癒し系爆乳美少女は希少な才能の持ち主!『魔法科高校の劣等生』柴田美月を紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。柴田美月は司波達也と同じく二科生として第一高校に入学します。外見通りに大人しい少女である柴田美月は、『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます!

水晶眼をもつ癒し系爆乳美少女!柴田美月の魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する柴田美月は、司波達也と同じく二科生として第一高校に入学し、千葉エリカや西城レオンハルト、吉田幹比古らと親しくなります。そして達也の妹である深雪を介して、北山雫と光井ほのかとも交流を深めることに。

とても大人しい性格をしており、まさに癒し系と称するに相応しい美月ですが、そのプロポーションは作中でずば抜けており、爆乳美少女という名を勝ち得ています。また同級生よりも上級生からの人気が高いことが明らかになっています。

そんな彼女は戦闘向きではないキャラクターの一人。果たして『魔法科高校の劣等生』において、どのような活躍を見せているのでしょうか?柴田美月の学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフをピックアップして紹介してまとめていきます。

学年や年齢は?柴田美月のプロフィール♪

  • 学年:1年E組(二科生)
  • 年齢:15~16歳

柴田美月は司波達也と同じく二科生として国立魔法大学付属第一高校に入学します。そこで千葉エリカや西城レオンハルト、吉田幹比古と出会って仲良くなるのでした。また司波深雪を仲介して、北山雫と光井ほのかとも知り合うこととなります。

魔法師の家系の生まれではない美月ですが、隔世遺伝によって魔法の素質が発現したことをきっかけに、魔法師の道へと進むことに。将来は達也と同じく魔法工学技師を志望していると明らかにされています。

また古代魔法師にとって希少な才能とされる水晶眼の持ち主で、そのことをきっかけに吉田幹比古とは親密な関係へと発展するのでした。大人しく男性と話すことも苦手な美月でしたが、エリカに振り回されたこともあって、人付き合いに慣れていきます。

柴田美月はどんな性格をしているのか?

見た目通りに大人しい性格をしている柴田美月。人付き合いも苦手な方でしたが、千葉エリカと親しくなったことで彼女の行動に振り回されるようになるものの、そのことをきっかけに付き合い方を修得していきます。

それでも人と話すことは苦手で、特に男性とは恥ずかしがりながら会話することが多いのも変わりません。吉田幹比古とは親しくなるものの、次第に意識するようになりますが、互いに奥手であるため中々先に進まないのでした。

また天然であり鈍いところもある美月ですが、芯は強いという性格もしています。そのため上級生からは癒し系の妹キャラとして人気が高く、注目を集めている存在でもあります。

各物語で描かれた柴田美月

柴田美月は『魔法科高校の劣等生』のキャラクターにしては珍しく、戦闘を担当するキャラクターではありません。そのため、必然的に登場シーンは限られています。

そんな彼女は作中において、どのような活躍が描かれているのでしょうか?様々なシーンからピックアップして、紹介していきます。

九校戦編

千葉エリカに連れられて九校戦の応援に駆けつけることとなった柴田美月。振り回される形となるものの、彼女もまたアルバイトとして宿舎で様々な業務をこなしながら第一高校優勝を願って応援するのでした。

しかし九校戦は不穏な空気に包まれており、第一高校の選手を中心として事故が多発している状況が続くのでした。そこで美月がもつ水晶眼の力を使って、会場内の異変を察知することに成功。達也はそのおかげで、テロリストグループが絡んでいることを勘ぐります。

彼女の力がなければ、達也も何が起こっているのかを突き止めるまでには至らなかったのではないでしょうか。美月の持つ特異な力があってこそ、第一高校が九校戦で優勝を果たすことができたと言っても過言ではなく、影の功労者と言えそうです。

横浜騒乱編

論文コンペ達也がスタッフとして参加することとなり、美月は同じ魔法工学技師を目指す友人にエールを送ります。また警備スタッフとして参加することが決まっていた吉田幹比古とは、この時に急接近することに。

それは警備スタッフの訓練が行われている時で、美月は差し入れの食事を作っては警備スタッフに選ばれた学生に労いの言葉をかけるのでした。それは幹比古にも同じで、同時に少しばかり話し込みます。

互いに意中の存在でありながら、中々両者の関係は進展せずにいました。しかしながら、この出来事をきっかけに二人の距離は縮まることとなります。

押さえておきたい柴田美月の名セリフ!

大人しい性格であり、さらには千葉エリカや西城レオンハルトの陰に隠れることが多い柴田美月。彼女は作中でどのようなセリフを残しているのでしょうか?

数少ないシーンの中から彼女のセリフを選びぬき、紹介していきましょう。

何の権利があって二人の仲を引き裂こうとするんですか

入学編で一科生と二科生のトラブルが起こりましたが、事の中心にいたのは司波達也と深雪の二人でした。方や一科生であり、兄は出来損ないの二科生として、志波深雪に離れて一科生と行動するように同級生から指示されるのでした。

その言葉に反論したのが柴田美月で、兄妹なのに二人で行動できないのはおかしいだろうと指摘します。人付き合いが苦手ながらも、言うべき場面ではしっかりと発言する強さも持っている節が窺える名セリフです。

『精霊』が吉田くんのローブにいっぱい群がってる

新人戦モノリス・コードにおいて、急遽参加することになった吉田幹比古ですが、事前に集中して精霊との交信を試みるのでした。霊峰・富士の麓が会場であったためか、いつも以上に精霊とのやり取りができたのかもしれません。

そのことが柴田美月のセリフから窺え、かつて神童と称された幹比古を加護するかのように精霊が集います。美月の水晶眼をもってすれば造作もないことで、さらには達也の魔法についても見破ることすらできるため、意外に侮れない存在であることが分かります。

柴田美月の声を担当している声優は?

柴田美月の声を担当しているのは佐藤聡美。

東京アナウンス学院在学時からラジオ番組のアシスタントを務め、数年後となる2007年から声優デビューを果たします。またデビュー翌年には『地獄少女 三鼎』、『けいおん!』を経て、声優としての知名度が飛躍的に知られることに。

ブレイクのきっかけとなった『けいおん!』では明るい少女キャラクターを演じましたが、それまでは物静かな少女役を演じることが多かった佐藤聡美。そのため、周囲の友人だけでなく本にですら、そのことには驚いたというエピソードが語られています。

過去の出演作について

  • アスラクライン:志津間哀音
  • FAIRY TAIL:ウェンディ・マーベル
  • 氷菓:千代田える

まとめ

『魔法科高校の劣等生』に登場する柴田美月について、学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフをピックアップしてまとめました。

一見すれば癒し系の爆乳美少女という見方が強い柴田美月ですが、性格としては大人しく人付き合いが苦手な女の子であることに変わりありません。しかし重要な場面においてはしっかりと発言をすることがあり、意外に芯が強いことを窺わせています。

また『魔法科高校の劣等生』では珍しく戦闘を担当することがないキャラクターの一人で、基本的には守られる側の立場にいる人物。それでも彼女が持つ水晶眼で敵の罠やトラップなどを見破ることができるため、主に後方支援で活躍しています。

達也と深雪以外に、千葉エリカや西城レオンハルトといった濃いキャラクターの陰に隠れがちな美月ですが、物語において重要な部分で鍵を握っているのも事実。彼女の立ち位置に注目してみれば、また違った面白さを楽しめるかもしれません。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。