【黒バス】10年に1人の天才!黒子のバスケに登場するキセキの世代まとめ!

【黒バス】大人気スポーツ漫画、黒子のバスケに登場するキセキの世代のエピソードをまとめました。圧倒的な才能ゆえに多くの苦しみを生み出してしまったキセキの世代が、黒子のバスケに出会ったことでどんな道を歩むのでしょうか?キセキの世代のエピソードをキャラの詳細や黒バスグッズと共に紹介していきます!

【黒バス】黒子のバスケに登場するキセキの世代について紹介します!

大人気スポーツ漫画、黒子のバスケ(黒バス)に登場するキセキの世代をまとめました!圧倒的な才能で勝ち進んでいくキセキの世代を擁するチームは主人公の所属するチームの大きな障壁となります。黒子のバスケで活躍するキセキの世代のキャラクターをエピソードや黒バスグッズと共に紹介していきます!

【黒バス】黒子のバスケに登場するキセキの世代のキャラ紹介!

黄瀬涼太

 海常高校 一年 SF スモールフォワード

「奇跡の世代」のひとり。青峰に憧れて中二からバスケを始めたが、ずば抜けたセンスですぐに頭角を現した。一度見たプレーをすぐに自分のものにすることができる。現役モデルとしても活躍中。(引用:アニメ黒子のバスケ公式サイト

驚異の運動センスとパーフェクトコピー

バスケを始めわずか3ヶ月でキセキの世代が活躍する帝光中の一軍に入るという驚異の運動センスを持っています。そして一度見たプレーは完璧にコピーしてしまうという能力を持っています。黒バスでは気さくで話しやすい雰囲気とモデルとして活躍できるほどの容姿を持っています。

緑間真太郎

秀徳高校 1年 SG シューティングガード

「キセキの世代」のひとり。コート全体がシュート範囲という驚異の3ポイントシューター。何事にも人事を尽くす性格で、「おは朝」の占いコーナーを毎日チェックし、常にラッキーアイテムを持ち歩いている。(引用:アニメ黒子のバスケ公式サイト

外れないスーパーロングレンジシュート

緑間真太郎は練習を怠らずバスケットに対してストイックな姿勢を見せています。努力で磨き上げたスリーポイントシュートは邪魔されない限り外れず、コート全体がシュート範囲という恐ろしいものです。無愛想ではありますが、チームメイトとよく行動していることから人付き合いが悪い訳ではないようです。

青峰大輝

桐皇学園高校 1年 PF パワーフォワード

「キセキの世代」のひとり。黒子のかつての「光」。圧倒的な身体能力を生かした変幻自在のプレースタイルで、「DF 不可能の点取り屋(アンストッパブルスコアラー)」と呼ばれるエース。(引用:アニメ黒子のバスケ公式サイト

キセキの世代のエース

キセキの世代で一番の「速さ」と「俊敏性」を持つ選手です。型にはまらないプレーと驚異の身体能力で点を稼いでいきます。バスケが大好きな少年でしたが才能を開花させるにつれて競う相手がいなくなり、ある出来事からバスケへの情熱を失います。

紫原敦

陽泉高校 1年 C センター

「キセキの世代」のひとり。208cmの巨体と天性の反射神経により鉄壁の守備力を誇る。しかしその才能とは裏腹に、バスケに対する執着心はほとんどない。性格もユルく、いつもお菓子を食べている。(引用:アニメ黒子のバスケ公式サイト

バスケに興味が薄い高校最強のセンター

バスケに対する興味は薄いが、才能があるためにバスケをやっている高校最強のセンターです。高い身長と圧倒的なパワーを持ちながら俊敏な動きも兼ねそなえるプレイヤーです。お菓子が大好きで、バスケをしている時以外は「ユルい」性格をしています。

赤司征十郎

洛山高校 1年 PG ポイントガード

「キセキの世代」のひとり。帝光中バスケ部のキャプテンで、黒子の才能を見出した。天才でありながらも勝利のために全力を尽くすストイックさ、仲間に反論することも許さない圧倒的な風格は、まさにカリスマ。(引用:アニメ黒子のバスケ公式サイト

キセキの世代を束ねるカリスマ

帝光中時代にキセキの世代を束ね、今は一年生ながら洛山高校の主将を担っています。相手の動きを予測しほぼ確実な未来を見通せる天帝の眼(エンペラーアイ)を持っています。柔らかな物腰ながら逆らう者は許さない姿勢など怖い面もあります。

【黒バス】黒子のバスケで活躍するキセキの世代のエピソード!

黄瀬涼太がキセキの世代と肩を並べる瞬間

黄瀬涼太は運動センスが抜群で、始めたスポーツはすぐにライバルがいなくなってしまうほどでした。スポーツへの興味が薄くなっていましたが、キセキの世代エース青峰大輝と出会いバスケ部に入ります。他のキセキの世代には及ばないながらも短期間で帝光中のレギュラーになりました。

それから時が経ち青峰大輝が所属するチームと対戦することになりますが、黄瀬涼太はバスケを始めてから憧れ続けた青峰のプレーに圧倒され力を発揮できませんでした。黄瀬涼太は経験では差はあるものの能力的には青峰大輝と差がありません。それなのに黄瀬涼太が青峰大輝のプレーに及ばない理由、それは青峰大輝への「憧れ」でした。

いつだって黄瀬涼太の目標だった憧れの存在、そんな青峰大輝に勝つことに黄瀬涼太はためらいを感じていたのです。自分の理想を壊してしまいたくない、そんな黄瀬涼太の無意識が自分の能力に制限をかけていました。

黄瀬ならばどうにかしてくれるというチームメイトの信頼を受けて黄瀬涼太は青峰大輝への憧れを断つ決心をします。この決意が黄瀬涼太の本領を発揮させ、青峰大輝と同等の戦いをするきっかけになりました。黄瀬涼太がキセキの世代のエースである青峰大輝に肩を並べた、黒子のバスケの熱いエピソードです。

緑間真太郎が自分以上に仲間を信じる時

緑間真太郎は絶え間ない努力で磨いてきた自分の力に絶対の自信を持っていました。「仲間と力を合わせればどんな相手にも勝てる」という言葉を微塵も信じずに己の力のみを信じプレーしていたようです。しかし黒子の所属するチームに敗北してから少しずつ考えが変わっていったようです。

ウインターカップの舞台、キセキの世代を擁する洛山高校との試合で不利な状況に置かれた秀徳高校でしたが緑間真太郎は賭けに出ます。自分の力以外を信じること、チームメイトがいなければできないプレーを軸にゲームを組み立てていく決意をします。

「このチームで足手まといなど 俺は知らない」「これは賭けだ 自分を信じる以上に仲間を信じる必要がある だが不安はない このチームに人事を尽くしていないものなどいない」これらの言葉から緑間真太郎の考えが変わっただけではなく、信頼の置ける良いチームに所属できたことがわかりますね!冷静で理性的ながらバスケへの熱くストイックな緑間真太郎が印象的な黒子のバスケのエピソードです。

青峰大輝がバスケへの情熱を失った理由

高校に入学したばかりの青峰大輝の性格は不真面目で横暴でした。そんな性格になってしまった理由は己の圧倒的な才能故に起きた中学時代の出来事にありました。バスケが大好きで人一倍楽しんでバスケをしていた青峰大輝でしたが、開花し始めた才能は他の選手との力量差を広げていきました。そして試合中、相手の選手は青峰大輝に手も足も出ないことを悟り勝つことを諦めてしまいます。

この出来事が引き金となり、青峰大輝はバスケへの情熱を失い始めます。そして青峰大輝は他の選手とこれ以上力の差を広げないために練習をしないようになりました。

帝光中学時代、才能開花前の青峰大輝は黒子テツヤと仲が良く、帝光中の「光と影」として活躍していました。圧倒的な力の差ゆえにチームプレイを必要としなくなった青峰大輝は黒子テツヤの存在を必要としなくなり、黒子テツヤに「お前のパスのとり方を忘れてしまった」と言います。これが青峰大輝が大好きだったバスケを失ってしまった瞬間だったのでしょうか?

青峰大輝が再び黒子のパスを受け取る日が来ることを望んでしまう黒子のバスケのエピソードです。

紫原敦がバスケへの情熱に気づく時

小学校からバスケをプレーしていた紫原敦ですが、特別な思い入れはないようで才能があるから仕方なくやっているという感じです。紫原敦がバスケを欠陥競技と評していますが、紫原敦の誰も太刀打ちできないパワーと高さを見せつけられると嫌でも納得してしまいそうになります。

黒子テツヤが所属する誠凛高校との試合で圧倒的な力を見せる紫原敦でしたが、ゾーンに入った火神大我を止めることができずにふて腐れてしまいます。そんな紫原敦を見て激昂したのが秀才、氷室辰也でした。凡人の自分にはできない火神大我と勝負できる存在の紫原敦が、簡単に勝負を諦めてしまうのが許せなかったようです。

氷室辰也の真剣なバスケへの情熱を受け止めて、気持ちを新たに紫原敦はコートに戻ります。この後紫原敦は奮闘を見せますが、陽泉高校は負けてしまいます。試合後に負けた悔しさで涙を流す紫原敦の姿はバスケへの情熱を持っていた証拠ではないでしょうか?紫原敦がバスケに情熱を燃やすきっかけとなった黒子のバスケのエピソードです。

赤司征十郎が胸の痛みを知るとき

キセキの世代をまとめてきた赤司征十郎は、今まで一度も敗北を味わったことがないと言われていました。しかしウインターカップ決勝、誠凛高校との試合で黒子テツヤと火神大我のコンビプレーの前に赤司征十郎のプレーは阻まれ、初めての敗北を感じてしまいます。

赤司征十郎は敗北によって自分を保てなくなり放心状態になってしまいます。そしてそんな赤司征十郎を見かねたチームメイトの言葉がきっかけとなり赤司征十郎は本来の自分を取り戻します。自分のみを信じるプレーからチームメイトを生かすプレーに変わった赤司征十郎は誠凛高校を追い詰めていきます。

熱戦の末に赤司征十郎が所属する洛山高校が誠凛高校に敗北し、赤司征十郎は初めてバスケの試合で負けを経験します。そこで赤司征十郎は形容しがたい胸の痛みを知ります。それでもバスケをやっていてよかった、自分のバスケを取り戻させてくれた黒子テツヤに会えてよかったと心の底から言います。

赤司征十郎が自分の弱さを受け入れ、敗北という経験を得て本当の強さを持つ一歩を踏み出す黒子のバスケのエピソードです。

黒子のバスケに登場するキセキの世代の黒バスグッズを紹介します!

ここまで黒子のバスケで活躍するキセキの世代のキャラとエピソードを紹介してきました。ここからはキセキの世代の黒バスグッズを紹介していきます!

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』×ハイレゾ音源対応ヘッドホン「SE-MX8-K」

キセキの世代がギリギリの戦いを繰り広げる「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」に関連する黒バスグッズです。5Hzから40kHzの帯域がでるハイレゾ対応のヘッドホンになっていて、キセキの世代や黒子、火神などそれぞれのキャラクターのカラーが出ているモデルがあります。

価格:¥23,000(税込・配送料込)

黒子のバスケ おすわりぬいぐるみクッション

人気を集めるおすわりぬいぐるみクッションの黒バスグッズです。お気に入りのキセキの世代のメンバーを部屋に飾って楽しみたいですね。

サイズ:約H180×W120×D80mm 素材:ポリエステル

価格:¥1550(税込)

【黒バス】黒子のバスケに登場するキセキの世代について紹介しました!

黒子のバスケに登場するキセキの世代のエピソードをキャラ紹介や黒バスグッズと共に紹介してきました。圧倒的な才能で大勢の凡人に絶望を与えながらもその才能ゆえにそれぞれの苦しみを抱えるキセキの世代たちのエピソードはどうでしたか?黒子のバスケに出会ったおかげでキセキの世代はまた一歩成長したようです!

今公開している「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」ではキセキの世代たちのギリギリの戦いが見れるのでおすすめです!彼らの行く道が明るいことを祈って、黒子のバスケ(黒バス)で活躍するキセキの世代についての紹介を終わります。

黒子のバスケの関連記事はこちら

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』映画を見た人の感想などをまとめてみた!

黒子のバスケ(黒バス)キャラクター紹介~「全てに勝つ僕はすべて正しい」キセキの世代を率いる赤司征十郎編~

絶賛公開中!映画「黒子のバスケ LAST GAME」新キャラを演じる声優をご紹介!

黒子のバスケ(黒バス)グッズで大人気!「ひよこのバスケ」についてご紹介!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。