【このはな綺譚】第1話の内容や考察、感想まとめ

温泉宿で仲居として働く女の子達による心温まる優しいストーリーの「このはな綺譚」がアニメ化しました。そしてついにアニメ第1話が放映されました。「このはな綺譚」のアニメでは一体どんな心温まるストーリーが展開されるのでしょうか。そんな心温まるストーリーの「このはな綺譚」第1話の内容や考察、感想をまとめてご紹介します。

心温まる温泉宿の物語このはな綺譚の放映がスタート!「このはな綺譚」第1話の内容や考察、感想をまとめました

温泉宿を舞台に心温まるストーリーが展開されていく「このはな綺譚」。可愛らしいキャラクター達が温泉宿の仲居となって働く姿を見せてくれます。なんとその温泉宿のある場所はこの世とあの世の間!

そんな凄い場所にある温泉宿の物語である「このはな綺譚」は一体どんなストーリーを見せてくれるのでしょうか。気になる第1話の内容を振り返りながら考察、感想をまとめてご紹介していきます。

「このはな綺譚」第1話「さくやこのはな」の内容と考察

綺麗な絵に心温まり、そして癒やされるストーリーはアニメでそれらがどう描かれるのかというのが非常に楽しみです。ストーリーやキャラクターだけでなく、背景などにも注目して見ていきます!

「このはな綺譚」第1話では一体どんなストーリーを見せてくれるのでしょうか。ここから内容を振り返りながらご紹介していきます!

始まってすぐから癒される!

始まりは主人公の柚(ゆず)が温泉宿へ向かうシーンから始まります。その中で町に初めて来た柚は見るもの見るものが新しい物ばかり、全てが新鮮で全てに可愛らしい反応をしてしまいます。

近くの町から少し外れた桜並木の道では桜が非常に綺麗に舞っており、柚の反応にこの桜の演出と始まってすぐから癒やされた方も多いのではないでしょうか。

そしてたくさんの桜が舞う中、無事に柚が働くとても大きな温泉宿である「此花亭(このはなてい)」へ到着しました。

柚が働く温泉宿「此花亭」に到着

柚は無事温泉宿に着き、此花亭の女将に会う事になります。無事に此花亭で働く許可を得た柚は此花亭の仲居頭である桐(きり)に案内され、此花亭で働く準備をする事になりました。

まず自己紹介と思いきや、いきなり柚は脱がされてしまい、体を洗われる事になってしまいます。柚は不本意でありましたが、無事に体を洗い終えました。

次は此花亭の仲居の1人であるピンク色の髪の蓮(れん)が用意した着物を着ます。柚の着物は桜のような綺麗なピンク色をした着物でした。

此花亭の特権

桐が説明する通り、此花亭は神様のお社の次に高い建物であるがゆえにその高さから眺める景色は普通の人では見る事が出来ないほどの良い眺めで初めて見る柚もその綺麗さに目が奪われてしまいます。

町や人並み、さらには桜が綺麗に舞い実際に柚が見ているように見惚れてしまうような綺麗な景色です。

柚はずっと此花亭から見える景色とは程遠い場所で2人で暮らしてきたため、こんな場所は夢のようでした。1人で働き、過ごしていくという事に少し名残惜しくもここで働くという事が現実的になってきたのでしょう。

柚の教育係が決定!

もちろん仲居としての仕事はなにも知らない柚なので、半ば強制的に教育係として体を洗う前に少しだけ登場した皐(さつき)が担当する事になりました。

そして此花亭で働く準備を全て終えた柚は皐に連れられて、皐から仕事内容を教わる事になります。

まずは掃除から始めました。初めから失敗はしないようにと夢中になって一生懸命に掃除をしていると、集中しすぎて床が滑るほど磨いてしまいました。お客様が転んでしまい、謝りに行くことになりました。

薬の材料を取りに行く事に!

転んでしまったお客様の元へ向かうとそのお客様は薬屋だという事がわかりました。お詫びとして薬の材料になる星を落とせという無理難題を言われてしまいます。

柚はそれを受け入れ星を落とす事になりました。結局流れ星に当てたようにみせかけて落としたというとんちにした柚でしたが、皐に叱られてしまいます。

しかしそのとんちを薬屋は気に入り、真面目な性格をしており、迷惑をかけたと謝る皐が堅くなりすぎていたため、その薬屋から心がほぐれる薬として金平糖をもらいました。

1日の疲れを癒やす温泉へ

皐は1日の疲れを癒やしに温泉に入ります。皐が温泉に入るとそこにはすでに入浴していた柚の姿がありました。

柚は初めて同世代の子とお風呂に入ると緊張していましたが、皐に対して今日の出来事をしっかりとお礼をしました。柚はしっかりとお礼を言える心優しい女の子だと言う事がわかります。

緊張の余り、柚は温泉でのぼせてしまいます。皐に助けられて起きた後、皐は柚を認めたのか、もらった金平糖を柚にあげ、さらに名前を呼びました。皐に名前で呼ばれた柚は嬉しそうに金平糖を見つめました。

無事に1日の仕事を終え、初めてお客様をお見送りした柚はこれから仲居としての生活をしていくという決意をしました。

柚の教育担当変更!?

初日の一件で皐が優しくなったかとおもいきやそんな事はなく、初日と同様スパルタ教育で柚を鍛えていきます。

そんな様子を見た桐がなにを思ったのか、お見送りの際に初めて会った櫻(さくら)に教育担当を変更しました。そしてその日は櫻と行動する事になります。

櫻は余り喋らずにとてもマイペースで仕事も余りしないですが、皐の言うとおり真似をするという事を守り、必死に櫻についていきます。櫻についていったその先には桜がとても綺麗な場所へと着きます。

この場所の桜と桜の花びらはキラキラと光り、音楽も非常に綺麗で癒された方も多いでしょう。櫻と共に仕事をさせる事で周りを見る事を覚えさせるという意味を持っていました。

柚と皐が同じ部屋に!

これもまた桐のいきなりの提案で柚と皐が同じ部屋で寝る事になってしまいました。柚は温泉同様、同世代の子と一緒に寝るのも初めてなのでしょう。

寝る前に楽しみで興奮して布団に入ってからとても楽しそうにしていました。枕投げなどと可愛い提案をします。

もちろん皐はそんな性格ではないため、断りますが、断った瞬間につい先程まで興奮して喋っていたのに寝てしまいました。

柚の夢ではずっと2人で暮らしてきたため、勉強と言えば机に向かって知識を増やす事でありました。しかし人の心は勉強出来ないため、人の心を勉強をするために此花亭で働く事になったのだとわかります。

「このはな綺譚」第1話を視聴した人の感想

やはり心温まる優しいストーリーとあってか、初めて見た人も可愛い、癒される、絵が綺麗など非常に好印象の感想が多かったです。そのためこの後も期待しているという感想もありました。

さらには登場キャラクター達は狐娘なため、ケモミミが好きな方も非常に好みなアニメなようです。

「このはな綺譚」第1話を振り返り、第2話へ備えましょう!

(出典:ぱくたそより)

「このはな綺譚」第1話の内容を振り返りながらご紹介しました。第1話では柚が仲居として働き始めるストーリーでしたが、それだけでも心温まる癒されるアニメです。

次回以降も「このはな綺譚」にしっかりと癒やしをもらうために第1話を振り返ってストーリーをしっかりと把握しておき、「このはな綺譚」第2話へ備えておきましょう!

このはな綺譚に関連する記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。