μ’sって何?3分でわかる、今さら聞けないラブライブ!の歴史とは

ファンに惜しまれながら、今年4月1日に東京ドームでのファイナルライブを終えた声優ユニット「μ's(ミューズ)」。改めて今回は、いまさら人に聞けない、ラブライブ!とμ'sの関係を、その歴史とともに振り返りたいと思います。

紅白歌合戦への出場をはたし、いまや一般層にまでその名が浸透した声優ユニット「μ’s(ミューズ)」。ファンに惜しまれながら、今年4月1日に東京ドームでのファイナルライブを終えた彼女たちですが、改めて今回は、いまさら人に聞けない、ラブライブ!とμ’sの関係を、その歴史とともに振り返りたいと思います。

現実とアニメの融合!「ラブライブ!」とμ’sの歴史を紹介!

声優アイドルユニットとしていまや一般層まで知れわたる人気となった「μ’s」。アニメ「ラブライブ!」の劇中ユニットを担当声優が現実で歌ったことで人気を博したとされる彼女たちですが、実際は少々順番がちがいます。

じつは、架空アイドルユニットを作り上げていくという企画「ラブライブ!」がスタート地点。そこで誕生したμ’sは、企画のアニメ化と共に人気を拡大していきます。

彼女たちの歴史について、まずはμ’sの誕生から振り返ってみましょう。

すべてはここから始まった!「ラブライブ!」μ’sの誕生・その1

2010年、雑誌「電撃G’s magazine」にて、メディアミックス企画「ラブライブ! School idol project」がスタート。作品の中心となる9人のキャラクターやストーリーが随時発信され、架空アイドルユニットとしてアニメMV付きの楽曲が展開されるようになります。

まだμ’sというユニット名も決まっておらず、「ラブライブ!」名義で発売された1stシングルはオリコンランキング167位という散々な幕開け。しかし、このとき確実に最初の一歩を刻んだのでした。

完敗からのスタート!?「ラブライブ!」μ’sの誕生・その2

その後、雑誌上にてメンバーのキャストが公表されますが、当時まだ実績の少ない新人声優やアイドルたちであったため、ユーザーの反応はイマイチ。それでも、「育てたい、頑張って欲しい」と思うファンは確実に増えていきました。

そして1年後、音楽をつかさどるギリシャ神話の女神「ミューズ」になぞらえた「μ’s」というユニット名が決定されました。同時期に発表されたμ’s名義初となる2ndシングル「Snow halation」は、現在でもμ’sを代表する名曲として、ファンのあいだで大切にされています。

上昇する人気!μ’sの初ライブと「ラブライブ!」のアニメ化

その後μ’sは、立て続けとなるシングル発売やコラボカフェでのキャスト出演など精力的な活動を続け、2012年には待望の1stライブ開催が決定。この頃にはラブライブ!とμ’sの人気は広がっていて、早くもチケット争奪戦が始まることとなります。

横浜BLITZで開催された1stライブは、アニメMVでのμ’sの振り付けやダンスをキャストが完璧に再現するというパフォーマンスで大好評!そしてこのライブで、ラブライブ!のTVアニメ化という大きなニュースが発表されました。

アニメ化で女性ファンを獲得!「ラブライブ!」μ’sの人気が加速

そして2013年、ついにTVアニメ「ラブライブ!」の放送が開始されました。

アニメ「ラブライブ!」では、廃校の危機を救うため、アイドル活動で学校を有名にしたい女の子たちの成長物語が描かれています。メンバー集めから始まり特訓の日々、そして大会への出場とライバルとの戦いというスポ根的要素の濃い内容が男女問わず共感を呼び、さらなるファンを獲得する要因となりました。

μ’sからAqoursへ…「ラブライブ!伝説」のバトンタッチ

これまでの地道な活動やアニメ化で多くのファンを虜にしたμ’sはその後、紅白への出場をはたすまでに成長したのでした。「ファイナルライブは解散というわけではない」としながらも、今後の活動についてくわしいことは一切言及していないμ’s。彼女たちのステージをもう一度見ることができるのかはわかりませんが、μ’sが築き上げたこれまでの足あとをしっかりと胸に刻み、次作の『ラブライブ!サンシャイン!!』や「Aqours」の活動にも注目していきましょう。

μ’sの他のオススメ記事

今年もスクフェス感謝祭が開催決定!

2016年5月21日(土)22日(日)に、池袋サンシャインシティ展示ホールで「スクフェス感謝祭2016」が開催決定!ステージ出演はAqoursのみとなりますが、μ’sの展示もあるようなので、ラブライバーはぜひチェックしてくださいね!ラブライブ!のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。