複雑な魔法を扱う技術はトップクラスの実力!『魔法科高校の劣等生』光井ほのかを紹介♪

2014年に放送された人気ライトノベル作品を原作とする『魔法科高校の劣等生』。光井ほのかは第一高校に一科生として入学し、そこではヒロインの司波深雪と親しくなります。光井ほのかは『魔法科高校の劣等生』においてどんな活躍をしていたのでしょうか?その詳細に触れていきます。

司波達也に想いを寄せる気の弱い少女!光井ほのかの魅力に迫ります♪

『魔法科高校の劣等生』に登場する光井ほのかは、国立魔法大学付属第一高校に一科生として入学。親友である北山雫とともに行動し、また司波深雪とも親しくなって友人関係となります。

司波達也とは深雪を介して知り合うこととなりますが、入学試験の時に彼の無駄のない綺麗な魔法を目の前で見たことにより、ひどく感銘を受けるのでした。

そんな光井ほのかは、『魔法科高校の劣等生』においてどのような活躍を見せているのでしょうか?彼女の学年や年齢といった基本プロフィール、さらに性格や名セリフをピックアップして紹介してまとめていきます。

学年や年齢は?光井ほのかのプロフィール♪

  • 学年:1年A組(一科生)
  • 年齢:15~16歳
  • 得意魔法:光波振動系魔法

光井ほのか第一高校に一科生として入学し、そこでは小学生からの付き合いである親友の北山雫、さらに司波深雪と親しくなります。さらに深雪を介して司波達也とも知り合うこととなります。

彼女が得意とする魔法は光に干渉する魔法となっています。さらに複雑な工程を含む魔法を難なく使いこなすことができ、その複雑な処理を行う高等技術は深雪ですら真似できないほどとされています。

それもそのはずで、ほのかは魔法実技・理論ともに4位という成績を収めており、総合で学年2位という優秀者でもあるのでした。その能力の高さは、親友である北山雫も中学校時代は唯一のライバルと認めていたほどなのです。

光井ほのかはどんな性格をしているのか?

気の弱い一面がある者の、第一高校では成績優秀者の一人である光井ほのか。優しい穏やかな性格をしていますが、光のエレメンツ血統であることが起因して、他者に依存することが多くなっています。

また司波達也は入学試験の時、目の前で無駄のない綺麗な魔法を目撃してからは気になる存在となります。しかしながら、二科生として入学してきたことにより、裏切られた感覚を持つようになりますが、その後、その考え方を持っていたことを反省するのでした。

それでも達也への憧れや思慕は変わらず、九校戦では思い切ってCAD調整を無理にお願いするなど、積極的に行動する様子が窺えます。

各物語で描かれた光井ほのか

入学編

入学式早々に、一科生と二科生がトラブルを起こしてしまいます。その際に反射的に魔法を使ってしまいますが、本来であれば風紀委員の処罰の対象となるところを、司波達也が機転を利かせてお咎めなしとなるのでした。

そのことで以前から持っていた憧れが思慕へと変わり、達也に惹かれていくこととなります。しかしながら気の弱い性格もあって、達也の前ではろくに話すこともできず、常に緊張した様子で接することが多くなっています。

九校線編

光井ほのかは九校戦の新人戦メンバーとして出場することとなります。出場種目はバトル・ボードとなっており、光井ほのかは第一高校が総合優勝を手にするため、最低でも優勝をしなければならないという役割が陰ながら課せられていました。

予選レースでは開始前に光学系起動式をたくさん用意し、レース開始と同時に水面に光学魔法を発動させます。他の選手はほのかの目くらましによって出遅れてしまいますが、その間にほのかはすでに独走状態に。

レース終了後、ほのかは一目散に達也の元へと駆け寄って予選突破を報告。さらに試合に勝てたのは達也のおかげとして、うれし涙を流しながら感謝の気持ちを伝えるのでした。

またミラージ・バットにも出場し、そこでも多大な活躍を残すことに。達也によるCAD調整をこの時初めて受けますが、そのおかげもあってか、新人戦で準優勝は確保できる一にまで付けることになります。

そして司波達也がモノリス・コード新人戦に出場することとなったため、結果的にほのかは達也が第一高校の総合優勝に大きく貢献することをアシストする結果となるのでした。

押さえておきたい光井ほのかの名セリフ!

ねっ、お茶に行かない?少しお腹が空いちゃったの

九校戦アイス・ピラーズ・ブレイクにおいて、女子新人戦は司波深雪と北山雫の同校対決による決勝戦が行われることに。北山雫は決着を着けんと意気込みますが、結果は深雪の圧勝で幕を閉じるのでした。

雫は深雪に対し、手も足も出なかったことを心の底から悔しがります。勝てないことは予め分かっていたことでしたが、それでも二人の間には相当な実力差があることを知らされ、感情の起伏が少ない彼女にしては珍しく、本音を露わにします。

そこに居合わせていたのが小学生からの付き合いである親友の光井ほのか。彼女がそれほどまでに悔しがるのも珍しいと感じていたのか、彼女にはどうすることもできません。

しかしながら、彼女なりに気を使ってみます。そのまま悔しがり続けても埒が明かないと思ったのか、気分転換のためにお茶に行くことを提案。雫も彼女の気遣いを察知してか、それに同意して、二人でお茶を楽しむのでした。

何度見ても綺麗な魔法…

ほのかは第一高校の入学試験の時から司波達也の存在を知っていました。それは彼女の前で達也が試験を受けていたためで、目の前で無駄のない綺麗な魔法を披露していたため、ほのかにはその光景が深く刻み込まれているのでした。

九校戦では達也はCAD調整の担当から外れていましたが、無理をお願いして引き受けてもらえることに。その際にも達也が使用する魔法を間近で見ることができ、何度見ても淀みない魔法を見ては、うっとりしていました。

しかし隣にいた深雪から、「どうかしたの?」と声を掛けられて我に返るほのか。彼女の一声が無ければ、何時までも達也を眺めてボーっとしていたのかもしれません。

光井ほのかの声を担当している声優は?

光井ほのかの声を担当している声優は雨宮天。

声優を目指したきっかけは沢城みゆきが演じるキャラクターを友人から紹介されたことがきっかけで、色々な役柄を演じる彼女に感銘を受けたことで志すようになります。

2011年に第2回ミュージックレインスーパー声優オーディションに合格したことをきっかけに声優としてデビューを果たすこととなりますが、同時に合格した麻倉もも・夏川椎菜とはユニットを結成して歌手活動も同時に展開。

歌手デビューは『一週間フレンズ』のEDテーマとなり、また本人名義によるアーティストデビューも2014年7月に果たします。デビュー後すぐから目覚ましい活躍を見せていることから、次世代を担う期待の新人声優として認知されている人物の一人です。

雨宮天さんの代表作

  • 一週間フレンズ。:藤宮香織
  • この素晴らしい世界に祝福を! :アクア
  • WWW.WORKING!!:鎌倉志保

まとめ

『魔法科高校の劣等生』に登場する光井ほのかについて、彼女の学年や年齢といった基本プロフィール、性格・名セリフを紹介してまとめてみました。

気が弱くなよなよした印象が強い光井ほのかですが、実は学内成績は深雪に次いで総合2位となっており、その実力はトップクラスとなっています。また複雑な工程を組んでいる魔法を簡単にこなすほどの実力を持っており、深雪からは関心をよせるほど。

そして司波達也を意中の存在として認識しており、親友の北山雫はなかなか前へ踏み出せない彼女を応援するものの、なかなか結果を出すことができません。深雪が傍にいることもあって行動しづらいこともあるのでしょう。

そんな光井ほのかは登場シーンこそ、それなりに用意されていますが目立った活躍は少なくなっています。より多くの活躍を見たいという方は、スピンオフ作品である『魔法科高校の優等生』をご覧になって、その目で確認してみてください。

「魔法科高校の劣等生」の他の記事はこちら♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。