「クジラの子らは砂上に歌う」第6話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

梅田阿比さん原作の漫画「クジラの子らは砂上に歌う」が2017年秋アニメとして放送開始、第6話が放送されました。 第5話では物語の核心となる泥クジラの人々の罪について語られました、そしてチャクロたちがこれからとる行動、外の世界で泥クジラと協力できる相手を探すという方針も決定。 今回は「クジラの子らは砂上に歌う」6話の内容と考察、感想を紹介放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「クジラの子らは砂上に歌う」第6話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

梅田阿比さん原作の漫画「クジラの子らは砂上に歌う」が2017年秋アニメとして放送開始、第5話が放送されました。

すでに舞台として2016年4月に公演され、2018年1月には再演も決まっている話題作、砂の海に浮かぶ巨船「泥クジラ」の民の運命を描く作品で、記録係の少年チャクロの物語が展開していきます。

今回は「クジラの子らは砂上に歌う」第6話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第6話の動画視聴方法もありますよ。

クジラの子らは砂上に歌うの主演花江夏樹さんの出演作品の記事はこちら

「クジラの子らは砂上に歌う」第6話の内容と考察

戦いに向けて

「サイミアを使って人を傷つけてはならない、泥クジラの子供たちはずっとこう教えられてきた」

けれど私たちは戦う決断をしたと言うチャクロ、その訓練はまるで子供のごっこ遊びだったが泥クジラの人々は本気です。

子供では引けない弓もサイミアを使えば引くことができる、人に直接攻撃はできないが者に働きかけることができるのがサイミアの力。

チャクロと一緒にいるリコスが泥クジラの女性にちょっと来てと呼ばれて連れていかれる、男たちは女性陣にやりこめられてしまいます。

「何の用?」

「もってきて」

女性たちはリコスのために服を持ってきました、そしてリコスによろしくと言い続いて敵のことを教えてほしいと頼みます。

「私たち、友達を殺されたの」

会議

会議をするスオウたち、そこへ長老になったばかりのラシャが入ってくる。

ラシャはスオウに対して言います「このことを忘れちゃいけないよ、子供たちは明日人を殺してしまうかもしれない、明日死んでしまうかもしれない、それをお前が決めたんだ」

クチバに対してはタイシャを守れなかった怨みを晴らしたいのかと、しかしそれをできるのは印もちだけでお前は無力だと。

スオウ達に辛らつな言葉を吐くラシャ、反論するクチバを無視するかのように、「いいや好きにすればいい」と言います、呪われたクジラの子たちもこれで救われると。

私たちは立ち止まるわけには行かないというスオウ、無言でラシャは立ち去ります。

オウニ

あるとき急に現れたというオウニ、誰が親なのか誰も知らない。

誰とも交流していないオウニに一緒に遊んでやるというニビ、それを無視するオウニにつっかかるニビ、結果サイミアを使ったけんかとなってしまいます。

2人は規則違反ということで体内に入れられる、そこでニビはこんな狭いところいやだと言うが、オウニは泥クジラも狭いと言う。

「出ればいいじゃねぇか、このうじうじ蛆虫、いやなら出ろよこの意気地なし!」

お前が出れないというのなら俺が連れて行ってやると言うニビ、そして仲間になれとニビが言う、「そうすればお前を外につれてってやる」

解放される2人、それからオウニはニビたちと一緒に行動するようになりました。

今現在のニビも外に出ることを諦めていません、そして今でも俺がリーダーだと思っているというニビはオウニにお前がいつか勝手にどこかへ行ってしまうんじゃないかと思って怖かったと告げる。

「行かねぇ」

しかしニビの方を見ないオウニ、ニビはこっち向いて行ってくれよと心に思う。

リコスとチャクロ

着替えたリコスにチャクロは似合っているよと伝える、リコスはぼろぼろの服を着ているチャクロのために作った服を渡します。

嫌だったら着なくていいと言い立ち去るリコス、やっぱり心なんて邪魔だと呟く。

集会

戦いを前に集会が行われる、スオウは住民の前で立派な演説をするが……、突然頭に砂が降り注ぐ。

「私が、何をしても怒らないと思っているんですか?」

そしてそのまま砂かけ合戦が行われる、これは泥クジラで年に1度行われる砂戻りというお祭りです。

全住民が参加して行われる無礼講の祭り、この祭りもう一つの意味は砂に溶けていた魂がかけられた砂を通して私たちの元へと戻ってくること。

サンに今の思いを伝えるチャクロ、これからもずっと覚えていると。

シュアン

シュアンは長老会に言われて戦うこととなった、妻のシエナには笑顔で自決の用意をしておきなさい、死体が醜いのはいけないという。

人の気持ちなんて形が見えない、何でそんなことに君はこだわるのかとシエナに伝えて立ち去るシュアン、シエナはその場で泣き崩れる。

ネリじゃない

「ネリじゃない、君は誰?ネリはどこへ行ったの?」

「あの子はママのお中へ帰ったわ、ママの傷をいやすために」

そしてチャクロが自分の声を聞くことができることを喜ぶ、そして自分はネリの姉妹のエマと名乗る。

ネマはチャクロに絶対この島を守ってと言う、そしてそれができればファレナの秘密を教えてあげると。

空を飛ぶエマ、「エマ、君とネリは何者なの?俺に何を伝えようとしているんだよ!」

敵を迎え撃つ

泥クジラは敵を迎え撃つとスオウは言う、目的はできる限り生き残ること。

そして潜入部隊にはその間に空いての船に潜入し艦内のヌースを破壊し船を沈めてほしいと伝える。

危険な任務、彼らにお守りを渡すスオウ、オウニはそれをいらないと言うが自警団のメンバー、そして突撃隊の隊長トクサがおつけなさいと身に着けさせる。

和を乱さず協力し合いましょうというトクサ、そしてスオウはリコスにはあなたはもう泥クジラ民です、自分を大切に必ず生きて帰ってきなさいねと言いお守りを渡す。

チャクロに声をかけるスオウ、チャクロは俺たちに任せてと伝える、「ありがとう、チャクロ」

そして戦いが始まる、選ばれていないニビが一緒に行こうとするがそれを止めるトクサ。

その時チャクロは異音を聞く、「来てる、敵はすぐそこにいる!」とリコスは叫ぶ。

「クジラの子らは砂上に歌う」第6話の感想

「クジラの子らは砂上に歌う」の放送情報

(画像:Pixabay

「クジラの子らは砂上に歌う」の放送情報を紹介します。

テレビ放送

  • TOKYO MX 毎週日曜 23:00~
  • KBS京都 毎週日曜 23:30~
  • サンテレビ 毎週日曜 25:00~
  • BS11  毎週火曜 24:30~

ネット配信

Netflixで10月8日より配信開始。

「クジラの子らは砂上に歌う」第5話を確認して第6話の放送を待とう!

「クジラの子らは砂上に歌う」第6話の内容まとめ、感想を紹介しました。

迫る戦いのとき、泥クジラでは戦いの準備が行われています。

それぞれの思い、そして生き残るために戦うこと、いよいよ次回は敵との戦いが描かれます、放送を楽しみに待ちましょう!

クジラの子らは砂上に歌うの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。2017年放送アニメでは「すかすか」と「プリンセス・プリンシパル」がお気に入り。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「クジラの子らは砂上に歌う」の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてくだい。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。