人当たりも良い絵に描いたような生徒会長!『魔法科高校の劣等生』七草真由美を紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。国立魔法大学付属第一高校の生徒会を務める七草真由美は、容姿端麗でありながら高い魔法力をもつ人物でもあります。そんな七草真由美は『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

名門校の生徒会長は小悪魔気質?七草真由美の魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する七草真由美は、司波達也らが入学する国立魔法大学付属第一高校で生徒会長を務めており、彼らを快く迎え入れます。絵に描いたような生徒会長である彼女ですが、本性は小悪魔のような性格をしています。

しかしながらルックスの良さに加えて高い魔法力、さらにディベートの能力も高いため、誰もが認める生徒会長であることには変わりありません。魔法においてはすでに高校生を超えた実力であるとも言われているようです。

そんな七草真由美ですが、『魔法科高校の劣等生』においてどのような活躍を見せているのでしょうか?彼女の学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してまとめていきます。

学年や年齢は?七草真由美のプロフィール♪

  • 学年:3年A組(一科生)
  • 年齢:17~18歳
  • 得意魔法:遠隔精密射撃魔法

『魔法科高校の劣等生』に登場する七草真由美は、国立魔法大学付属第一高校の生徒会長を務めており、物語当初から司波達也らと大きくかかわっていきます。学内では部活連会頭の十文字克人と風紀委員の渡辺摩利と並んで、三巨頭と称されているのでした。

彼女は十師族の一つ・七草家の長女であり、七草家では苦手とする魔法系統は存在せず、万能の二つ名で呼ばれています。その中でも七草真由美は遠隔精密射撃魔法を得意としており、マルチスコープを併用すればその精度は100%近くにまで達するほど。

すでに高校生離れしているほどの魔法力を有している七草真由美ですが、唯一のコンプレックスは小柄な身長であること。達也に接近する時は幼児体型と自虐するものの、身長以外のルックスとスタイルには自尊心を持っています。

七草真由美はどんな性格をしているのか?

七草真由美は絵に描いたような生徒会長を務めており、学内の誰もが羨み認める存在。しかし生徒会など、一部の心を許した人物に対しては本性をさらけ出しており、小悪魔的な性格で周囲を翻弄することも。

また生徒会長として、学内における一科生と二科生の垣根を無くそうと画策。そのために二科生である司波達也を風紀委員として推薦し、差別撤廃に向けて尽力するなど活動をする一面も描かれるのでした。

魔法師としての実力は、遠隔精密射撃魔法の分野で十年に一人の逸材として、世界屈指の人材であると謳われています。しかしそのことで決して驕ることもなく、生徒会だからといって無理な命令を下すこともありません。

各物語で描かれた七草真由美

入学編

入学式早々に一科生と二科生のトラブルに見舞われて頭を悩まめる七草真由美ですが、司波達也の素質を見抜いて、自身が掲げる学内差別撤廃を達成すべく、彼を風紀委員として推薦するのでした。

同時に妹である司波深雪も生徒会に招き入れ、そこでは猫を被ることなく小悪魔的な性格をさらけ出して接します。そして新入部員勧誘時における達也の活躍を聞いて、心なしか喜ぶのでした。

九校戦編

第一高校の生徒会長として、また一人の出場選手としても目覚ましい活躍を披露したのが七草真由美です。出場試合では他の追随を決して許さない圧倒的な成績で優勝を収め、第一高校優勝に大きく貢献します。

また試合以外にも優勝に導くために最善の作戦や今後の方針を策定するなど、ずば抜けた分析力を披露しながら、エンジニアとして参加している司波達也に労いの言葉をかけてはエールを送るのでした。

彼が妹である司波深雪のCADに細工をされてスタッフを取り押さえた時には、その情報を耳にした途端に慌てたとも描かれています。事情は耳に入っていたため、兄妹愛を見せつけなくてもいいと茶化すことも。

そして無事に第一高校は九校戦で優勝を収め、生徒会長として最後の九校戦を有終の美で飾ることとなります。最終日に行われたパーティーでは達也と踊りましたが、その時の表情は喜びで満ち溢れているのでした。

横浜騒乱編

生徒会長としての職務は後輩である中条あずさに引き継がせて、一般生徒となった七草真由美。論文コンペの会場が襲撃に遭うと、率先して行動を起こすのではなく、新たに生徒会長となったあずさに助言を送りながら、自ら十師族の一員として事件解決に奔走します。

会場内ではVIPルームで今後の方針を模索する中、達也が見せた魔法について違和感もしくは疑惑の目を向けるのでした。二科生ながら卓越した能力を持っていたことは承知だったものの、異様なまでの力に驚きを隠せずにいます。

またチャーターしたヘリを使って現場から離れる際、深雪からの達也の魔法の秘密を聞かされると、その事実に驚嘆するのでした。そして上空から魔法協会支部がルー・ガンフーに襲われているところを目撃すると、摩利らと協力して撃退に成功します。

一方で達也に対して急接近を試みたのは、この横浜騒乱編で論文コンペの資料を漁っている時でした。狭い個室で迫ってみるも、達也に反撃を喰らって赤面しますが、それ以降も意中の存在として彼を見守り続けます。

押さえておきたい七草真由美の名セリフ!

大怪我をしたはずの達也くんが、何故立ち上がって戦い続けたの!?

九校戦におけるモノリス・コード新人戦では、さすがの司波達也も一条将輝の圧倒的な力を前では防戦一方でした。しかしながら隙を見て攻撃を仕掛けようすると、それに反応した一条将輝はミスでルール違反となる過剰攻撃をしてしまうのでした。

その一部始終を見ていた七草真由美ですが、それでも何食わぬ顔で立ち上がった司波達也に安堵しながらも、その異常さに冷静さを失うのでした。誰も返答ができずにいましたが、以降は彼の能力について疑問を抱えるのようになるのでした。

ごめんね~お姉さんに幼児体型で

達也が論文コンペに向けて資料を集めている際、狭い個室ブースであるにもかかわらず、七草真由美は彼に積極的なアプローチを試みるのでした。

彼女らしい小悪魔な部分が出て年上の女性であることをアピールするものの、司波達也にはその言葉は届くことはありません。そこで観念したのが、冗談めかしに「幼児体系でごめんね」と自虐っぽく言うのでした。

しかしかえって達也に反撃される機会となってしまい、耳元そっと囁かれると思わず赤面して冷静さを失ってしまいます。手のひらで踊らされているように描かれていますが、そんなことすら楽しんでいる彼女宇の様子が窺えます。

七草真由美の声を担当している声優は?

七草真由美の声を担当するのは花澤香菜。

幼稚園児の頃から子役として乙どうしており、バラエティやドラマなど、様々な番組でレギュラー出演を果たしていました。そして14歳の頃に声優としてデビューし、2006年にはレギュラーを獲得したことで、本業に据えて活動し始めます。

美しく澄んだ声質が人気の要因として挙げられることが多い花澤香菜は、監督からも超絶癒しボイスと絶賛されるほど。そのため声優だけでなく歌手としても、また朗読イベントにも参加している実力派声優の一人です。

過去の出演作について

  • ToLOVEる:結城美柑
  • 物語シリーズ:千石撫子
  • IS<インフィニット・ストラトス>:シャルロット・デュノア

まとめ

『魔法科高校の劣等生』の七草真由美について、学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してみました。

まさに理想的な生徒会長として描かれているの七草真由美ですが、しかし本性は小悪魔的な性格をしており、後輩の中条あずさをよくからかっているシーンが描かれています。その表情を披露するのはごく一部の人間だけで、達也にも隠すことなく見せていることから、出会ってから間もなく、信頼していることが分かります。

また魔法師としての実力も高く、積極的に戦闘に介入することはありませんが、十師族の一員としての責務を果たすべき時は躊躇なく行動に出ます。得意魔法である遠隔精密射撃魔法は精度がずば抜けており、九校戦だけでなく横浜騒乱編でも能力の一端を覗かせるのでした。

美人であり知識も兼ね備えている七草真由美。小悪魔的な性格をしていることから、ファンの間でも人気を勝ち得ているキャラクターでもあります。彼女の言動に注目して見れば、『魔法科高校の劣等生』もより面白く見れるかもしれません。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。