考えるよりもまず身体を動かす!『魔法科高校の劣等生』西城レオンハルトを紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。西城レオンハルトは司波達也と同じく二科生として第一高校に入学します。そして共に戦い、事件解決に貢献するのでした。そんな西城レオンハルトは『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

肉体の強さは魔法に匹敵!?西城レオンハルトの魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する西城レオンハルトは、主人公である司波達也と同じく二科生として第一高校に入学。そこでは千葉エリカや柴田美月、吉田幹比古らと親しくなり、司波深雪を介して北山雫と光井ほのかとも交流を深めます。

見た目からも想像できる通り、魔法師でありながら肉弾戦を主に得意とするレオ。魔法で使用するCADや武器を硬化させて相手にダメージを与える戦術を好み、また将来的に機動隊や山岳警備隊といった身体を動かす職に就くことを志望しています。

そんな西城レオンハルトは『魔法科高校の劣等生』において、どのような活躍を見せているのでしょうか?彼の学年・年齢といった基本プロフィールから、さらに性格や名セリフをピックアップして紹介していき、魅力に迫っていきましょう。

学年や年齢は?西城レオンハルトのプロフィール♪

  • 学年:1年E組(二科生)
  • 年齢:15~16歳
  • 得意魔法:硬化魔法

西城レオンハルトは達也と同じく二科生として国立魔法大学付属第一高校に入学します。そのため物語開始時点での学年は1年生であり、年齢も15~16歳となっています。

得意とする魔法は硬化魔法で、手にする武器やCADを硬化させて敵にダメージを与えていく肉弾戦を得手としているレオ。魔法師ながらアナログな戦法を取り、さらに愛用のCADも音声入力式という珍しいものを使用しています。

その肉体の強さは、単体でも魔法に匹敵するほどの威力を誇っており、さらに運動能力と耐久性も兼ね備えています。実は調整体として数少ない成功例の一人で、その体質を祖父から受け継いでいることも由来しています。

西城レオンハルトはどんな性格をしているのか?

見た目から想像できるように、西城レオンハルトは考えるよりも身体を動かすことを優先して行動します。そのため魔法によって手にする物を強化させ、肉弾戦で相手を倒していくスタイルを好んでいます。

肉体バカというわけではなく、国立魔法大学付属第一高校に入学していることから、学力が低いということでもありません。実際に勘や洞察力に優れている節があり、随所でその片鱗を覗かせているシーンが描かれています。

各物語で描かれた西城レオンハルト

入学編

入学してから司波達也や千葉エリカ、柴田美月とクラスメイトということで親しくなり、さらに達也の妹である深雪とも交流を深めるレオ。政治結社ブランシュによる襲撃事件では、達也らと共に行動して相手を撃退していきます。

その際に披露したのが得意の硬化魔法で、愛用するCADを硬化させて次々に倒していくのでした。音声入力式デバイスを使用しているところを馬鹿にされるものの、身体を動かして使う部分で性に合っていると気に入っている様子が窺えます。

その後、ブランシュの本拠地へと乗り込み、ここでもエリカと協力して敵を無力化することに成功。一年生かつ二科生という肩書きながら、見事な活躍をみせるのでした。

九校戦編

エリカのコネによって九校戦の応援に駆けつけることとなったレオ。出場選手が宿泊する施設でアルバイトとしてやってくるも、パーティー中はウェイターではなく厨房での皿洗いなど、雑用を任されているのでした。

しかし新人戦モノリス・コードで第一高校の選手が怪我によって出場できなくなった際、達也の指名によって急遽参加することとなります。事前に達也が開発した新型CADの試験役として実験に参加していましたが、それをそのまま本番でも使用することに。

試合中、達也は一条将輝の相手で手一杯の状態でしたが、レオは幹比古と協力してカーディナル・ジョージの攻撃を凌ぎます。そして達也が決着を付けた頃、レオもジョージに一撃を与えて優勝に大きく貢献するのでした。

横浜騒乱編

論文コンペが行われる以前、エリカから決め手に欠けると指摘されたレオは、千葉家の道場で特訓を行うことになります。そこでエリカから千葉家の秘剣・薄羽蜻蛉を伝授されますが、修得までの期間は困難続きでした。

最終的に秘剣を会得することとなったレオは、横浜一帯が戦場となるや否や、特訓の成果を披露することとなります。敵兵についてはこれまで通りに難なく倒すことができますが、しかし魔法協会を襲撃するルー・ガンフーには太刀打ちできませんでした。

最後は七草真由美によって仕留められますが、事件解決後、レオは怪我による入院を余儀なくされるのでした。そこにエリカはお見舞いに来ていることが明らかとなっており、戦闘時だけでなく私生活においても弟子扱いされることとなるのでした。

押さえておきたい西城レオンハルトの名セリフ!

パンツァー!

入学編で見せたレオの愛用する音声入力式CADを使用する際に発する言葉。

彼の代名詞的なものであるため名セリフとしてピックアップしましたが、ここに彼の性格が凝縮されています。考えるよりも身体を動かすというシンプルな考えに基づいて行動しており、いかにも彼ら示しさが如実に表れています。

おもしれぇ!是非とも教えてもらおうじゃねぇか

入学早々に一科生からブルームと差別扱いされるレオやたちですが、達也は穏便に回避できないものかと考えていました。しかしレオは一科生の挑発にまんまとのってしまい、トラブルへと発展していきます。

喧嘩っ早いわけではなく、思考が単純であることが窺えるシーンですが、こと戦闘においては勘の鋭さを見せることも。しかし考えるよりも身体が動いてしまうのか、以降は達也に制止を喰らうことが多々あります。

西城レオンハルトの声を担当している声優は?

西城レオンハルトの声を担当しているのは寺島拓篤。

寺島拓篤は2004年に声優デビューを果たしており、翌年放送された『創聖のアクエリオン』では、主人公のアポロを演じたことで、これがTVアニメデビューとなっています。

趣味を歌やイラスト、天体観測やビリヤードなど多彩に挙げており、またギャルゲーやフィギュア集めにも興じているとのこと。また『セイクリッドセブン』に出演に出演すると、パワーストーンへの興味も持ち始め、多彩な趣味を持っている声優の一人。

過去の出演作について

  • シゴフミ:野島要
  • 会長はメイド様!:更科郁斗
  • SUPER LOVERS:海棠蒔麻

まとめ

『魔法科高校の劣等生』の西城レオンハルトについて、学年・年齢といった基本プロフィールから、性格や名セリフをピックアップして紹介してまとめました。

まさに見た目通りに肉体派であることが明らかな西城レオンハルトですが、多くの場面ではその通りの人間に映ります。しかし時折、勘の鋭さを窺わせるシーンもあり、単に肉体バカと見ることはできません。

またエリカから秘剣を教わる際も、𠮟責されてから黙々と特訓に取り組む様子が描かれています。ひたむきに努力することもあり、達也からも信頼されていることも明らかに分かります。

そんな西城レオンハルトは、アニメではサブキャラ的立ち位置であるものの、随所で活躍しているのでした。ぜひアニメを見る際は彼の行動や言動に注視してみて、より細かく見てみると面白いかもしれません。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。