「クジラの子らは砂上に歌う」第1話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

梅田阿比さん原作の漫画「クジラの子らは砂上に歌う」が2017年秋アニメとして放送開始、第1話が放送されました。すでに舞台化もされ、2018年1月に再演も決定している人気作品、その独特の世界観がどのようにアニメで描かれるのか楽しみですね。 今回は「クジラの子らは砂上に歌う」第1話の内容と考察、感想を紹介、「クジラの子らは砂上に歌う」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「クジラの子らは砂上に歌う」第1話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

梅田阿比さん原作の漫画「クジラの子らは砂上に歌う」が2017年秋アニメとして放送開始、第1話が放送されました。

すでに舞台として2016年4月に公演され、2018年1月には再演も決まっている話題作です。

砂の海に浮かぶ巨船「泥クジラ」の民の運命を描く作品で、記録係の少年チャクロの物語が展開していきます。

今回は「クジラの子らは砂上に歌う」第1話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第1話の動画視聴方法もありますよ。

クジラの子らは砂上に歌うの主演花江夏樹さんの出演作品の記事はこちら

「クジラの子らは砂上に歌う」第1話の内容と考察

葬儀

葬儀のシーンからスタートした「クジラの子らは砂上に歌う」、印のベニヒの葬儀、享年29。

棺は砂の海に流されます、この時使者を送る者は涙を流してはいけない、砂の底に眠るたくさんの魂に呼ばれ早く砂に召されてしまう、そう言い伝えられています。

涙を流すチャクロを泣いちゃいけないと必死にたしなめる少年少女たち、だけどチャクロは涙を流して泣いてしまいます。

14歳のチャクロは泥クジラの記録係、何度も知らしい人を送るたびに記録する衝動が高められます。

泥クジラの人口は513人、「私たちの生活は、砂と風と日の光とともにあった」

印持ち

サイミアを操ることができる「印(シルシ)」持ちのサミ、同じく印持ちのチャクロをいつも気に掛ける存在です。

先ほど見送ったベニヒにサイミアの使い方を教わったことを語るチャクロ、「チャクロ、ベニヒのことは忘れよう。人の死にいちいち思いを寄せていたら、私たち印は穏やかに生きていけない」

印は泥クジラの人間の9割を占め、感情からサイミアを発露させる能力者、ベニヒのようにみんな短命です。

未来のために書く

サイミアの力を持たない人たちは無印(むいん)と呼ばれます、長命で市長など泥クジラの指導者として生きていきます。

そんな市長たちとすれ違うチャクロ、記録係のことについて語ります。

必要以上に記録をするチャクロ、自分は記録係に向いていないと自己分析をしますが、砂クジラの過去の人たちがどうしてここで暮らし始めたのか、など記録があればよかったのにと思っていました。

そしてチャクロは未来の砂クジラの人々のため、たくさんの記録をとります。

スオウ

スオウの元へ記録を持ってきたチャクロは問われます、「昨夜はずっと泣いていた?」

そしてスオウは続ける、「私も泣いていたんだ、みんなには内緒、ベニヒはいい人だった。……君の文章には一切感情が書かれていない、それでもとても感傷的だ」

感情を文字にしてはいけない決まり、そんなチャクロにつらい記録ばかりさせてごめん、私は何もできていないと謝ります。

スオウは印持の人々の寿命を延ばす研究をしているし、誰よりも印餅の人のために涙を流してきたと。

長命のスオウは今よりもずっと砂クジラの人を今よりずっと幸せにしてくださいと伝える。

チャクロにありがとうと言いながら指を組むスオウ、個々の人たちは情動をこらえるためにこのポーズを取ります。

流島

半年ぶりの流島、まずは偵察部隊を送ります、人選はスオウがするように指示されます。

偵察部隊にはチャクロとサミも参加、危険かもしれない任務に妹のサミを参加させたスオウ、「お兄ちゃんは私を信頼してくれてるのよ!」

砂の上ではサイミアが必要、そしてそれはとても疲れること。

島の中では刀が見つかります、それを記録しているとチャクロはサミとはぐれてしまう。

すると4足歩行の動物がやってくる、そして空き缶を発見するチャクロ、それと同時に……。

チャクロが初めて砂クジラ以外で出会った人間でした、しかしこの状態を人間と呼んでいいのなら。

刀をチャクロに振り下ろす少女、チャクロはやめろと叫び刀をはじく。

すると弱っている少女はそのまま昏倒します。

チャクロは少女を抱えて仲間たちの元へやってきます、仲間はみんなびびりますが弱っている少女を助けるようにチャクロは進言します。

偵察を中断し少女を泥クジラへと連れて帰ることになりました。

帰り道で雨が降ります、雨は泥クジラでは貴重な生活の糧、そして吉兆。

リコス

気が付いた少女はしゃべりだす、「私は捕虜になったのね、抵抗はしない、私1人になってしまった、投降します」

市長が到着する前にチャクロとサミが医務室へと連れていきます、その途中で名前を聞くがそんなのないと答える。

サミがシャツに描いてある名前を言います。その名は「リコス」

医務室には若い人灯り、30前にはサイミアが尽きて寝たきりになる人も多い、しかしリコスがいた島にはそんな現象はないと答える。

リコスは長老会へ召喚される。

地下の胎内

地下の胎内は悪さを行ったものが収監される場所、いわば牢獄のような場所ですね。

胎内ではなぜかサイミアの力が使えません、そして虹が出ると恩赦されます。

こんな胎内に何度も収監される者たちがいる、彼らは胎内モグラと呼ばれます。

スオウが彼らを釈放し、最初に外の世界で人が見つかったことを伝える、過剰反応をしないようにと言う配慮でしたが、命が短い印持ちの彼らは砂クジラに愛着がありません。

外の世界に人がいると言うことがわかれば、俺たちは出ていくとリーダー格のオウニが告げる。

オウニはサイミアの力は砂くじら随一、リコスになにか悪さをしないかチャクロが様子を見に行きます。

長老たちとリコス

長老たちはリコスに「本国から派遣されてきたのかね?」と問う。

リコスは「ここはファレナですかと」逆に質問する。

目的がはっきりしないと答えられないと長老たちは言う、どうやら長老たちは何かを知っているようですね。

そして島にはもうリコスしかいない、ほかの者は自分が埋葬した、そしてそれについて特に何も思わないとリコスは答える。

それを聞いた長老たちは「アパトイア」かと言う、感情がない人間、「世界はまだ昔のままだったか」

そしてリコスを拘束すると長老は言う。

オウニ

オウニはリコスを拉致する、そして外の世界を見るといいチャクロとも一緒に連れていく。

そしてオウニはリコスが見つかった島へと向かいます、チャクロは案内役としてついてこいと言う。

「クジラの子らは砂上に歌う」第1話の感想

「クジラの子らは砂上に歌う」の放送情報

(画像:Pixabay

「クジラの子らは砂上に歌う」の放送情報を紹介します。

テレビ放送

  • TOKYO MX 毎週日曜 23:00~
  • KBS京都 毎週日曜 23:30~
  • サンテレビ 毎週日曜 25:00~
  • BS11  毎週火曜 24:30~

ネット配信

Netflixで10月8日より配信開始。

「クジラの子らは砂上に歌う」第1話を確認して第2話の放送を待とう!

「クジラの子らは砂上に歌う」第1話の内容まとめ、感想を紹介しました。

ファンタジー作品の1話目ということで世界観や設定の説明が多かったですが、とても雰囲気のいい作品ですね。

明るく振る舞う印持ちの人々、しかし短命であるという悲しい現実、それに反発する胎内モグラたち。

リコスや長老の話もとても気になりますね、次回どんな物語が描かれるのか楽しみです!

クジラの子らは砂上に歌うの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。2017年放送アニメでは「すかすか」と「プリンセス・プリンシパル」がお気に入り。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「クジラの子らは砂上に歌う」の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。