優れた政治手腕に統率力!さらに個性の強いメンバーを的確に指示!『攻殻機動隊S.A.C』荒巻大輔の素顔とは?

今もなお色褪せることのない人気を誇り、その熱狂ぶりは世界中にまで轟いている『攻殻機動隊S.A.C』。公安9課の課長である荒巻大輔のメインキャラクターの一人であり、様々な活躍を披露しています。そんな荒巻大輔は『攻殻機動隊S.A.C』においてどのように描かれているのでしょうか?その素顔や魅力に迫ります。

事件解決に奔走する公安9課をまとめる男!荒巻大輔の素顔とは?

世界中に根強いファンを持っており、2017年4月にはハリウッド映画が公開される『攻殻機動隊S.A.C』。公安9課という内務省首相直属の防諜機関の課長職を務める荒巻大輔は、様々な事件に出くわしては解決していきます。

部署をまとめる人物として、過去に陸自情報部に所属していたことから、太いパイプや人脈を駆使し、時には優れた政治手腕を駆使しては扱いの難しい犯罪にも迅速な対応を行っています。

もちろん公安9課の人間としても、草薙素子やバトーらに直接指示を送ることもあれば、必要に応じて自らも現場に赴くなど、己の正義を貫くために労力は厭わない姿勢を披露することも。

そんな荒巻大輔は『攻殻機動隊S.A.C』において、どのような活躍をしているのでしょうか?彼の年齢や性格といったプロフィール情報から、作中で残した名セリフをピックアップして紹介。彼の魅力や素顔に迫っていきたいと思います。

学年や年齢は?荒巻大輔のプロフィール♪

内務省首相直属の防諜機関・公安9課をまとめる人物として登場するのが荒巻大輔。『攻殻機動隊S.A.C』シリーズにおいての役職は課長となっており、草薙素子やバトー、トグサらに指示を送っては、自ら現場に赴くこともあります。

年齢については明らかになっていないものの、『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』では行方知れずとなっていた兄・荒巻洋輔が登場しています。高齢でありながら、そのことを感じさせない判断力や指揮能力で、数々の難事件を解決へと導いていきます。

荒巻大輔は軍情報部員であった過去を持っており、公安9課においても戦術や軍事知識、指揮能力が突出していることから、随時9課メンバーに対して的確な指示や情報を送っています。

また政界についても豊富な人脈を有しているだけでなく、公安9課の行動の自由を広げるために潤沢な予算を確保するなど、政治手腕においてもその能力を披露。公安9課の活躍には、荒巻大輔の陰ながらの行動があってこそと言えます。

荒巻大輔はどんな性格をしているのか?

公安9課の課長として登場する荒巻大輔ですが、自身には出世意欲や権力に対する欲望を一切持っておらず、己の正義を遂行するために行動しています。私情で部隊を動かすこともなく、あくまで事件解決のためだけに行動する人物となります。

自身が掲げる社会正義を忠実に遂行する正義に満ち溢れた男であることから、公安9課の誰もが信頼を寄せている人物であり、それは草薙素子についても例外ではありません。

また公安9課内部のみならず、外部機関や荒巻大輔を知る人物など、多方面からもその卓越した能力を認められており、一方で政府のトップからすれば扱いが難しいと煙たがれることもしばしば。

それでも芯がぶれることなく一点を見つめて行動する彼を見ては、清々しさを感じるだけでなく、気が付けば彼に対して尊敬の眼差しで見つめることも少なくないはずです。

押さえておきたい荒巻大輔の名セリフ!

『攻殻機動隊S.A.C』では本部から指揮を執ることが多く、現場に赴くことは少ない荒巻大輔。しかしながら彼が活躍するシーンは多く用意されており、彼なしには事件解決へと至らなかったものがあります。

そんな荒巻大輔が残した名セリフにはどの様なものがあるのでしょうか?少しながら、ピックアップして紹介していきましょう。

我々の間には、チームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレーから生じる、チームワークだけだ。

くせ者揃いの公安9課ですが、その中にチームプレーや連携という概念が存在しないことは荒巻大輔自身も認めているようです。しかしながら個々の能力が高いため、数々の難事件を解決へと導いているのも事実。

そんなスペシャリストの集まりが必要な判断や行動をとりますが、その際に自然とチームワークが発生するというもの。荒巻大輔が課長という立場から頭越しに指示する必要もなく、メンバーの本能に任せて行動させても問題ないと言う信頼度が窺えます。

一方で放任主義とも捉えられますが、それでも荒巻自身はこの考えを改めることは無いかもしれません。何せ彼自身も荒くれ者が集まる公安9課の一人で、必要最低限の報告などをしては、スタンドプレーを取るのです。

いつ、いかなる時でも、私を信じて疑わない部下への信頼。それこそ私が、今まで築き上げてきた財産の全てです

荒巻大輔が公安9課メンバーに対してどのように感じているのかが目に見えてわかるシーンです。セリフからそのままくみ取れる通り、部下が荒巻大輔を信頼していれば、彼もまた集まったメンバーをそれぞれに信じているとのこと。

またそんな個性の強いメンバーが公安9課に集まったものの、数々の難事件を解決してきたことで、いつしか仲間・家族以上の存在へと昇華していくのでした。それを荒巻大輔は「財産」と称しており、大切な存在であることが良く分かります。

一つだけ言えることは、我々は自らを律するルールの中で、不条理に立ち向かっていくしかないと言うことだ。

社会には人々の暮らしや生命を守るための法律が存在するものの、一方でそれらは行動を規制するものでもあります。法の目を掻いくぐって起こる犯罪に対して行動する公安9課ですが、自ら策定したルールによって行動できない時も。

しかしそれでも事件を解決するために動かなければならないのは変わりません。また時には他組織の介入によって邪魔されることもあります。そんな不条理に対しても、変わらず立ち向かいながら真相に向かっていかなければならいと諭してくれています。

荒巻大輔の声を担当している声優は?

荒巻大輔の声を担当する声優は阪脩。

朝日放送劇団、劇団新劇場、テアトル・エコーを経て青二プロダクションに所属した阪脩。大阪府出身の人物であるため、関西弁を使用するキャラクターの声を演じることも多々あります。

声優として活動する傍ら、現在は後進の育成にも協力しており、所属する事務所の養成所・青二塾大阪校では専属講師として、月1回の授業を受け持っています。彼の教育を受けて育ってきた声優も数多くいることでしょう。

阪脩の主な出演作

  • 義風堂々!! 兼続と慶次:千利休
  • ソードアート・オンライン Extra Edition:リヴァイアサン
  • 昭和元禄落語心中:大旦那

まとめ

『攻殻機動隊S.A.C』の荒巻大輔について、年齢や性格といった基本プロフィールから、作中で残した名セリフをまとめてみました。

公安9課をまとめる者として、また最年長者らしく威厳のある言葉を数多く残している荒巻大輔。それは9課メンバーに対してだけでなく、見ている視聴者にも同じく言い聞かせているほど、重みのある言葉となっています。

作中では彼自身、何事にもぶれることなく行動しており、事件解決のためだけに行動している姿も印象的である荒巻大輔。その姿勢に感銘を受けてか、作中の誰もが彼を信頼している様子が手に取るようにわかるため、どれ程の人物なのかも想像に容易いでしょう。

『攻殻機動隊S.A.C』では草薙素子やバトーといった最前線に立つキャラクターに焦点が当たりがちですが、荒巻大輔もメインキャラクターの一人です。彼の発言や行動に注目してみれば、より『攻殻機動隊S.A.C』面白くなるためおすすめです。

攻殻機動隊シリーズの他の記事はこちらから♪


【文:光明】
出版社で編集職を経験。現在はボイ☆スタ専属ライターとして、様々なアニメ作品のキャラクター紹介やあらすじ記事を執筆中。『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』に夢中になってからはフィギュア購入のみならず、数々の楽曲に魅了されてギターやキーボードなど、音楽活動に再び本腰を入れるように。また、「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて、毎日シャンシャンしている日々を送っています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。