圧倒的火力を持つクリムゾン・プリンス!『魔法科高校の劣等生』一条将輝を紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。一条将輝は九校戦編から登場し、第三高校の学生として司波達也と対峙します。以降ライバル関係となりますあ、一条将輝は『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

容姿・魔法力・知識の三拍子が揃う!一条将輝の魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する一条将輝は、第三高校に入学した一条家の御曹司。そこではカーディナル・ジョージこと吉祥寺真紅郎と親しくなり、初登場となった九校戦編では二人の信頼関係も相まって、第一高校の優勝を阻む存在として現れるのでした。

得意とする魔法は発散系魔法の爆裂で、13歳の時にすでに義勇兵として新ソ連の佐渡侵攻を防ぎ、死線を潜り抜けるのでした。彼が使用する魔法は軍事目的で開発されたものであるため、その殺傷性は作中でもトップクラスです。

そんな一条将輝は司波達也のライバルとして物語に関わってきますが、果たしてどのような活躍を見せているのでしょうか?彼の学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介していきます。

学年や年齢は?一条将輝のプロフィール♪

  • 学年:1年生
  • 年齢:15~16歳
  • 得意魔法:発散系魔法「爆裂)

別名「クリムゾン・プリンス」と称されている一条将輝は、国立魔法大学付属第三高校に入学した一条家の御曹司。13歳の頃には義勇兵として戦場を闊歩した実績もあり、作中でもずば抜けて戦闘力が高い人物となっています。

彼が駆使する魔法は爆裂と呼ばれており、対象物内部の液体を強制的に気化させて、その体積変化によって敵を殺傷するというもの。元は軍事目的で開発されたものでもあるため、殺傷ランクはAとされています。

九校戦編では第三高校のエースとして最終的に準優勝を果たすことに。達也がチームスタッフとして参加していなければ第一高校の優勝はなかったため、敵に回したくない存在でもあります。

一条将輝はどんな性格をしているのか?

一条家の御曹司として顔は整っており、また知力だけでなく魔法師としての実力もトップクラス。それらに驕ることなく、しっかりと自身の信念を持って、地に足をつけて行動している姿が強い一条将輝。

とても正義感に溢れる人物で、横浜騒乱編では自身が十師族の人間であることも踏まえて事件解決のために行動します。彼が義勇軍に参加したことにより、戦いも思いのほか早く鎮静の方向に進んだことでしょう。

九校戦編では志波深雪に一目惚れしますが、彼女が司波達也の妹であることは最終日まで気づきませんでした。意外に鈍感なところもある一条将輝ですが、その事実を知ると、達也を打ち負かすまでは告白しないことを決意するのでした。

また日記をつけることが日課になっているのか、まめな部分も窺えます。一条将輝が日記を付けていることはカーディナル・ジョージすら知らなく、周囲には秘密にしているのかもしれません。

各物語で描かれた一条将輝

九校戦編

一条将輝は九校戦編から登場しており、そこでは第一高校のライバル校となる第三高校のエースとして出場するのでした。

モノリス・コード新人戦で圧倒的な力で相手校をねじ伏せるだけでなく、第一高校と優勝を争っている最中、戦略会議を行っている時に達也の存在が優勝の命運を分けるなど、冷静に分析をします。

そうしてモノリス・コードでは司波達也と初めて対峙することとなります。序盤こそ一条将輝は圧倒的な火力で司波達也を苦しめ、本気を出した司波達也ですら攻撃を回避することはままなりませんでした。

しかし敵意を全開にして向かってきた達也に一瞬おののいてしまい、規定違反となる火力で達也を攻撃して死に至らしめてしまうのでした。達也は自己修復術式を自動発動させることで死ぬことはありませんでしたが、その隙を突かれて一条将輝は敗れてしまいます。

また九校戦の最中で一条将輝は司波深雪に一目惚れしてしまいますが、最終日まで司波深雪の兄が司波達也であることに気づきませんでした。それ以降、一条将輝は司波達也をライバルとして見定め、彼を打ち倒すまで告白は預けることを決めます。

横浜騒乱編

論文コンペが魔法協会横浜支部で行われるため、その警備スタッフとして第三高校の一条将輝も参加するのでした。そこでライバルである司波達也とも再会を果たすことになります。

会場のみならず横浜一帯が戦場となると、警備スタッフとして一条将輝は全学生の避難誘導を行うよりも、敵の殲滅に打って出ます。そこでは13歳の時に義勇兵として戦場を駆け抜けたクリムゾン・プリンスの姿がありました。

しかし爆裂は殺傷能力が高い魔法であるため、目の前で一条将輝の魔法で倒れていく姿を見ては、同じ第三高校の生徒は恐怖感を覚えるのでした。そして一条将輝は親友であるカーディナル・ジョージに仲間を無事に避難させることを託し、その足で義勇軍に参加するのでした。

義勇軍として参加した一条将輝は、そこでも能力の高さをいかんなく発揮します。そしてテロリストの首謀者が潜むと思われる周公瑾の住まう施設にたどり着き、彼が犯行グループのメンバーを捉えて引き渡したことにより、事件は解決へと至ります。

圧倒的な力を存分に見せつけた一条将輝。その実力は司波達也にも劣ることはなく、事態の収束に大きく貢献するのでした。

押さえておきたい一条将輝の名セリフ!

高校生のレベルじゃない。一種の化け物だ

九校戦の優勝争いは第一高校がリードしており、僅差で第三高校が後を追随している状況でした。優勝に向けて負けられない戦いが続いているのは第三高校も同じで、一条将輝は一度冷静になって状況を分析します。

彼が導き出した答えは、優秀なエンジニアが第一高校に存在していること。まさに司波達也のことを指しており、使用するデバイスでは一回りも二回りも後手を踏んでいることを認めるのでした。

その的確な分析力とこれからどう打って出るのかを冷静に見極めるだけの洞察力を持っている一条将輝。作中で司波達也に匹敵する人物と言えば、彼以外にないと思わされてしまいます。

俺は一条だからな

横浜騒乱編では圧倒的な力を見せつけて敵を退ける一条将輝ですが、同時に第三高校の仲間にその桁違いな能力を披露することに。ましてや爆裂を以て敵を殲滅していたため、彼らの多くは血生臭い光景に体調を崩す人が続出していました。

そんな学生に気を使ってか、一条将輝はそのまま義勇兵として横浜騒乱の事件に関わっていくことを決意します。親友であるカーディナル・ジョージは気にせずバスに乗って非難することを進めますが、十師族・一条家の人間だからとして断ります。

ジョージの気遣いに感謝しながら、同時に十師族の一員として使命を全うすることを選択した一条将輝。しかしながら、真実の姿を見せてしまったことに、半ば心に傷を抱えていたのかもしれません。

一条将輝の声を担当している声優は?

一条将輝の声を担当しているのは松岡禎丞。

高校3年生までは自動車整備士を目指しながら声優に憧れていましたが、出身地である北海道では養成所がないことを知ると上京します。そして日本ナレーション演技研究所に入所し、2009年からアイムエンタープライズに所属します。

親しい声優には柿原徹也が挙げられ、『弱虫ペダル』で共演したことをきっかけに二人でロードバイクを買いに行ったとのこと。またその他の声優とも、一緒にご飯を食べる時間を大事にしていることから、よく食事に誘うことが多いと言われています。

松岡禎丞さんの代表作

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか:ベル・クラネル
  • 弱虫ペダル:青柳一
  • エロマンガ先生:和泉正宗

まとめ

『魔法科高校の劣等生』の一条将輝について、学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してまとめてみました。

容姿端麗で成績も優秀である一条将輝は、第一高校だけでなく司波達也の前に立ちはだかります。しかし達也に敗戦を喫したことにより、以降は彼をライバルと見定めて、いつしか打ち負かすことを心に誓います。

また横浜騒乱では、十師族の一員として戦場を表情変えることなく敵を撃退していきます。その光景は仲間にトラウマとして印象付けるものとなりますが、一条家の長男として為すべきことを為すしかありませんでした。

一方で志波深雪に一目惚れしてしまうところもあり、方や九校戦最終日まで司波達也が兄であることを気付かないという一面も。だぐい稀な戦闘力の高さが印象的ですが、実に人間らしいお茶目な部分も描かれているのが、何よりの魅力と言えるでしょう。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。