美咲にも遂に政府通知か? 厚労省がやってくる「恋と嘘」4話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「恋と嘘」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回に引き続きじわじわとくる切ない恋の物語ですが、由佳吏の女々しさと言いますか、モジモジ感がどうにももどかしい感じであると思う筆者です。さて、今回は由佳吏の自宅を訪ねてくる莉々奈ですが、そこでキスの話になります。キスの話題に事欠かない作品だこと。そして厚労省からの質問、その後に厚労省が美咲の家を尋ねるという具合であり、自ら諦めるような発言をする由佳吏ですが・・・どうなったのか、4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

厚労省からの調査 美咲と仁坂の謎会話? またまたキス!「恋と嘘」4話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「恋と嘘」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回に引き続きじわじわとくる切ない恋の物語ですが、由佳吏の女々しさと言いますか、モジモジ感がどうにももどかしい感じであると思う筆者です。さて、今回は由佳吏の自宅を訪ねてくる莉々奈ですが、そこでキスの話になります。キスの話題に事欠かない作品だこと。そして厚労省からの質問、その後に厚労省が美咲の家を尋ねるという具合であり、自ら諦めるような発言をする由佳吏ですが・・・どうなったのか、4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

恋と嘘4話の感想まとめと内容考察!

では早速、恋と嘘4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容は由佳吏のチッス・・・いや、これは今までもありましたが、それプラス由佳吏の家に莉々奈が訪ねてくるというものです。今回もまたキスの話題が大に出てきましたが、この作品はやはりキスが重要なようですね。それはさておき、厚労省の調査と美咲の政府通知疑惑など今回も由佳吏の心を揺るがせる話題がありました。そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

由佳吏と莉々奈の厚労省調査 切ない恋は続く

今回は前回とは違い莉々奈が由佳吏の家を尋ねるというものでした。夕飯を一緒にしているのですがやはり二人はまだぎこちなさがあるようです。それは親もとであるからというものあるのでしょうが、莉々奈のキャラクター的に内弁慶な部分もあり、さらにはこの夕食どきにまさかの親からキスの話題が飛び出すというもの。サラダがマヨネーズで埋まってしまったというのはなかなかの演出でした。

それはさておき、「好きな人ならキスをする」という言葉に何かを考えるような仕草と表情を見せる莉々奈です。自分の心が由佳吏へと向いているのではないかと前回からの心のゆらぎを気にしている様子がありましたが、その後部屋で「美咲とあれからキスをしたのか」という問いに対してい由佳吏は恥ずかしながらも「した」と答えると、微妙な風に考える仕草を見せつつ「大丈夫」と頷く莉々奈。

由佳吏に対して恋心は芽生えていないと確信した頷きなのでしょうか、それとも、キスをしたということに対して何かしらの抵抗があると自分でも不思議に思っていた風にも前回見えたのでその確認を自ら行ったというものでもあるのでしょうか? その辺りはっきりはしませんが、どちらかと言えるでしょうね。

莉々奈が二人の仲を応援するということを改めていうところで厚労省の二人がやってきます。今回の調査は政府通知が来てから1ヶ月が経った今、どのような心境なのかというのを聞くためであるみたいだったのですが、どちらも実感がないというのが答えでした。由佳吏は美咲が好きであるというのはいうまでもなく、莉々奈はまず本当によくわかっていないというのが率直な感想なのでしょうね。

厚労省の、特に女性の方ですが、結構な問題発言をしていたようにも思えます。またここでもキスの話題ですが、それに加えてセ◯クスの話題までもが持ち上がりました。1ヶ月もすればそれを済ませてしまう二人も多いということですが、確かに将来が決まっている二人であれば学生でもそこまでやるのはあり得るというのは納得できますね。まあこれは人にもよるのでしょうが。

科学の赤い糸と言われているこの政府通知の結婚ですが、小さい頃からのデータというものを元にして、性格をバッチリと合わせているというのが政府の意見なのでしょう。しかしそれだけで完全にマッチングするとはとてもではないですが、思えません。

個人的な意見ではありますが、自由に恋愛のできないリアルというのは青春時代を全て棒にふるというものと同じであると私自身感じております。なので主人公である由佳吏の気持ちというのはとてもよくわかるのですが、由佳吏というキャラクターはどちらかというとあまり表立って気持ちを口にするタイプではないので、誰かが後押しをしなければ前に進まないという性格です。周りのキャラクターがそれをうまくコントロールしており、物語の中で登場するキャラクター全てがいい感じの配置になっているなと今日改めて感じました。

それはさておき、厚労省が帰りに美咲の家を訪ねて来ますが、それに対してもしや「政府通知がようやく美咲にも来た?」と思い込んでしまう由佳吏、そして莉々奈でした。厚労省に問うも個人情報で答えられないという一点張りでした。ここでやはり不安になってしまうのも否めませんね。

翌日にちゃんと確認するよう莉々奈から釘を刺される由佳吏ですが、由佳吏は莉々奈に言われてキスをするというのは何かが違うと言います。しかし莉々奈は好きなのにキスをしないほうがもっと変だと逆に言います。これは確かに莉々奈の言い分が正しいのかもしれませんが、由佳吏の言葉も一理あります。お互いの気持ちは大事ですが、誰かに促されてするものでもありません。どちらが正しいかといえば、おそらくはどちらも正しいのでしょう。あくまでも個人的な感想ではありますが・・・

翌日、居残りで美咲と一緒になる由佳吏です。そこで昨日のことを問いますが、結論からいうと政府通知が来たということではありませんでした。由佳吏は一安心しますが、その前の出来事で美咲と仁坂の会話がかなり気になりますね。「お前わかってんの?」というセリフです。これはどういう意味なのでしょうか? 現時点で推測できることはたくさんありますが、どれも確証がない上に根拠もありません。情報が少なすぎるので何も言えることはありませんが、この二人は何か知らの秘密を共有している可能性があるということは確かですね。

それはさておき、結局なんのことで美咲の家に厚労省に人間が来たのかということはここでは明かされませんでした。これも後々にわかってくるでしょう。そして話題はキャンプの話になります。後日、莉々奈と由佳吏の家族でキャンプに行くという話が出ておりましたが、そこへ美咲も誘ったという莉々奈でした。

二人に挟まれながらのキャンプなど由佳吏からすればたまったものではないというものであり、ここで仁坂を誘います。しかし仁坂は当初由佳吏とキャンプをするものだと思っていたらしいのですが、事情を聞いて妙な表情をしておりました。やはり何か色々とあるようですね。

恋と嘘の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:恋と嘘

次回はキャンプ回か?

今回のラストではキャンプの話題が出ておりましたので、次回はおそらくキャンプの内容になりそうですね。次回、どのような物語が押し寄せるのか、とても楽しみです! 次回の恋と嘘もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。