【MIRACLE WAVE】『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話!感想まとめと考察、動画の視聴方法などを紹介

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話が放送されたため、今回も内容や考察、感想をまとめていきながら、動画視聴方法を紹介♪今回は「ラブライブ!」東海地区予選も近づいており、新曲のダンスをひたすらに頑張る様子が描かれています。『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話を視聴済みの方も、内容や考察、感想をチェックして、改めて振り替えてみてください♪また動画視聴方法を紹介しているため、そちらも合わせて確認しましょう!

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話の感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介!

ファン待望の第2期が放送されている『ラブライブ!サンシャイン!!』は、2018年には新作スマホアプリのリリースやAqoursの3rdライブが控えているなど、一切の人気の衰えを見せない国民的コンテンツ。

その中で『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話が放送されました!

今回は『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話について、内容や考察、感想をまとめていくと同時に、見逃した方に向けて動画視聴方法を紹介していきます♪

果たして第6話はどのような内容が展開されていくのか、見逃した方もすでに繰り返し視聴している方も、本記事を最後までチェックしてみてください♪

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話の内容、考察

「ラブライブ!」東海地区予選の詳細が発表され、会場は前回Aqoursが予選突破を叶えることができなかった同じ場所となり、2年生と1年生の6人はリベンジに闘志を燃やします。

また理事長室には3年生メンバーが集まっており、現状の入学希望者を確認していました。

学校説明会や「ラブライブ!」本戦出場へ向けた活動で忙しくするAqoursは自分たちなりに頑張っていますが、それでも集まっているのは57人のみ。

小原鞠莉の父親との交渉で期限を最後まで伸ばしてもらっていますが、「ラブライブ!」東海地区予選と同日であることから、学校が存続するか否かはその日の結果に懸かっていることとなります。

注目のスクールアイドルに取り上げられたAqours

沼津市内で練習に取り組むAqoursは、地区予選を控えているためか気合に溢れています。

そんな休憩の合間に渡辺曜はスマホを取り出して「注目のスクールアイドル」との見出しを打たれたネットニュースを目にしており、一同もその内容が気になるのでした。

前回の「ラブライブ!」優勝グループや8位という結果を残した「Saint Snow」はもちろんのこと、そこにはAqoursの名前もピックアップされていることを発見します。

地区予選で魅せたパフォーマンスや前回大会からの成長ぶりが取り立たされており、記事の内容に気分を良くした津島善子と桜内梨子も独自の世界に入り込んで喜びます。

パフォーマンスだけでは地区予選を勝ち抜けない?

さらに黒澤ルビィは、全国で行われる「ラブライブ!」地区予選における決勝大会進出者を決める方法を見つけるのでした。

決勝進出グループはネット投票と会場内投票の結果で決定すること。

この方法であれば結果発表までドキドキする時間がなく、すぐに判明することから高海千歌は納得していましたが、黒澤ダイヤは異を唱えます。

会場内には出場グループを応援するためにそれぞれの学校が総出で応援することから、生徒数の時点で劣ってしまうAqoursにとってはかなり不利な条件である。

ネット票を集めることができても、どこまで票を集めることができるかは当日のパフォーマンス次第で、一同はスタート位置から劣勢に立たされていることを知るのでした。

前に踏み出せずにいる果南

松浦果南は前回から持っていた「Aqours ダンスフォーメーションアイデアノート」を眺めていましたが、ずっと提案できずにいました。

それは自分たちが1年生の時に「Aqours」として活動していた頃、鞠莉が足首にケガを負わせてしまったものでもあり、また過去の出来事も相まって開くことすらできません。

そこにダイヤと鞠莉も現れ、地区予選を突破するためにはそのダンスフォーメーションしかないと考えていたのは3年生の誰もが考えていたようですが、果南だけはまた誰かを傷つけたくないとして拒否します。

果南は耐えきれなくなって手に持っていたノートを海へと投げ捨てますが、それと同時に鞠莉は身を投げ出してノートを離しません。

ダイヤの手を借りながら海から上がった鞠莉は続けて、あの頃に夢見ていた「Aqours」を完成させたいと想いを告げて、果南に前へ進むための勇気を与えるのでした。

Aqoursらしさとは?

千歌は「Saint Snow」の鹿角聖良に予選突破の策を求めますが、彼女の口からは「ネット投票を誰よりも獲得するしかないだろう」と告げられ、改めて状況の悪さを痛感します。

しかし聖良は同時に、現在のスクールアイドルのレベルはμ’sやA-RISE以上のパフォーマンスを身につけているが、先駆者たちと比べると輝きや魅力までは到底及んでいないこと。

また出場しているスクールアイドルたちも、同様に彼女たちと肩を並べられるほどの本当の実力などを持っていないことを感じていると伝えるのでした。

その言葉を聞いて千歌は、改めてAqoursメンバーに「Aqoursらしさ」について訊ねます。

一同はその言葉に返す言葉がありませんでしたが、千歌もまた、言葉や形にすることができていない状況であるため、次の地区予選ではしっかりと形にして仕上げたいという気持ちを伝えるのでした。

千歌に託されたアイデアノート

2年間温め続けたダンスフォーメーションを解禁するには、まさに絶好の機会。

ダイヤの口から「ラブライブ!」本戦出場のために作ったダンスフォーメーションの存在が明かされ、千歌はその存在が気になって仕方のない様子でした。

しかしセンターポジションを務める人の負担がかなり大きいこと、また支えるメンバーの負担も少なからず大きいことから、鞠莉がケガをしてしまったことを果南は明かします。

そんな果南の気持ちはお構いなしに、千歌はやれることは何でもやること、最後まであがき続けようと団結したことを思い出させると、果南もまた、危なくなったら「ラブライブ!」出場を棄権してでも止めるという条件を添えて、アイデアノートを託すのでした。

それから千歌は一人で猛特訓を始め、失敗の連続で苦悶の表情を浮かばせても、彼女の表情からは自信や輝きに満ち溢れています。

千歌がひたすらに練習している様子も果南と鞠莉も遠くから眺めては、できれば自分たちで形にしたかったと過去を振り返っては、千歌ならきっとできるという期待を込めていました。

千歌の特訓を見守る3人

明くる日も千歌はフォーメーションを完成させるために一人で特訓を行っていました。

学校ではマットを敷いて安全に配慮していましたが、すでに千歌の身体中は傷だらけとなっており、数え切れないほどの失敗を繰り返していることが窺えます。

そんな彼女の様子を見て他のメンバーは心配していましたが、それでもコツを掴むまでは頑張り続ける、安全にも気を遣うといって身体を動かし続けるのでした。

千歌を突き動かしているのは、初めて学校でライブをした時に感じた学校や町の人々による協力の有難みで、それらに対して何か一つでも恩返しをしたいというもの。

下校後も砂浜で特訓を続ける千歌でしたが、梨子と曜は心配そうに眺めており、果南もまたフォーメーションを作った者として様子を窺っていました。

梨子と曜の2人は千歌に輝きや魅了する力を持っていることを感じており、それに気づいていない本人が輝くために頑張っているところを邪魔するのは無粋だとして、心配の気持ちを押し殺してじっと見守り続けます。

果南は2人とは異なる想いを抱いていた様子でしたが、その言葉を聞いて感化されたのか、千歌に静かに歩み寄って、何かを話すのでした。

完成できなければ諦める

果南が千歌にかけた言葉は、「翌日までに完成しなかったら諦めること」というものでした。

本人が経験した道がからこそ、難易度の高さや危険さなどを重々理解しており、千歌がすでに満身創痍の状態であることから、これ以上はケガにつながると判断したのでしょう。

その言葉を聞いた千歌は悔しさを露わにして、リミットまでに完成させてやると意気込んで、深夜になっても練習を辞めない千歌。

曜は一人で練習の様子を見守っており、梨子もまた後から加わります。

がむしゃらに動いていたようにも見えた千歌でしたが、血の滲むような努力の末に完成まで着実に近づいている様子。

ところが千歌は、何度やっても完成に至らないためにイライラ感や焦燥感に駆られており、次第には何故できないのかと己の無力さを痛感してしまうのでした。

Aqoursにとって一番大事な人

失敗続きの千歌は次第に心が折れそうになっていましたが、梨子や曜が優しく見守ってくれるだけでなく、後から一年生メンバーも様子が気になって駆けつけていました。

仲間たちが見守る中で意気込む千歌でしたが、それでも失敗してしまい、応援の声に応えることができない自分の無力さに涙を浮かべてしまいます。

スクールアイドル何もできていないことや支えてくれているみんなへの恩返しができないという悔しさを露わにしている千歌でしたが、そんなことはないと梨子と曜が言います。

Aqoursというスクールアイドルが結成されたこと、そこに千歌がいたからこそ、今いるメンバー全員が加入して活動をしているのだということを告げ、千歌もまたその事実に気づくのでした。

また「千歌ちゃんがいるから、今のAqoursある。それだけは忘れないで」と曜は加えており、梨子は「普通じゃない人間が一生懸命に頑張っている。それはすごいことで勇気が必要なこと」と想いを伝えます。

千歌はその言葉を聞いてしっかりと胸に刻み、仲間たちの存在に感謝していたでしょう。

仲間からエールを貰って完成させた千歌

他のメンバーも同じく、必死になって練習をしていた様子が裾から見えた絆創膏や湿布から窺え、頑張っているのは自分だけでないことを知る千歌。

さらに3年生の3人も登場し、果南は時間が来たことを告げると、千歌に練習の成果を見せるよう促すのでした。

千歌は集まった仲間からエールを貰いながら、果南の声に呼応して変えだしていきます。

すでに千歌の表情からは悲しみなどが払しょくされており、自信に満ち溢れたものとなっていたことから、練習の成果が実ったのでしょう。

そして千歌が必死になりながらも、無事に完成させたことに果南は安堵下でしょうし、何よりも千歌の存在でスクールアイドル活動を再びできるようになった意味を込めてか、「ありがとう」の言葉をかけるのでした。

MIRACLE WAVE

千歌の涙ぐましい努力の末に、「ラブライブ!」東海地区予選でAqoursは新曲「MIRACLE WAVE」を披露するのでした。

アップテンポなダンスチューンの曲にはAqoursの想いが十分に詰め込まれており、加えて全員が激しいダンスを披露します。

千歌はサビ直前の振り付けを必死で練習していたことがここで明らかになり、側転からのバク転を見事に披露しては、その後も全員が息の合った振り付けで魅了。

パフォーマンスを披露し終えると、千歌は改めて9人全員でステージに立てたこと、これまでついてきてくれたことを感謝するのでした。

「輝くこと」の姿形はまだ見えなくとも、千歌はこのメンバーと「ラブライブ!」の頂点に上り詰めれば、それが分かると確信しているのでしょう。

Aqoursの結束力はまた一段と強固なものとなり、次なる高みへと昇ってくれるはずです。

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話の感想

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話では新曲「MIRACLE WAVE」が披露され、多くの視聴者が物語の内容と相まって、感動や興奮していたことでしょう。

ファンの多くは、実際のライブで高海千歌を演じる伊波杏樹さんが同じパフォーマンスを披露することに心配の様子を見せていましたが、持ち前の身体能力の高さで安定した振り付けを披露してくれるでしょう。

また伊波杏樹さんだけでなく、他の声優陣にも同等の激しいダンスが要求されており、加えて乱れのない息の合ったコンビネーションが要求されることから、ライブでの疲労が今から楽しみなばかりです♪

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』の動画視聴方法は?

【画像:ThinkStock

  • 毎週土曜22:30~ TVアニメ放送と同時ライブ配信
    バンダイチャンネル
    ニコニコ生放送
    LNE LIVE
    animeiteチャンネル
    AbemaTV
  • 毎週土曜22:30~ 順次、見放題配信
    バンダイチャンネル
    animeiteチャンネル
    AbemaTV
    J:COMオンデマンド
    auビデオパス
    dアニメストア
    U-NEXT
    アニメ放題
  • 毎週土曜22:30~ 順次、都度課金配信
    バンダイチャンネル
    ひかりTV
    TSUTAYA TV
    GYAO!
    Rakuten TV
    Google Play
    amazon prime
    Video Market
    DMM.com
    acTVila
    HAPPY動画
    MOVIEFULL+
    J:COMオンデマンド
    auビデオパス

いよいよ学校統廃合問題に決着か?『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第7話も見逃せない♪

『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』第6話の内容や考察、感想に加えて、動画の視聴方法をまとめて紹介しました!

第6話ではAqoursのより強固な結束力を見せつけられた格好となり、「ラブライブ!」東海地区予選も無事に突破していると確信できる仕上がりだったのではないでしょうか?

千歌も自分自身の立ち位置を確認できたことで前に一歩進めたでしょうし、果南もまた改めて、最後までやれることを全力でやろうと決心できたはずです。

次回第7話は「残された時間」となっており、いよいよ学校統廃合問題も最終局面へと差し掛かっていることが窺えますが、どのような結果が待ち受けているのでしょうか?

57人しか集まっていなかった入学希望者の人数は果たして…!?

次回の『ラブライブ!サンシャイン!!(第2期)』も第7話放送後に内容や考察、感想をまとめていきますので、ぜひチェックしてみてください♪

「ラブライブ!サンシャイン!!」の関連記事はこちら


【文:光明】
主にアニメ・ゲーム関連の記事を執筆するライターとして活動中。
ボイ☆スタでは新アニメの概要から各種円盤の紹介、声優関連記事など多くに携わっています。
すき間を縫ってアニメ関連イベントに足を運んでいるため、その模様も届けられれば。
「ガルパ」のイベントに夢中になり過ぎて「スクフェス」はおざなりに。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。