委員長と塔羽の心がすれ違う「コンビニカレシ」2話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「コンビニカレシ」2話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回から始まったコンビニカレシですが、この物語の内容がどのような感じで進行していくのか、どのような雰囲気の物語なのかというのを2話である程度つかめる感じだったと思います。ほのぼのとした純粋な恋愛のアニメーションは久しく見ていないのでかなり個人的には面白いと感じています。皆さまはどのようにお感じでしょうか? 今回2話はそれぞれの物語というよりはお互いの距離感を徐々に詰め始める頃というものでした。そんな2話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ホモォな二人 塔羽の気持ち 委員長は深読みし過ぎ!?「コンビニカレシ」2話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「コンビニカレシ」2話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回から始まったコンビニカレシですが、この物語の内容がどのような感じで進行していくのか、どのような雰囲気の物語なのかというのを2話である程度つかめる感じだったと思います。ほのぼのとした純粋な恋愛のアニメーションは久しく見ていないのでかなり個人的には面白いと感じています。皆さまはどのようにお感じでしょうか? 今回2話はそれぞれの物語というよりはお互いの距離感を徐々に詰め始める頃というものでした。そんな2話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

コンビニカレシ2話の感想まとめと内容考察!

では早速、コンビニカレシ2話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。2話では委員長である真珠が見たままの初な印象を全面に出していた内容でもあり、その正反対の性格、キャラ性をもつ塔羽が本気で真珠を好きになっているということがわかった内容でした。純粋に己のキャラ全身全霊でアタックする塔羽ですが、その行為がかえって委員長を困らせることに・・・そんな2話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧ください!

塔羽のもうアタック! 委員長ドン引き!?

前回、塔羽が委員長の少女漫画を立ち読みしていた場面を目撃し、そして声をかけたことが大きな失態と思ってしまっている真珠ですが、逆に塔羽はそんなことは何も気にしておらず、もっと言えば何がそんなにダメだったのかということを悩んでる風でした。委員長は自分の性格やキャラ的にこういうのは似合わないと思い込んでいるらしく、それをクラスでも一番と言えるほどのチャラチャラした塔羽に見られ、さらには「こういうの読むんだ」と言われてしまったことを随分と変に捉えてしまったいるのが二人の関係というものを大きく離すものになったのではないかと個人的に感じました。

まあ離すも何も、まだ近づいてすらいない距離とも言えるので正しいかどうかはわかりませんが、お互いの線引きに大きな差が生まれているのはいうまでもないかもしれません。委員長は本気で塔羽の行為、毎日しつこく絡んでくるというのを真剣に嫌がっているというものもあり、また委員長の性格上、毎日しつこく絡まれるというのは得意ではないというのもあり、それが元で何か裏があるのでは? と勘違いしてしまっているのが中々青春的な展開でした。

あの少女漫画のことを弱みと捉える部分も随分と真面目なキャラだな、と思わされた部分です。さらにそこまで深読みをするというのも頭でっかちなタイプということが言えるでしょうね。真面目すぎるというのが一番の要因かもしれません。恋愛というものをリアルで知らないようなタイプですので、自分とは正反対の塔羽がなぜ自分のようなどちらかというと地味な人間に絡んでくるのか、それが理解できなかったのでしょう。

そのことについて、みはるは真珠の相談にのり、春来にことのことをどうにかしてほしいと相談します。当初、呼び出しをされた春来はドキドキしながら、ちょっと勘違いも含めて例のコンビニへと足を進めますが、蓋を開けてみれば塔羽のしつこい絡みをどうにかしてほしいという相談ということでちょっとがっかりしたような感じが見て取れました。

このアニメでは謎の間というのがあり、表情も少しわかりにくいという部分がありますので、どのような感情で今いるのかというのが中々掴めない部分が多いのですが、おそらくあの時、春来はみはるが一人でいるものであると思い込んでいたのでしょうね。まさか塔羽に関する相談とは思ってもいなかったという感じの表情でした。

そしてその後、塔羽を自宅へと呼び出し、真剣に嫌がっていることを伝えますが、その時の塔羽の反応を見て「マジで好きである」ということに気づきます。しかしながら塔羽はチャラチャラした見た目とそのキャラクター性が逆効果になっていると春来は指摘します。まさにその通りですね。真面目なタイプからすれば塔羽のことをよく知る春来は別にして、偏見というものがあるので、どうせからかっているのだろうと勘違いされるのも納得できることです。

しかし自分は大真面目であると言い張る塔羽・・・これが原因で口喧嘩、からの取っ組み合いになります。親友的存在ともなれば喧嘩もするでしょう。しかしそれが謎の抱きつきシーンとなり、弟に目撃され、「ホモになったー」とまさかのホモ扱いに・・・今回一番笑えるシーンでしたね。

しかしその後、真剣に委員長のことを語る塔羽を見て、応援しようと考える春来です。

でもあれだけ嫌っている感じを見せられてどうするべきかというのを真剣に考える春来ですが、実際にあって説明した方が早いと思ったのでしょうね、翌日の朝に正式に紹介するというまさかの展開に・・・。

嫌なことがあればなんでも言えという春来に塔羽もうなずきます。委員長は少し戸惑いながらも、本気で裏がないと核心までには至らないにしてもある程度は理解したような感じで、「用がない時はあまり絡まないでほしい」「大声で委員長と呼ばないでほしい」「スキンシップはほどほどに」という約束をし、少しだけお互いの距離が縮まったように見えました。

その後4人で登校する後ろ姿のシーンがありましたが、それをコンビニ視点で描いている部分も、やはりこのアニメのモチーフはコンビニなんだなと再確認させられた瞬間でした。コンビニが待ち合わせというのが多いですね。やはりそこも意識して作っているのでしょうか?

現在学生さんの方は同じ気持ちを味わっている人も多いかもしれません。学生の本文は勉強とは言いますが、やはり恋愛無くして学生は語れないでしょう。是非皆さまもいい学生生活を送ってほしいですね!

コンビニカレシの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:コンビニカレシ

次回3話では、何かしらのイベントがあるか!?

今回は少しではありますが、蟠りが解消され、そして距離が縮まった回でしが、そろそろイベントごとがあってもいい頃ですね! 最終的には付き合うのでしょうが、そこまでにどれだけのイベントがあるのか、楽しみですね! 次回のコンビニカレシもお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。