『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』映画を見た人の感想などをまとめてみた!

2009年から週刊少年ジャンプに掲載され、アニメと漫画ともに爆発的な人気を巻き起こした超人気漫画『黒子のバスケ』。黒バスこと、その『黒子のバスケ』が2017年、原作者による新エピソードで映画化することが決定しました。今回はその映画「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」についてあらすじや、見た人の感想などをまとめていきます。

人気アニメ『黒子のバスケ』の映画化が決定!

2009年から週刊少年ジャンプに掲載され、アニメと漫画ともに爆発的な人気を巻き起こした超人気漫画『黒子のバスケ』。黒バスこと、その『黒子のバスケ』が2017年、原作者による新エピソードで映画化することが決定しました。今回はその映画「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」についてあらすじや、見た人の感想などをまとめていきます。

『黒子のバスケ』とは?

『黒子のバスケ』は高校生のバスケ部にスポットをあてて描くスポーツ漫画。主人公・黒子テツヤと火神大我率いる誠凛高校バスケ部が、黒子の出身中学である帝光中学校バスケ部にて最強と謳われた「キセキの世代」たちと激闘を繰り広げるストーリーです。

主人公・黒子テツヤが己の影の薄さを利用したミスディレクションという能力を使うように、「キセキの世代」たちを含め様々なキャラクターが個性あふれる技の数々を披露するのがこの『黒子のバスケ』の魅力と言えます。

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』のあらすじを紹介!

2017年3月から上映されている「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」では、アメリカから来日したストリートバスケチーム「Jabberwock(ジャバウォック)」が登場。親善試合で日本チームを圧倒し、日本のバスケをあざ笑う姿に激怒した、「キセキの世代」と黒子や火神が集結。今回限りのドリームチームを結成し、Jabberwockに立ち向かうというのが今回の映画のあらすじです。

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」でのみどころは、なんといっても原作漫画やアニメでは敵同士だった「キセキの世代」や黒子と火神がチームを組んで共闘するところです。最強と最強がチームを組んで戦うストーリーに胸が熱くなること間違いなしです!

主題歌はおなじみGRANRODEOの「Glorious days」

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」の主題歌を歌うのはアニメでもおなじみのGRANRODEO。曲名は「Glorious days」です。発売は3月22日です。

ネタバレ注意!映画を見た人の感想をまとめます!

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」を一足早く見たファンの方の感想をまとめます。ネタバレ注意です!

↑何度も見たくなる面白さのようです!

↑映画でも超人プレイは健在!

↑黄瀬くんは映画でも安定のかっこよさのようですね!

↑キセキの世代はみんなかっこいい!映画でも赤司様のチート能力や、緑間の高弾道シュートが拝めるでしょう!

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」を観に映画館へ!


【画像:ThinkStock

以上、『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』映画を見た人の感想などをまとめてみた!でした。

「キセキの世代」のプレイを一度に拝める機会はそうそうないのでぜひ大迫力の映画館で『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』を楽しみましょう!

黒子のバスケの関連記事です

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。