでも達也の気持ちは変わることは無く、専属じゃなくてもいいという条件でも揺らぐことはありません。

北山雫は親友の光井ほのかが達也に惚れていることを知っており、彼女の恋愛を応援する立場にいましたが、近距離で接しているうちに達也の魅力に気づいたのでしょう。九校戦では付きっきりでCADを見てくれていたため、その感謝の意も込めながら一戦一戦をしかkりと戦い抜いてきたはずです。

最初から勝てるとは思ってなかった。でも手も足もでなかった

アイス・ピラーズ・ブレイク新人戦では北山雫と司波深雪の同率優勝を大会委員会から提案されますが、滴は深雪との決着を望んでいたため、決勝戦が行われることになります。

雫によれば最初から勝てるとは思っていなかったようですが、それでも何かした一矢報いることができると踏んでいたのでしょう。しかしふたを開けてみれば、歴然とした実力差に何もさせてもらえませんでした。

宿舎でほのかと二人きりになると、それまで無表情を貫いていた雫が悔しさで泣き崩れてしまうのでした。思いのたけを洗いざらい話すと気が済んだのか、ほのかの提案によって食事に行くことに。

二人の関係の良さが窺えると同時に、深雪に勝ちたいという気持ちを前面に吐露していた、雫の数少ない感情的になるシーンです。

北山雫の声を担当している声優は?

北山雫の声を担当しているのは巽悠衣子。

姉が声優志望だったため、その影響によって自身も声優を目指したのだと語っており、大学入学と同時に声優養成所へ入所します。その一年後に本科へ入ることとなり、日本ナレーション演技研究所の大阪校に入るのでした。

しばらくは関西と関東を行き来する日々が続いていましたが、大学卒業と同時に上京します。そして研修科へと進級してアイムエンタープライズに所属。晴れて声優として歩み始めることとなります。

巽悠衣子さんの代表作

  • kiss×sis:住之江りこ
  • 幻影ヲ駆ケル太陽:白金ぎんか
  • 問題児たちが異世界から来るそうですよ?:レティシア

まとめ

『魔法科高校の劣等生』の北山雫について、彼女の学年や年齢といった基本プロフィール、性格・名セリフを紹介してまとめてみました。

北山雫は口数が少なく表情も豊かではありませんが、九校戦においては達也とのふれあいの場面で様々な感情を窺わせます。また深雪に決勝戦で負けた後は珍しく泣いているところも描かれるのでした。

また司波達也に対しては、ほのかが恋心を抱いている対象であるため応援する立場である者の、専属エンジニアに勧誘するなど、独自にアプローチを試みます。結局断られはしますが、断られても諦めないとして、達也に惚れている様子を覗かせています。

雫が活躍している場面は限られていますが、原作外伝となる『魔法科高校の優等生』ではレギュラー格の扱いとなっています。より彼女の素顔に迫りたいという方は、そちらを読んでみることをおすすめします。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。