強大な存在感を示す第一高校三巨頭の一人!『魔法科高校の劣等生』十文字克人を紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。第一高校の学生でありながら、すでに十師族の会議に出席して実務をこなしている十文字克人。そんな十文字克人は『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

十師族の実務をこなす鉄壁の男!十文字克人の魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する十文字克人は、国立魔法大学付属第一高校で部活連会頭を務めており、生徒会長の七草真由美と風紀委員の渡辺摩利と並んで、三巨頭の一人に称されています。

三巨頭の中でも一番の人格者とされており、回り集まる学生からの信頼は相当厚い十文字克人。彼もまた七草真由美と渡辺摩利と同じく、一科生と二科生の間にある差別問題について考えているのでした。

そんな十文字克人は、『魔法科高校の劣等生』において、どのような活躍を見せているのでしょうか?彼の学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してまとめていきましょう。

学年や年齢は?十文字克人のプロフィール♪

  • 学年:3年生
  • 年齢:17~18歳
  • 得意魔法:ファランクス

『魔法科高校の劣等生』に登場する十文字克人は、国立魔法大学付属第一高校で部活連会頭を務める男。生徒会長の七草真由美と風紀委員の渡辺摩利と並んで、三巨頭と称されており、周囲の学生からの人望も厚い人物となっています。

得意とする魔法はファランクスと呼ばれる絶対防御と物理攻撃が表裏一体となった魔法で、様々な場面でその絶大な力を見せつけます。それは日本の魔法師の頂点に君臨する一族の人間であることから、決して手を緩めることなく勝利することを重きに置いています。

そのファランクスは分解魔法を得意とする司波達也ですら破ることは難しいと言わせしめるほど。また彼からは巌のような男だといわれており、さらには自分に天敵とも。十師族の実務をこなしていることもあってか、苦手な存在と認識しているようです。

十文字克人はどんな性格をしているのか?

師族会議にも出席して実務をこなしている十文字克人は、周りからの人望も厚く、大きく隆起した筋肉を持っていることから、正義感に溢れた人物に映ります。存在感も相まって、敵は対峙しただけで怯むこともあるでしょう。

しかし実際には無理なことさえ強引に押し通してしまうほどの強引な性格をしており、かつ天然であるとのこと。あまり天然を窺わせる描写は描かれていないものの、強引に思うように進める様子は多々あります。

ただし相手の状況や背景組織などを鑑みては、逐一冷静に状況を見極めることもできるのが十文字克人。横浜騒乱編では日本魔法師の威厳を保つため、怯むことなく戦うことを支持しますが、彼の鼓舞によって奮い立った人間は多々いることでしょう。

各物語で描かれた十文字克人

入学編

政治結社ブランシュによって図書館に保管されている機密データが持ち出されようとする事件が発生します。司波達也らは校内に潜入した敵を次々と撃退していき、さらに本拠地へと乗り込むのでした。

十文字克人は桐原武明を連れて、司波達也らと共にブランシュの本拠地へと乗り込みます。ファランクスを展開して絶対防御を敷いては、隙を見て桐原が敵陣へと突っ込んで次々と切り払っていきます。

最後にとどめを刺そうとする桐原ですが、無駄な殺生をするなと言わんばかりに武原を制止する十文字克人。急ぐこともなくゆっくりと着実に敵をなぎ倒していき、すでに達也が敵を無力した時に彼と合流を果たすのでした。

戦いにおいては防御を張るだけで攻撃は武原に任せっきりでしたが、そのシーンは地味と思ったことでしょう。しかしながら一ミリも傷をつけることができないため、その圧倒的な力量の差を見せつけているのは注目です。

九校戦編

部活連会頭として、また第一高校の人間として優勝は義務付けられているものと認識しながら、十文字克人は九校戦に出場。出場している試合はモノリス・コードとなっており、他の試合に出ずに出場選手に気合を入れる精神的支柱の役割が多いのかもしれません。

自身が出場する試合の直前に、司波達也が十師族の一つ・一条家の長男である一条将輝を打倒してしまったことで、事態は思いのほか深刻な状況となるのでした。十師族としての面子を汚されたことと同義であるため、彼に力の差を見せつけて勝利しろとの命令が下ってしまうのでした。

その命令を控え室で嫌々聞き入りますが、すでに師族会議にも出席している身であることから、忠実に実行するほかない十文字克人。優勝戦では単身敵陣地へと進み、ファランクスを以て完膚なきまでに叩きのめすのでした。

横浜騒乱編

論文コンペの警備スタッフの指揮を執る立場となった十文字克人は、第一高校での事前の訓練では容赦なく鍛え上げます。そして会場地図や周辺状況などを逐一チェックしつつ、参加メンバーに対して労いの言葉をかけるなど、指揮官として立派に活動するのでした。

横浜一帯が戦場となった際には、建物内に残っている学生の捜索や万が一逃げ遅れている学生のために、飛来するミサイルや弾を打ち落としていきます。また会場に独立魔法大隊の人員が到着した時には、その正体をひと目で見破っています。

そして魔法大隊の協力によって、魔法協会横浜支部に向かうことができた十文字克人は、十師族の一員として職務を全うします。全身をCADで武装して前線で陣頭指揮を取りながら、対峙する敵を次々と撃破。

事件解決に貢献するだけでなく、敵の火力の前に臆してしまいそうな時にも、前に立って全魔法師を鼓舞するなど、精神的にも力を与えながら活躍するのでした。

押さえておきたい十文字克人の名セリフ!

後退するな!!

横浜騒乱では敵の圧倒的な火力の前に後手を踏み続ける魔法師でしたが、そこに十師族の一員である十文字克人が駆け付けるのでした。

彼が駆け付けたことによって、これまで押され続けていた戦況が一気に好転します。そこには全身を武装しながらファランクスで敵を打ち倒す十文字克人が最前線で戦っており、また精神的支柱として、味方の魔法師を奮い立たせます。

十師族の強さを誇示するような試合を求めている…ということだな

司波達也が九校戦・モノリス・コード新人戦において、一条将輝を倒してしまったことを、十師族は重く見ていました。そして七草真由美に連絡が入り、十文字克人に対して全力で相手を倒すよう指示するのでした。

まさに彼が発言した通りの内容で出場したモノリス・コードは文句なしの結果で幕を閉じます。そして第一高校の総合優勝も掴み取り、十師族の人間である威厳を保つことに成功するのでした。

また同時に、十師族という存在の強さが窺えるセリフでもあり、威厳を保つためとは言え、その強引な指示に従うことを快く思ってはいませんでした。

十文字克人の声を担当している声優は?

十文字克人の声を担当する声優は諏訪部順一。

元々は映画監督を志望していた諏訪部順一ですが、数々の職を渡り歩いたのちに養成所へと入所します。そして卒業後、東京俳優生活協同組合に所属して、芸能活動をスタートさせるのでした。

20代の頃からゴールデン枠でのテレビ番組やCMのナレーションを務め、他にもナレーターやラジオDJの活動を展開していた諏訪部順一。声優は『テニスの王子様』で跡部景吾役を演じたことをきっかけにブレイクを果たし、その後、跡部景吾名義でのCDが順調であったことから、歌手としても活動するようになるのでした。

諏訪部順一さんの代表作

  • Fate/stay night:アーチャー
  • 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD:小室孝
  • うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%:神宮寺レン

まとめ

『魔法科高校の劣等生』に登場する十文字克人について、学年や年齢といった基本プロフィールから、性格・名セリフを紹介してまとめてみました。

十文字克人は、十師族の一員としての責務を全うしながら学生生活を送っており、ごく普通の学生のように青春を謳歌する様子はありません。その様子から、周りの学生から大きな信頼を寄せられることになります。

圧倒的な力を見せつけて勝利するさまは見ていて気持ちがいいものですが、しかし十師族からの命令によって行動している部分もあるため、本人としては気持ちがいいものではないと感じている様子。

しかし横浜騒乱では、自ら十師族の一員として戦闘に参加する魔法師の士気を高める存在となり、身体を張って鼓舞して事件解決に貢献するのでした。

年齢以上に落ち着いており、また存在感もあって、見ていて面白い存在である十文字克人。司波達也が苦手とする相手の一人であるため、どのような人物なのかを実際にその目でも確認して頂ければ幸いです。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。